1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

心に光を灯そう

テーマ:アセンション 2014年11月19日(水) 09時17分12秒
おはようございます(*^_^*)。


例えば、政治について。


今の政治や政治家を批判することは、とても簡単に出来る。


だが、では、自分が代わりに政治家になって、いったいどれだけのことができるだろう、と想像してみる。


最高最善の代替案を打ち出すことが出来るだろうか。


どれだけ完璧な、理想的な社会を、実現させることが出来るか。


万民万生命の幸福のために貢献出来るか。


どんなにお偉い方であっても、1人の力だけで出来ることには、限りがある。


皆々で、この世の中を構成しているから。


集合的なエネルギーが大きなうねりとなって、この世の中を形作っているから。


今の政治が、いかなる状態であれ、政治家がどんな方々であれ、たとえ様々な難点が過去あったにせよ、未だにたくさんの課題があるにせよ、この世に生まれてこの方、その恩恵を受けてきたこともまた、事実。


そのことに、まずは、感謝するようにしてみよう。


99の不満があっても、まずは1の感謝から。


政治家の方々も、人間。


国民に、いつも文句ばかり言われて、駄目出しばかりされて、国民を真に愛し、国民のために、本当に頑張ろうと、思えるだろうか。


99のよいことをしても、1が足りなければ攻撃される。


これでは心身がすり減ってしまう。


嫌でも国民を下に観るようになってしまうかもしれない。


政策そのものに賛成、反対は、色々ある。


ただ、この世界が生まれて、政治家という立場、役割を生きて来てくださった方々に、今、その役割を生きてくださっている方々に、まずは、100分の1からでも、感謝の気持ちを持つようにしてみよう。


愛を抱くようにしてみよう。


愛は返る。


大企業の方々にも、マスコミの方々にも、お役人の方々にも。


腹の立つことがたくさんあっても、まずは、1から。


愛してみよう。


感謝してみよう。


それが大きな力となる。


自分の心に愛の花を咲かせよう。


光を灯そう。


それが世界の光となる。


自分が経験している現実の責任を政治や社会のせいにせず、自分自身の原因を内観してみる。


まずは自分自身から、変わっていく。


ありがとうございます(*^_^*)。
AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

いかに自分の頭で考えないか

テーマ:スピリチュアル 2014年11月16日(日) 08時05分14秒
おはようございます(o^o^o)。


今朝の夢は、何らかの筆記試験でした。英語も含まれていました。


私は試験開始直前まで、試験会場室内にある様々な参考書を手にとっては、読み込み、理解、記憶しようと頑張っていました。


ところが周りには、あまりそのようにあくせくしている受験者が見当たりません。


みんな余裕だな。


試験開始。


問題文のページはまだ開きません。


受験番号を記入します。


気が付くと、皆はぞろぞろと会場の外に出て、ある樹のもとに向かっていました。


ええっ?まだ試験の途中なのに。


私は走って追い付きます。試験官は何も言ってなかったよなあ。


すると今度はある別の部屋へ。


遅れた私はその部屋番号が分からず、何とか探してやっと到着。そこではなぜか、濃いお化粧に慣れる練習を順番に受ける、でした。


起きました(笑)。


いったいこの夢は、試験は、どんな試験だったのだろう。


どうやらこれは、いかに、自分の頭で考えず、より高次の自分からの指示を聞き、従えるかの試験だったようです。


試験が開始して、受験番号を記入したら、外に出て、この樹の下に向かってください。


樹の下に着いたら、今度はそこで、部屋番号○○の部屋に向かってください。


この言葉をいかに聞いていたか。


私は問題を解くことばかりに意識を向けていました(笑)。


問題も、自分の頭では解かないで、高次の正解サイトにアクセス、そこに表示されている答えを、正しく、書き写していく。


この次元の視点からすると、一種のカンニングにも見えますけど、ここではそれが正解の方法でした。


この次元の教育では、いかに、自分の頭で考えるか、を重視していますよね。


脳を鍛える。


様々な知識を詰め込み、頭でよく考える。人の話を鵜呑みにしない。常に疑い、思考する。分析する。


この側面も、ある意味では、大事ですね。


おかしな発言やエネルギーにコントロールされないためには、識別する力もまた、必要ですからね。


しかし一方で、自分の頭でいかに考えないか。


いかに頭をからっぽに出来るか。


これもまた、重要。


自分の頭で考えず、例えば、森の声を聞く。海の声を聞く。地球の声を、この銀河系の声を聞く。自己流に判断、書き替えをしないで、その声をありのままに。


こうした練習は、従来の学校では、あまりしてこなかったなあ。


脳で言えば、左脳ではなく、右脳、直感、受け取る、の領域ですかね。


自由に好きなものを描いたり、作ったり、は、比較的こちらの方ですよね。


浮かんだものを大切に。


バランス。


今回の試験、試験直前に、私は、頭により多くの知識を詰め込むのに躍起になっていましたが、他の方々は皆、いかに姿勢を伸ばし、いかにリラックスして、いかに静かに、いかに深く呼吸し、いかに無になるか、の方に集中していました。


