1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

熟考と無心

テーマ:スピリチュアル 2014年07月30日(水) 19時22分13秒
こんばんは(*^_^*)。


思考について。



考える人は、考えない人に対して、なぜもっと考えないのかと思う。


考えない人は、考える人に対して、なぜそんなに考えるのかと思う(思うことも考えることに近いものではありますけれど)。


考える人は、考えることで、人生や世界がよりよくなると思っている。


考えない人は、考えることを手放すことで、人生や世界がよりよくなると思っている。


熟考と、無心と。


無心とは思考(左脳)の完全否定ではなくて、無心になる、無心をを心がけることで、雑念が少なくなり、余計な思考をすることがなくなるので、その分、本当に必要な思考が必要な場合には、より正しく明確な思考が出来るようになる。


無心でないと、雑念や既成の思考の枠組みにとらわれる。


こういうことだろうか。


反省する時は、自分の何がよくなかったのか、よく考えるし、反省しなければ、成長もないし。


一方で、動くべき時に、考えてばかりいると、動くべき時のチャンスを逃したり。


バランスなんですかね。


現代社会、教育は、あまりにも思考(左脳)に偏りすぎてきたから、少しは思考を止める時間を持ちましょう。無心になりましょうと。


そして、ハートの声、真我の声に耳を、意識を傾ける。


考えではなく、気持ちを感じる。


分析よりも、統合。


考える場合、どうしても、過去にもエネルギーを向けることになりますよね。


過去の記憶をもとに、考えますからね。


無心は、今ここにあること。


無我、無心。


日々精進です(*^_^*)。


ゆうぽ
PR

問題集を解くことのなかった幼い頃

テーマ:自分自身 2014年07月30日(水) 00時25分30秒

こんばんは^^。



友人とのやりとりの中で。



幼い頃は、学ぶこと、覚えることが多々あっても、
ただ、わくわく楽しく遊んでいて、
遊んでいる中で自然と覚えていって、
問題集を解くようなことは、
確かになかったなあ、と、振り返りました。



学ぶこと、覚えることは、
遊ぶこと、生きることそのものと1つになっていて、
権威ある何ものからか、正解を聞かれて、
間違うか、間違えないかと緊張したり、
間違えたらどうしようと怖れたり、
人よりもより得点出来るようになろうと他人の成績を気にして比較したり、
そんなこと、ほとんどなかったなあ^^。



