こんにちは!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
今日の名古屋は雨が凄かったですね!?
 
 
みなさん、大丈夫でしたか?
 
 
久々の本格的な雨といった感じで梅雨もピークになったきましたね。
 
 
 
それでは、雨にも負けず、ブログを更新していきたいと思います!
 
 
さて、前回から保証内容について説明していますが、今日は自社保証についてです。
 
 
自社保証とは?
 
 
その名の通り、施工した業者が自社で保証する内容のことです。
 
 
ですので、会社によって全く違います。
 
 
業者によっては、保証ゼロの会社もありますので注意しましょう。
 
 
ちなみに、外壁塗装JAPANの保証内容は、10年無料補修、年1回の無料点検がありますので、
 
 
凄く安心です!
 
 
それ以外にも、JIOの第3者保証もあります。
 
 
なんか今日は宣伝の様になってしまいましたが、次回は第3者保証について説明したいと思います。
 
 
 
 
それでは、引き続き、外壁塗装JAPANを宜しくお願いします!
 
 

ホームページはこちらから
名古屋市の外壁塗装は地域最安値39.8万円の【外壁塗装JAPAN】

 

AD

おはようございます!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
名古屋も段々と蒸し暑さが増してきましたね。
 
 
名古屋の夏は厳しいですから、皆さん、体調管理には気を付けて下さいね。
 
 
 
それでは、今日は外壁塗装の保証内容について話をしたいと思います。
 
 
保証内容は非常に大事です。
 
 
契約するときだけ良いこを言って、その後の保証がしっかりしていないと大変なことになりますから、
 
 
契約時にしっかりとチェックしてください。
 
 
その保証にも種類があって、自社がするものと、第3者がするものがあります。
 
 
自社はもちろんのこと、第3者につても加盟団体によって保証内容が変わってきます。
 
 
ですので、両方ともに内容を確認する必要があります。
 
 
また、業者によっては第三者保証がない場合がありますので、
 
 
その場合は要注意です。
 
 
 
明日は、保証内容について等の詳しい話をしていきますね。
 
 
それでは、今日も一日、頑張りましょう!!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当でした。
 
 ホームページはこちらから
名古屋市の外壁塗装は地域最安値39.8万円の【外壁塗装JAPAN】
 

 

AD

こんにちは!
 
 
外壁塗装JAPANのブログ担当です!
 
 
今日の名古屋の天気は、雨も止んで良かったですね。
 
 
 
それでは、今日から外壁塗装の契約内容などについてお話していきます。
 
 
突然ですが、みなさんクーリングオフってしってますか?
 
 
聞いたことがある人も多いと思いますし、知ってる人も多いですよね。
 
 
そうです、契約解除のことです。
 
 
契約してから8日間であれば解約できるというルールです。
 
 
これは、消費者向けの契約であれば基本的に適用されます。
 
 
ただ、事業者間の契約については適用されませんので、注意して下さい。
 
 
事実に反する虚偽あったり、契約不履行な内容があれば、
 
 
クーリングオフ期間を過ぎても、当然解約は可能になります。
 
 
外壁塗装は高額な契約ですから、そもそも、契約時は慎重に業者を選ぶ必要があります。
 
 
また下記のケースではクーリングオフが不適用となります。
 
 
・お客様が自ら業者を呼んだ場合
 
 
・お客様の意思で業者に足を運んで契約した場合
 
 
・3,000円未満の現金取引
 
 
・過去1年間に、その業者との取引実績があった場合
 
 
・クーリングオフ期間を過ぎた場合(正しい契約書での契約に関して)
 
 
・日本以外の場所で契約をした場合
 
 
以上です。
 
 
明日は保証についてお話したいと思います。
 
 
引き続き、外壁塗装JAPANのスタッフブログを宜しくお願いしま~す!
 
 

ホームページはこちらから
名古屋市の外壁塗装は地域最安値39.8万円の【外壁塗装JAPAN】

 

AD