試験官さんも、私を見て、あいつは(笑)、と笑っていらしたかもしれませんね(笑)。


こうした試験もあるんだなあ。


試験会場室内の様々な参考書は一種の惑わしだったというわけです(笑)。


余裕をもって(笑)。


ちなみに、自分の頭で考える、と言う時の自分とは、私は肉体だけの存在で、私の中心は頭で、自分は他人とは全く異なる存在なんだと構えている、いつか自分は肉体の死とともに無くなるんだと恐れている、自我の意識のこと。


この自我の意識をおとなしくして、一切の怖れを手放しても、無我の状態に落ち着いても、すべての根源とつながる本当の自分(魂)が消滅するわけではないんですね。


むしろ、自我意識を手放せた時に、魂の意識から生きられるようになる。


自我意識は怖れからいつもたくさん、ぶつぶつとつぶやいたり、雑念を打ち出したり、していますからね(笑)。


自分を無にする、とは、自分を消滅させる、ということではなく、低次の自分の意識からではなく、高次の自分の意識から生きる、という感覚でしょうか。


本当の自分に、自分の真実に帰る。


本当の自分、自分の真実から生きる。


次元を上がるにつれて、根源からの分光としての魂と魂との区別、自他の区別もだんだん希薄になっていくと思われますが、魂のレベルにおいては、ある程度の自他の違い、意識はまだ、ありますよね。


それぞれの魂の、個性。輝き。美しさ。


ありがとうございます(o^o^o)。
AD

大教養番組

テーマ:好きな動画 2014年11月16日(日) 00時08分02秒

こんばんは^^。

スピリチュアルCHIEさんの『おしかけスピリチュアル』、いいですねえ^^。

もう終わってしまったみたいですが、

今後のますますのご活躍が楽しみです^^。

CHIEオフィシャルブログ

スピリチュアル観察日記

http://ameblo.jp/chie-sp-we/

あの田原さんも、「大教養番組」と^^/。

スピリチュアルCHIEさん、田原総一朗さん、高橋みなみさん
https://www.youtube.com/watch?v=gwiHNFUi_-8



田原総一朗さん、おしかけスピリチュアル、ご感想
https://www.youtube.com/watch?v=fQdCOx3zb50



AD

愛する人の幸せを願う愛

テーマ:恋愛 2014年11月10日(月) 05時38分58秒
女性Aの好みのタイプは一途な男性。


女性Aは、もう何年も長い間、女性と付き合っていないようである男性Bのことが何となく気になっている。


いっぼう、女性Aのことが好きな男性Cは、誰かを好きになっては告白し、ふられ、好きになっては告白し、ふられ、を繰り返してきた男性。今は女性Aに夢中で、今度こそ、何とか自分のものにしたいと真剣だった。


男性Bは、ここ何年も、1人の女性Dのことをひそかに想い続けているが、女性Dにはすでに彼氏がいて、しかも何度も彼氏を変えていて、女性Dに告白する勇気もなく、女性Dを彼氏から奪い取ろうだなんて意志も行動力もなく、といって、女性Dをあきらめ、他の女性に好きな気持ちを移せるほど器用な男性でもなく、ただ、好きな気持ちを自分の中に温めていた。


男性Cはこのことを知り、チャンスだと思った。


このことを女性Aに知らせれば、女性Aは、男性Bのことをあきらめ、自分に振り向いてくれるかもしれない。


そして男性Cはそれを決行した。


女性Aは、それを聞くやいなや、残念がるどころか、「気に入ったあ!(男性Bのことが)ますます気に入ったあああ!」と、椅子から立ち上がって嬉しそうに叫んだ。


えええっ、と、男性C。


あのおっ、僕のことはっ。


ああ、私ね、誰かを好きになって、ふられて、またすぐに誰かを好きになれるような男性はタイプじゃないの。ごめんね。


男性Cはふられた。


そして女性Aは、男性Bのところに飛んでいく。


こらっ!(男性Bの名前)!話は聞いたよ!私が全力であなたの力になってあげるから、頑張りなさいよ!と、女性Dとうまくいくように助ける意志を伝えた。


あ、あ、ありがとうつ。


あなたみたいな一途な男性って、なかなかいないわよね。私そんな男性が好きなの。だから全力で応援する!


