【1/29(土)炭火焼ジンギスカン 味の羊ヶ丘 札幌】

炭火焼ジンギスカン 味の羊ヶ丘
------------
料理:★★★
料金:★★★
接客:★★★
------------


札幌最終日の夜は、ジンギスカンで
締めました。有名店「だるま」に行きたかったのですが、
かなり混雑しており、外まで行列が出来てました。。。

ということで、そこら辺にあったお店がここ「羊ヶ丘」です。

店内は狭く、どうみても3人限界の席に
5人で座りました。ジンギスカンは物心がついてから
初体験で、一同キョトンとしながら座ってましたが
料理と店員の勢いに終始圧倒されてました(笑)

しかし、ここのジンギスカンが美味しい!!
こんなに美味しいものだったのか!?
と思うほどでした。

皆して、「うまい」「まじうまい」「やばくない?」
とか言いながら頬張ってきました。

P.S
ジンギスカンは予想以上の油が衣服に飛び散りますので
食する際は軽装にて覚悟を決めて行きましょう。


[お店記事]
「味の羊ヶ丘」は肉もタレも自慢の味で
知る人ぞ知る有名店です!
札幌には数多くあるジンギスカン屋さん。

その中でもここ「味の羊ヶ丘」は肉もタレも自慢の
味で知る人ぞ知る有名店。
昔から多くのお客さんに愛され、観光のお客さんに大人気。
営業時間もちょっと長く、昼12時から朝4時までやっています。
使用している肉は、一年ものでマトンのももの部分だけを使用し、
タレは10種類以上の素材を鍛錬に一ヶ月近く熟成させた、
大将自慢の秘伝のこだわりのタレが特徴。

「名物の成吉思汗」(700円)は、何度食べても忘れられない味。
一度食べたらクセになります。
また、野菜のおかわり無料というのも大将ならではのこだわりです。

ADDRESS 札幌市中央区南6条西4丁目5-25 小林ビル1・2F
PHONE 011-512-0238(1F) 011-511-2328(2F)
FAX 011-531-2147
E-MAIL
URL
営業時間 12:00~4:00
土12:00~5:00
日・祝12:00~3:00
定休日 年中無休


[鍋料理の本]

著者: ケンタロウ
タイトル: ケンタロウ鍋
AD
【1/29(土)らーめん むつみ屋 札幌】

らーめん むつみ屋 札幌
------------
料理:★★★
料金:★★★
接客:★★★
------------


夜中に中央通り近くのラーメン店に
行きました!最初は人気店に行こうとしましたが
氷点下での行列を見た瞬間、「これは無いな。。。」と
あきらめました。

そんな中、たまたま通りかかったお店がここ
「むつみ屋」です。

札幌独特の味噌スープにちぢれ麺。
濃厚な味噌の味わいに惚れてしまいました。

やっぱり寒い地方は味噌味に限りますね。
美味しかったです!

濃厚みそらーめん
780円


■住所 札幌市中央区南5条西2丁目212番地
■電話 011-520-6268
■営業時間 11:30~27:00/中休み15:00~17:00
■定休日 なし
■カウンター席 6席
■テーブル席 4名×4卓


[ラーメンの本]

著者: 小菅 桂子
タイトル: にっぽんラーメン物語
AD
【1/29(土)北のグルメ亭 札幌中央市場】

北のグルメ亭
------------
料理:★★★
料金:★★★
接客:★★★
------------


先週の金曜日から日曜日にかけて
北海道旅行に行ってきました!

お目当ては、北の海鮮!
さっそく土曜日の朝一で中央市場に
行ってきました。

威勢の良いおばちゃんに誘われるがまま
「北のグルメ亭」に到着!よくTVで観る
『うにいくら丼』を注文。

イクラはプチプチ、うにはとろ~り♪
幸せのひと時でした。会社の同部署・同期と
昼間からビールを飲んでカニ食べて、
温泉入って、気の許せる仲間と久しぶりに
ゆっくりしてきました。

しかし、ここのオバちゃんは営業力あったなぁ~。
少し勉強になりました(笑)

北のグルメ亭人気NO.1どんぶり!
近海ものの生うにと日本一のいくらは絶品。
うに・いくら丼2,600円・ミニサイズ1,900円


■海鮮食堂 北のグルメ亭
・営業時間:朝7時~昼3時まで

<住所>〒060-0011 札幌市中央区北11条西22丁目 TEL(011)-631-6745
●ご予約・お申し込み フリーダイヤル:0120-004-070


[ドンブリの本]

著者: NoData
タイトル: どんぶり120―海鮮丼・定番丼・エスニック丼・スピード丼・お子様丼・ダイエット丼ほか
AD