名古屋市中区*鍼灸治療室ガイアそうこ

名古屋中区の鍼灸院です★
はりきゅう・マッサージ・自律神経失調症・美容鍼灸など・・・
お悩み・お体にあわせた治療を行っています^^


テーマ:

こんにちは。 勉強会担当山本・新谷です。

第65回 2月の院内木鶏会の報告をします。


 

木鶏会とは、「人間力を高める」、「徳を積むため」の勉強会です。

 

 

人間学を学ぶ月刊誌「致知」を教材に、各回毎に課題を決め、それについての感想文を書きます。

次に3~4名毎のグループに分かれ、各自が書いた感想文を発表。

その感想文を聞いた同じグループの仲間が、その感想文を褒める。とにかく褒める。

この美点凝視がポイントです。


この勉強会で、社員同士の心の交流や絆が深まります。

普段は聞くことのできない本音が聞けたり、意外な一面が見えたり・・・・・。

相手の話を一生懸命聴くこと、相手の良いところを見つけることで自分自身をみつめ直すことになり、自身の人間力を高めることや徳を積むことに繋がっていくのです。

 

今回の木鶏会は、キャスト20名が参加。
致知2月号「熱と誠」よりお題を3つ。

 

●企業再生のプロが教えるもの

小山政彦(風土会長)

船井総研で年間三億円を稼ぐナンバーワンコンサルタントとなり、同社の社長、会長として業績をブV字回復させた小山政彦氏。現在は新たな会社を立ち上げ、夢に向かってなおも疾走を続けている。規格外の活躍を続ける小山氏を突き動かすものは何か。ご自身の足跡をお話しいただいた。

 

 

●高いところに登ればより広く美しい景色が見える

加藤庸子(脳神経外科医)

脳卒中の中で最も危険とされている「くも膜下出血」。高い確率で死に至るこの病気を未然に防ぐのが、「クリッピング手術」を得意とする脳神経外科医の加藤庸子さんだ。親身になって患者に寄り添い、卓越した技術で手術を行うとともに、発展途上国の教育支援に注ぎ込む情熱には、六十歳を超えたいまも、いささかの陰りもない。

 

●追悼 伊與田先生

 

 

では今月のキャストの感想文を掲載します。

今月は服部の感想文です。

 

追悼 伊与田 覺先生」を読んで。

人間力を高めるを合言葉に我々は致知を読み、木鶏会を行い、自己を高める努力をしている。

しかし、その先に何があるのか、と考えたことがあるだろうか。

確かに自信が携わる方々から、人柄が素晴らしいなどと、褒めていただく機会が増えた。それにより、相手に好印象を与え、仕事に有利に働くこともあった。果たして、これが人間力を高めた先のゴールだろうか。

時々ではあるが、そんな悶々とした気持ちを持つこともあった中に、藤尾社長の紹介する伊与田氏の言葉は素晴らしい輝きを放っていた。

 

「自分自身を修めるにはあまり効果を期待せず、静々と人知れずやられるといい。これを三十年四十年と続けていくと、風格というものができる」

「西洋の老いは悲惨がつきまといますが、東洋的な老いは人間完成に向けた完熟期なのです。年を取るほどに立派になり、息を引き取るときにもっとも優れた品格を備える。そういう人生でありたいものです」

 

人間力を高めることの本質を教えていただいた、珠玉の名文句である。

今ここでこうして勉強会を行っていることの意味をしっかり見つめ直さなければいけない。

優れた品格を備えるための修練の場であるということを忘れてはいけない。

 

私は治療家として、目標とする姿がある。

それは患者さんが私の顔を見ただけで気分が落ち着き、痛みが治まり、悩みがなくなるという人間になるということだ。

ふざけたことを言っていると思う方もいるかもしれない。

表情、醸し出す雰囲気、発する言葉、立居振る舞いなど、接するだけで人に喜びを与える。そんな人間になりたいのだ。

これこそが、人間力を高めた先にある、優れた品格のなせる業ではないか。ここを目指してこれからも精進したい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ガイア@はりきゅうマッサージさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「院内 勉強会」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。