女性Aは、男性Bのことが大好きだから、男性Bの女性Dへの気持ちを心から応援してあげたいと思った。男性Bと女性Dとの関係がうまくいけば、その分、男性Bが自分の彼氏になる可能性は低くなるわけだが、女性Aにそんな計算はなかった。


女性Aは、男性Bのことを愛していたから、ただ、力になりたいと思った。


そこには、自分のものにしたい、自分のものに出来なかったら悲しい、のようなものはなかった。


男性Cは、女性Aのそんな在り方が理解出来なかった。


男性Bと女性Dを応援?そんなことをしたら、自分にとって損になってしまうじゃないか。なぜそんなことをするんだい?


男性Cは女性Aにそう聞いた。


なぜって、だって私は、男性Bのことを愛している自分に気づいたからよ。


だから、男性Bの幸せのために、力になってあげたいの。


男性Bが女性Dとうまくいくことで、男性Bが幸せになるなら、こんなに素晴らしいことはないじゃない?


愛する人が幸せになるんだもの。


男性Cはうなってしまった。愛。愛って何だろう。


女性Aは、ひと肌もふた肌も脱ぐわよお、と、とても嬉しそうだった。


どこかで女性Aは無理をしてるのかな、それとも、男性Bを助けることで男性Bとより仲良くなって、あわよくば、女性Dよりも自分に気持ちを振り向かせたいという計算があるのかな。


男性Cは考えた。


いずれにしても、もう僕には彼女をものにするあてはなくなってしまった。ふう…。


男性Cは悲しそうにその場を去った。


女性Aは嬉しそうに走って行った。


さてさて、この物語の結末はっ?!


…今朝は、こんな夢でした(o^o^o)。


愛、かあ(o^o^o)。

今の仕事や課題にしっかりと向き合う、愛をこめる。

テーマ:ドリームワーク 2014年11月08日(土) 07時41分14秒
おはようございます(*^_^*)。


今朝、夢を観ました。


高校で、勉強を頑張ろうとしない、がたいのいい、男性生徒。


自分は将来芸能人になるから、高校の勉強をする必要はないんだ、もう腹を決めたんだ、と語ります。


私は先生役で、それでも、大学進学を勧めていました。


高校までは人脈がローカルだが、大学に入れば人脈が全国区になる。多彩な友人との付き合いで経験が深まる。暗記するためだけの勉強ではない学問に触れて、世界観も広がる。大学によっては、本格的な演劇、映画の学科、サークルもある。勉強しておけば、将来、例えば学園ドラマに出演した際に、勉強する演技にも活かせる。等々。


それでも、本人は、勉強のやる気なし。


そうか、分かった。大学に行くことがすべてではないしな。


専門学校もあるしな。


じゃあ、今お前には、芸能人になるために、何か、頑張っていることがあるか?演技を勉強したり、お笑いを研究したり、歌やダンスを習ったり、身体を鍛えたり。何でもいい。何かやっていることがあるならば、俺は応援するぞ?


と伝えると、特に何もやっておらず、家では、寝そべって、ポテトチップをかじりながら、何となくテレビを観ているだけ。だった彼は、ドーン、とショックを受けていました。


そして、目が覚めました。


この夢に出てきたこの生徒は、自分でもあるなあと。


将来は○○になりたいから、本当にしたいことは○○だから、と、一見、○○には直接的に関係のない、目の前にある仕事に、いまいち身が入っていなかった。また、本当にそうなりたいなら、会社を辞めてでも、アルバイトをしながらでも、そうなるために何かをするかというと、そうでもない。


一見、無関係に思われることであっても、今、目の前にある日々の課題に、しっかりと向き合い、励んでいくこと。未来ばかり観ていないで、今ここにある現実に、機会に、集中すること。本当に嫌なら辞めればいいし、いるならば、ここで頑張る。


甘ったれた根性をたたきなおして頂いたような感じがします。


受け身、やらされている、は疲れますね。


自発的に、頂けた仕事に感謝して、喜びとともに、積極的に、その仕事にコミットしていく。


それがどんな仕事であっても。


どんな仕事であっても、愛を込めて、愛を相手に与えることが出来る。


それが出来るかどうかは、仕事の種類次第ではなく、自分次第。


その仕事が、いわゆる、スピリチュアルな仕事かいなか、よりも、


どんな仕事にも愛を以て向き合うことの方が、大事。愛は、伝わる。同じスピリチュアルな存在としての、相手に対する愛、敬意。


コンピューターに向き合う仕事であれば、コンピューターに、そこで作成しているものに、愛をこめることが出来る。


ああ、そうかあ。


口で語るのは簡単ですが、実践。


毎日が学びですね。


ありがとうございます(*^_^*)。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>