ヴィヴィアン・マイヤーを探して

 シカゴのオークションで偶然発見された謎の天才女性写真家ビビアン・マイヤーに迫り、第87回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたアートドキュメンタリー。

 

2007年、シカゴで暮らす青年ジョン・マルーフが、オークションで大量の古い写真のネガを380ドルで落札した。マルーフがその一部をブログで紹介すると世界中から賞賛の声が寄せられ、写真集の売り上げは全米1位を記録。欧米各地で開かれた展覧会も好評を呼んだ。写真を撮影したのは、かつてニューヨークでナニー(乳母)として働いていた女性ビビアン・マイヤー。すでに他界しており、15万点以上もの作品を残しながらも、1枚も公表することなくこの世を去っていた。ナニーである彼女がなぜこれほどまでに素晴らしい写真を撮影できたのか、そしてなぜ作品を誰にも見せなかったのか、彼女の作品の発見者であるマルーフ本人が監督を務め、関係者へのインタビューなどを通してその人物像を明らかにしていく。

 

 



スタッフ

監督 ジョン・マルーフ チャーリー・シスケル

製作 ジョン・マルーフチャーリー・シスケル

製作総指揮 ジェフ・ガーリン

撮影 ジョン・マルーフ

編集 アーロン・ウィッケンデン

音楽 J・ラルフ

 

 

キャスト

ビビアン・マイヤー

ジョン・マルーフ

ティム・ロス

ジョエル・マイロウィッツ

メアリー・エレン・マーク

 

作品データ

原題

Finding Vivian Maier

 

製作年

2013

 

製作国

アメリカ

 

配給

アルバトロス・フィルム

 

 

上映時間

83

 

 

死んだ後に見つかるまで存在を知らなかったことに驚きを覚え、撮影している枚数が膨大なことでも驚く。その作品が現代でも多くの評価をされておもしろい。たぶん誰にも習わないで自分で覚えていったのだと思いますが、それにしても今からメモリーカードでデータ管理ができますが、写真を撮るだけでもどれだけの費用が掛かかったのか想像がつきません。膨大な費用をかけて撮り、その写真を自分以外の人間には見せないで置いておいた理由が知りたくなりますね。ミステリアス。  

 

 

ビビアンマイヤー ドロシーとは

(192621-2009421)

アメリカの通りの写真家だった。マイヤーは、乳母、主にシカゴのノース ・ ショア、彼女の暇な時に写真を追求として約40年間働いた。彼女は、人々 とのシカゴ、ニューヨークロサンゼルスアーキテクチャの主に彼女の一生の間に彼女も旅し、世界中を撮影して150,000 枚以上の写真を撮りました。

彼女の一生の間にマイヤーの写真が知られることはなく、彼女のネガの多くが印刷されていません。シカゴのコレクターのジョン ・ マルーフは2007 年のマイヤーの写真のいくつかを取得しました。マイヤーの写真に公開されたインターネット 2008  7 月ブログで後悔した後に多くの反響があり、マイヤーの作品はその後に批評家の称賛されて、世界中にマイヤーの写真が展示されています。

 

彼女の生命および仕事の本やドキュメンタリー、映画を見つけるビビアンマイヤー  (2013)、トロント国際映画祭で初演を含む対象とされているし、87 アカデミー賞でアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞にノミネートされました。