1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月26日 03時04分57秒

箱と胸肉とワタシ。

テーマ:ブログ
一向に成果の出ないダイエットを続けている俺だがようやっと4キロくらい減った。
まあ「メクルメク」のPVの時に比べて6キロ増えてるからまだまだでございます。

そんな私、ダイエットと言ったらひたすら運動なのだが、のっぴきならない事情も出来て
食事も見直して「ラーメンラーメン!」「どんぶりどんぶり!」という食べ盛りの運動部のような食生活をついに改める次第になった。不本意ながら。

基本的に知識も実践も今まで結果も出してきていて、足りないのは意志だけという成功していない理由はオンリーワンな私、修正はお手の物。間違い探しなら一瞬で見つけられます。ウォーリーを探せでウォーリーだけ3Dになってる感じ。超簡単。

まあ、俺のちょっと痩せてきた話はどうだっていいのよね。あと4,5キロ痩せないと気づかれないしね。上手くいかなかったらこっそりとブログを消そうと固く誓っている。

ともかくそれで結構重宝するのが鳥の胸肉なんだけれど、それを買いにスーパーに行ったわけね。胸肉さんたちが並んでるじゃないですか。

「ほら、たんぱく質だよ」

語りかけてくるよね。どのたんぱく質をカゴにいれようか考えてたらびっくりすることが起きた。

ドンガラガッシャーーン

その瞬間はわからなかったけれど、まあ痛い。肩と後ろから押された感じで胸肉さんが並ぶケースに足をうった。後ろをみると、結構な量の、結構な重さの段ボールが俺に目がけて崩れてきていた。

台車で運んでいた店員さんがバランスを崩してなかなかの惨事になったわけだ。

「大丈夫ですか!?」

女性の店員さんが段ボールをよけながら話しかけてくる。

大丈夫です、と返そうとしたら

「段ボールが崩れてきちゃって・・・」

ここで私、ちょっとカチンと来たわけね。
勿論、わざとなわけがないのはわかります。

「あんにゃろう、私の胸肉さんを。くらえ!必殺!段ボール大雪崩!!」

なんて能動的な攻撃をしかけてくる店員さんがいたらおちおちスーパーにも買い物にいけない。もう通報だよね。怖いですあのスーパー。そんなわけない。

もしくは段ボールが意志をもってウゾウゾ動いて時々崩れてくるスーパーだったらそれはそれで怖い。逆にちょっと見てみたい。アトラクションだ。
段ボールにぶつからず、君も鶏肉をGET!いや、無理だな。

とにかく「崩れてきちゃって」を「俺に」言うのはおかしいわけだ。
(おそらくアルバイトだろうから)社員さんとかに言うのはわかるよ。

とっさに言い訳がでちゃうのもわかるから、「大丈夫です」と返すよね。
目立ってるしね。いや、本来なら目立つのは大好きだよ。
でも、胸肉の前で商品の入ってる段ボールに埋まりながら注目を集めるなんて嫌だよね。前衛アートみたいになってるわけだ。「衝撃と胸肉」みたいなタイトルが頭をよぎる。

一生懸命謝って「お待ちください」って言っていなくなる店員さんを見送りちょっと待ってる元前衛アート。段ボールと台車と私なのでちょっとした業者感だしておく。だって邪魔だから。
「仕方ないんですよ」みたいな感じでちょっと待ってるとすぐ社員さんみたいな人が来る。

「あ、これは謝ってくれるんだね」そう思うじゃない。
「まことに申し訳ございません」「いえ、別にケガがある訳でもないですし、大丈夫ですよ」
こんな流れになると思うじゃない。

ところが違った。二人で来た社員さんは無言で段ボール片づけてチラリとこちらを見て無言で帰っていった。「お?そんなことあるのか?」またカチンときたね。
これはあれかな。社員さんも俺の事、業者だと思ったのかな。女性の店員さんも最後にもう一度謝って帰っていった。

花柄の短パンはいてる業者さんいるのかな?クールビズだね。それともあれかな?段ボールくらい背中に振ってくるのが仕様のスーパーなのか?
こんなことを思ったらガッと頭にきて言ってやろうかと思った。

「ミスはあると思うんですよ。でもけがとかしたら(本当に結構重かった)困るし、その態度は流石にどうなんですか!?」

会社である以上、その人のミスは会社のミスになるだろうし、もし俺が本当にケガなんてしたらその人だけに責任が生じるわけではない。社員よ、それでいいのか!?

でも言うのは止めた。本当に結構頭にきていたので、感情が不安定になっている時はその衝動に任せて何かを決定したり行動を起こすことは止めているのだ。

しかしもう言ってやることが正しい事に思えて仕方がない!一言文句言ってやりたい!
その衝動が身体を動かそうとする。我正義なり!俺が武将ならほら貝ふくね。山々に響かせるわ。武将がほら貝ふくか知らないけど。

でもそれはポジティブなエネルギーじゃないしね。良いモノ産まない。
感情的で良いモノって、高揚とか感動から身体が動くときだけだ。俺はそう思う。
曲作りは怒りとか悲しみがあってもいいと思うけどね。
どちらにしろこれは違う。

だって思いつくことはTwitterに悪口書いてやれ!とかだぜ。例えば
「段ボールクラッシュされたけれど責任者出てこない件」
俺の人間性の矮小さが脳内でパレード。

でも時間がたったら怒りも収まったし、もうこれはブログにでも書いてやろうとおもったのでまあいいのかな。皆もスーパーとはいえ背後は気を付けてね。



勘違い野郎かもしれんけど上から目線で言わせてもらうと、本当はすこし伝えたほうが良いかなとも思ったわけさ。あとから本社にメールとかね。
無理な運搬は気を付けないと、決して広いわけではない店内の通路で同じことが起きて、今度は酷い事にならないとも限りませんよ、と。責任者とかに伝えてほしいと。
あの女性がちゃんと報告してくれて、もしくは段ボール手伝いに来た社員風の人が対策とか練ってくれれば問題は減ったりするかな、とも思ったの。被害者、なんて大きくいうと恥ずかしいけど痛い思いする人いないといいな、と思ったからね。

でもそこまで俺にそのスーパーに愛があるわけじゃないの。
タダの買い物客だから責任もなければ、言える立場でもない。
俺にできるのはただそこを利用しないという選択なんだろうな、そう思った時なんでも一緒だなと思ったね。まあ、正しいか正しくないかはわからないけれど、感情的にわめく様な人間じゃなくなって良かったなと思えるよ。昔すごく短気だったからね。ちっこかったくせにね。


あ、胸肉はセブンイレブンのサラダチキンにしました。
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月23日 18時09分19秒

他人の気持ちは変えられない

テーマ:ブログ
人の気持ちは変わるものだ。

好物が変わったり、好きな映画や音楽が変わったり、なんならあんなに好きだった人の事を、なんなら毛虫よりも嫌いになること(毛虫が好きな人もいるだろうが)も往々にしてある。

それでもそれを他人に施そうとするとこれがまた難しい。

この曲きいてみてよー。とかこれ美味しいから食べて見てよー。

のような好きなものを「増やす」という行為は意外と受け入れやすいが

こっちの曲の方がいいよー。とかそれよりもこっちの方が美味しいからこっち食べなよー。

といったお気に入りを取り換えなよ、と言ったものは難しいしするべきではない。
トライするのは構わない。うざがられるかもしれないが、それもまた個人の試みだから。

ただここで二つだけ心に留め置かなければならないと思う。

相手に迷惑をかけない事。
拒否されたらさっと諦めること。

当たり前の話だがすげえ難しいよね。

良かれと思ったことを拒否されたら不満に思うのは当たり前だから。

でも押しつけって本当に良くないし、人によって正しいとか気持ちいいとか、全然違うし、なんなら同じ人でも時と場合によって変わるもの。

形あるものならわかりやすいんだよね。

めっちゃ暑い今日の様な日に、外回りの営業をしていたとして

「はい!どうぞ!あっつあつのチゲ鍋です!」

って街頭で配られたら

「このやろう、それ頭からぶっかけるぞ」

となる人が多いのではないか。
本当に美味しいチゲ鍋で、大好きでも嫌だ。
少なくとも俺は嫌だ。
例えば今日みたいな暑い日でも冷房の効いた場所で出されたら喜ぶかもしれないが。

また、マラソンで頑張ってる人に

「はい!あなたの大好きなきな粉餅!」

給水所で水分奪ったろか的なものを渡したりはしない。
素直にスポーツドリンクが嬉しいもんだ。



こう書くと冗談のように聞こえるけれど、感情とか目に見えないものの時は
意外とそれに近い事やっている、なんて恐れもあるのではないでしょうか。



音楽なんて目に見えないものを生業にしていると

「こらすごい!最高の曲ができたぜ!」

なんて思いながら制作しているけれど、それが万人に届くなんて思っていない。
だけど信じてやるしかないのよね。


どうでしょう、あなたの人生に喜びをもたらすかもしれないバンド

二人目のジャイナ

二人目のジャイナでございます。

7/6 「FLEXIBLE POPS」全国発売でございます。

ライブを一度みたらやめられないともっぱらの噂でございます。
いかがでしょう。6/2渋谷ブエノスでございます。

なぜか自然に宣伝になってきたけど、押し付けないから!
まだセーフ。押し付けてはいないはず。俺的に。

あ、アコースティック残りわずか!まで一気にいったけどそのわずかが残ってるから!
突然予約が止まったから!それも待ってるよ!
6/26です。セーフ。

詳しくはHPで!









なんでもさ、正しいと思って、信じて、やらなきゃいけないけれど、それが他人にとってもいつもそうであるなんて事はないんだ。
その違いがうまれたときに怒りや暴力で片づけようとした瞬間、それは絶対に間違っているんだ。相手も失うし、自分も失う。それはとても悲しいことだ。

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月21日 00時31分58秒

ホカリスケナイトvol.6

テーマ:ブログ

ホカリスケナイトvol.6@渋谷LUSHでした。
TAP JAM CREW、そしてゴマアブラを迎えての6回目。

1回目に出演してくれた二組との更にパワーアップしたホカリスケナイトいかがだったかな。

中身的なことはさ、Twitterにも書いたんだけど最高で、本当に楽しかった。
皆ありがとう。二人目のジャイナも色んなアプローチが上手くかみ合った気がするよ。
見逃したら損だな。そう思えるようなイベントにできたと思う。

それで昨日幾つか嬉しい事があったんだけれど、それを伝えたくてブログにしている。

ホカリスケナイトは他をリスケしてもいいくらい楽しい夜になるイベント。
だから特別な夜になってほしい。

「迎えるスタッフもフォーマルな感じで迎えてよ!」

なんて俺がスタッフに言ってたら、スタッフも渋谷LUSHのスタッフも皆、綺麗目なスタイルでお客さんを迎えてくれた。嬉しかったね。皆でお客さんを楽しませよう!っていうライブハウスって本当に素敵だと思う。

やっぱりさ、お客さんが俺たちの為に使ってくれるお金や時間の対価は、本当に素敵な時間しかないと思うんだよね。感動、とか楽しかった!とかさ。関わる人皆でその奇跡みたいなもんを追い求めなきゃ駄目よね。素敵なライブはミュージシャンやバンドだけでは作れないからね。
ありがとう。

そして、何より嬉しかったのが、最初から最後までお客さんの入れ替わりが本当に少ないんだってさ。ホカリスケナイト。

勿論ね、事情とかあるから全部見れない!っていうのもしょうがないと思うけれど、やっぱりお目当てのバンドが終わったら帰ってしまいたくなるのが常というもの。
でもそれじゃあさ、寂しいよね。新しい出会いもないし、もったいない。
当然あれだよ、つまんないのに見ていく義務なんてないさ。
じゃあ、あれだよね。お目当て見たら帰るの普通だよねって思わせているのは
俺達発信する方に責任があるよね。
それがホカリスケナイトは最初から最後まで見ていて楽しいイベントだって思ってくれていて、
皆が楽しんでくれたのなら、本当に嬉しい。そしてそのおかげでフロアが最高の空気感でした。皆ありがとう。誇らしいです。

勿論課題は沢山あるし、だからこそ楽しいのだけれど、一昨日は本当に楽しい夜でした。
また色々考えてお届けするね。


素敵な出演者。柄は悪く見える。


遊びに来てくれたお友達の女優のアズサちゃん。


いっつも舞台に出てるイメージ。女優のミウ。飲み行くぞー。


あんまり楽しくて中野まで行ってジャンプ。遅めの帰宅の人から白い目で見られるが気にしない。


んで朝まで飲む。珍しい。

楽しかった。次何しようかな。
カバーとか色々感想まってるでよ。
ラジオにメッセもまってるでよ。
ツアーも続々拡散まってるでよ。






AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月27日 08時31分17秒

二人目のジャイナ×まなみのりさ SPECIAL 2MAN LIVE@代官山LOOP

テーマ:二枚目のジャイナ

昨年の11月につい先日も大阪で一緒だった東京エロティカルパレード。の主催イベントで初めてあったまなみのりさ彼女たちのステージ、楽曲、そして人柄に触れたときに

 

「あれ?これは一緒2マンとかやったら面白い事出来るんじゃないかな。」

 

そんな思いが頭をよぎった。そしてそこからちょこちょこスタッフやライブハウス、イベンターさん達に相談してたら担当の方が一緒という縁もあり代官山LOOPで半年もたたずに実現できた。

 

ループ偉い!ナイスセンス!

それが昨日だったのだけど、皆さんいかがだったであろうか。

俺はとても楽しかった。

普段の盛りあがり方とは違ったから

「おい違うんじゃねえか」「よしビンタだ」「調子乗ってるのは理解できたぞ」

などなどMCとは思えないツッコミが連発出来て気持ち良かったが、

楽しければいいんだよ。皆が喜んでくれたらそれが嬉しい。

 

楽しみ方は人それぞれだ。

 

そこに音楽があったなら俺は嬉しい。

このわずかな期間でなかなかのコラボができたのはうちのメンバーとまなみのりさの3人、スタッフ関係者が頑張ったから。そしてみんなが楽しんでくれたからだ。

彼女たちの曲をジャイナのメンバーが演奏して彼女たちが歌い、踊り、ファンの皆が盛り上がる。

 

そしてまた俺たちの曲にコーラスとDanceでまなみのりさが参加してくれて、

オーダーしたこと以上のアイディアを持ってきてくれた。

 

歌モノのコラボはなかなか難しい。わずかな時間だったけれど一緒にリハーサルできて

届けられて良かった。

 

俺はさ、一緒にライブをする人たちをその日だけかもしれないけれど、

一緒にお店をやる人、一緒に会社をやる人と考える様にしてるのね。

面倒な人間なんだとも思うんだけど、皆からお金や時間を頂く。

その対価として何をあげられるか。

色々表現できると思うけれど、必須なのは

「得した!」

って感覚だと思うんだ。幸せとか感動とか楽しいとか色々あるけれど、

心が動いて、皆がくれたもの以上を与えたい。偉そうだけどね。

大概そういう時は俺の方がもらったりしていて力不足に苛まれるのだけどさ。

 

ともかく、そのためにはわが社一丸になる必要がある訳だよ。

ワンマンでない以上、共演者ともそこの社訓を共有したいわけだ。

お客さんを楽しませたい。良いモノをつくりたい。

そこに真摯でありたいわけだよ。

何が言いたいか。まなみのりさ、彼女たちは本当に真摯だった。

思わずリハの時言っちゃったんだよね。

 

「歌うの、音楽が好きなんだね。」

 

当たり前なんだけどさ。最高の笑顔で答えてくれた3人とまたステージに立ちたいね。

 

ファンの人達が仲良くしてるのも嬉しかったよ。

勿論皆仲良くしてくれって言ってるわけじゃないぜ。好きに楽しんでくれたらいい。

自分が一番気持ちの良いスタンスで。

楽しかった。素敵な日でした。

 

そして昨日新しいアルバムの発売、ギターネーゼの加入が発表できた。

体制が完全に新しくなって予定より遅くなったけれど、

その分とんでもなく良い作品に仕上がってると思う。

待たせてごめん。待ってない人は待つように。

 

エクトプラズムみたいなすげえ走ってるけれど気にせずに。

今日からはこいつらが二人目のジャイナだ。

HPもちょいリニューアル。チェックしてみてな。

 

次はマノフェスです。

29日、下北へくるんだ!ヘイヘイ!

 

GWは京都、神戸、滋賀だぜべいべ!

今日はラジオとリハーサル。飛ばしていくぜー。

 

いいね!(10)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年02月09日 16時39分24秒

心のどこかに留め置いて欲しいのだけど

テーマ:ブログ
今日はあまり楽しい話ではありません。
ただ出来るだけ読んでほしいから、タイトル通り読み飛ばして、心のどこかに留め置く位でお願いするぜエブリバディ。

俺は音楽が好きだ。そして何よりライブが好きだ。
だから日常にライブを行えるという今の環境に感謝して、さらに沢山の人に聞いてもらえるように突き進んでいるのだけれど、それはそれを許してくれる環境があるからだね。

今の俺たちの最も活動を密にしている場所、それはライブハウスだ。
皆はライブハウスについてどう思う?
これは自嘲でもなんでもなく、純然たる事実として、世間的に有名ではないボーカリストである俺のブログに辿りついてくれてるわけだから、これを呼んでいる皆にとってそこは

「楽しい場所」であり「心躍る場所」であり「新しい喜びとの出会い」の場である事であろう。

とても嬉しい事です。ありがとう。

では、世間一般でライブハウスに足を運んでいない人にとってそこは

「怖い」とか「暗い」、「うるさい」「危険」

ようはネガティブな印象を持つ人が意外と少なくない。
一度でも足を運んだらそんなことはないと気づいてもらえるだろうけれど、最初の印象は大事だよね。

だからこそ俺はジャイナのステージは、こう、一撃で心を揺らす!みたいなものを目指しているし、きっと他のアーティストもそうだよね。もちろんまだまだだし、今多彩である他のエンターテイメントコンテンツに勝る為には更なる飛躍が必要よね。

バンドスタッフやライブハウス側も沢山工夫しているし、もちろん課題も沢山あるであろう。

そんな中ちょっと提言したいのは皆にお願いしたい事なんだ。
勿論、楽しみに来てくれている皆になんか特別なことをしてほしいわけじゃない。

日ごろから俺が言っている、マナーとかモラルとか、まあ単純に言うならば思いやりってやつよね。別に貧乏くじ引いてくれ、って事じゃないのよ。

例えばね、前で見たくて並んでいた人がちょっと場所を離れた瞬間にそこに入って、その荷物の上に自分の荷物置いちゃったり、悪口みたいな事を言っていたり。
もちろん、悪意があってじゃなく、結果的にだったりそれを見ていた人の勘違いって事もある。
でも、もし本当だったら。された人だけじゃなく、それを見ていた人も決して愉快な気分にならないよね。そんな人たちが応援しているバンドにまた遊びに行きたいかな。

決してね、俺たちだけの話じゃないのよ。初めてライブハウスにきました。
敢えて、言い切るけれど、初めてで攻撃を受けました。見ました。
ライブハウスに来てくれるかな。まだ産声を上げていない音楽に出会ってくれるかな。

いやいや、ファンのせいじゃないだろ、お前らの魅力が足りないせいだろ。

当然その通り。まだまだだよ。
でもね、アンケートに書かれたり、俺の耳にまでこういうことが入ったら俺は見過ごすわけにはいかないのよ。さっきも書いたけれど、その情報を精査する方法はないし、するつもりもないからあくまでお願いするだけだし宣言するだけ。俺はそういう自分が楽しむために他人を踏み台にする行為を二人目のジャイナのライブで許すつもりはない、と。

俺から提言したいのは

「好きに楽しんでほしい。でも自分の行動が他人の迷惑になってないか少しだけ振り返って欲しい」

って事。いつも言っているように周りの目なんて気にするな!っていうのは勿論周りに迷惑かけてもいいぜ!って事じゃないよ。

ご飯屋さんでさ、しゃべるな、写真撮るな、残すな。みたいに言う所もあるじゃない?それとは違うのね。隣で食べてる人いるからちょっとだけ気にしてあげて。それだけで良いんだ。踊っても止まってても、前でも後ろでも、一人でも友達とでも楽しんでくれればいい。皆でつくろうぜ!なんてしなくてもいい。してもいい。
いろんな形で楽しみを共有できるために、少しの想像力を。

バンドからのお願い、とかしたくなかったのよね。俺は俺の責任において、この言葉を述べております。時間とお金使って会いに来てくれている人たちにさ、ふざけた事言ってるのかもしれないし、こんなこと実際は言いたくないのだけれど、無責任な事はしたくないので。

俺たちも気づいていない色んなことがあると思う。メンバー、スタッフ一丸となって精進する。
音楽とステージは当たり前です。パワーアップしかしていかないから楽しみにしてて。

長文失礼しました。

Masa
いいね!(25)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。