お受験を経験された方はあったでしょうねえ^^。



小学生になって、ドリル、夏休みの友、が始まって(笑)^^



やってないと、間違えると、叱られる。



やらなければならない。



中学生になって、九州の田舎から東京に出てきて、
受験というものがあることを知って、
以後、問題集をたくさん解くようになりました。



いつしかそれが楽しみになっていましたね。



問題を、解く。



本当は、何の問題もない世界が、本来の世界の平和な在り方、
とも言えますかねえ^^。



問題があるから、起こるから、その問題を解決するための答を探して。



それはこの次元での人生において必要なプロセスでしたけど、
どうしても、左脳、頭でっかちになりがち。



人生をもっとありのままに楽しむことを、
再び思い出していきたいと思います^^。



ありがとうございます^^。



ゆうぽ

PR

遺伝子、環境、魂

テーマ:スピリチュアル 2014年07月28日(月) 07時50分55秒
おはようございます(o^o^o)。


大学生時代、ひと昔前の議論について、ゼミでテキストを読んだんですよね。


人は遺伝子で決まるのか、環境で決まるのか。


結論はこうでした。


遺伝子の発現のしやすさは環境で決まるし、環境からの影響の受けやすさは遺伝子で決まっているから、どちらか一方とは言えない、両方だと。


当時は、そうかあ、そんなもんかあ、そうだなあ、なんて考えていました。


今朝このことを思い出して、思いました。


遺伝子、環境、…魂がないやん!と(笑)。


この遺伝子(家系)、この環境に生まれ育つことを選んだのは、紛れもなくこの魂。


ですから、魂が自らの課題をクリアしていけば、現実はどんどん変わっていきますよね。


その点で、遺伝子にも、環境にも、絶対的な人生の決定権はないんだなと。


どんな意識にあるか。意図、意志を持って、努力すること。


同じ家庭、同じ遺伝子に生まれた双子でも、魂が違えば感じは違ってきますしね。


魂が近縁であっても、日々の意識、意図、意志、努力で人生の様相はやはり変わってきます。


ある学問において、魂の存在を考慮していない時点で、その学問には限界がありますね。


だからこそ学問なんだとも言えてこられたわけですが。


通常の心理学にも、ハイアーセルフ=高次の自分、の話題はまず出てきませんね(笑)。


ですから、既成の学問をどんなに勉強しても、勉強すればするほど、場合によっては、実は、真実から離れていってしまう。


上記の例で言えば、遺伝子か環境か両方かの議論に終始して、そこで止まってしまう。


学ぶならまず霊的な真理を。


論理だけではなく直観を大事に。


勉強し過ぎるとバカになる、は、なかなかよいところをついている言葉かもしれませんね。


生物の進化論では、その原動力が、個々の遺伝子の変容か、グループの力学か、と議論されてきましたけど、その生物の集合意識、神様の意志、これですよね、これ(笑)。


かつては、宇宙生命体の介入もあったでしょうけどね(笑)。


今日も元気に(*^_^*)。


ゆうぽ
PR

最近の習慣

テーマ:自分自身 2014年07月27日(日) 07時54分04秒
おはようございます(o^o^o)。


ここ最近の習慣。


以前は午前8時に起きてシャワー。


朝食は自炊せず、飲み物だけとか、食べるとしても市販のおにぎり、カロリーメイト、とかでした(;^_^A。


眠たいのですが、頑張って朝6時頃起床に変更。


シャワーだけではなく毎日入浴。トルマリンを湯槽に入れてます。お湯は浄水。上がる直前に水シャワーで体を流します。頭寒足熱を意識して。男性は股間部は冷やすのがよいとか。女性は温める。


島根の美味しい水でお米を1合自炊。雑穀も混ぜて。胡麻と黒酢をかけて。めかぶやもずく等海藻も。


外出時は日傘で紫外線カット。


お昼は適度に肉、魚。体質上、完全菜食にはしていませんが、牛肉は避けています。


夜は仕事終わり、帰宅が22時前後。早寝早起きを実践しながら、寝る3時間前には夕食を、は、サラリーマンにはまず無理です(;^_^A(笑)。


夜は軽めに、外食多。帰宅して、無脂肪ヨーグルト、果物、ナッツ、豆類、青汁等。


適度にネット、読書、勉強。


DVDを観るとそれで0時を超えてしまうので、観るのはなるべく休日に(;^_^A(笑)。


寝る前は日記、ストレッチ、足のツボ押し、マッサージ、瞑想。自己ヒーリング。


こんな感じになってきました。


夜入浴、がより理想だと思いますが、入浴してから自炊して食事して、だと、それだけでかなり時間がかかり、寝るのが遅くなります。食後に入浴しない方がいいとも言いますし。


日の出とともに起き、日の入りとともに休む、のが自然なんでしょうね(;^_^A。


世の中、深夜帰宅、早朝出勤の方々も多いでしょう。私はまだ楽な方だと思います。いまどき17時上がりのサラリーマンっているんですかね(;^_^A(笑)。


おかげさまで、体調もかなりよくなってきた感じがしています。


半年は続けなさいと直観が。


もういいだろうと元に戻らないように(笑)。


出来たら8時間寝たいですが、それを実現するためには、帰宅したら即就寝、するしかなく(笑)(;^_^A


仕事のためだけの1日にはしたくない、も心理的に(笑)。


あとは、行き帰りの電車内で睡眠時間を稼ぐか(笑)。


24時間利用可能なインターネットが、色々な側面で、サラリーマンの負担を大きくしている、気がします。


システムに障害が起きれば即対応、システム保守はだいたい深夜。


サービス消費者にとっての便利さと、サービス提供者の大変さと。


経済学では分けて考えるようですけど、消費者も提供者も同じ人なんですよね。


さてさて、それでは、今日も1日。


ありがとうございます(*^_^*)。


ゆうぽ

よく知っていてかつ穏やか

テーマ:スピリチュアル 2014年07月26日(土) 22時19分39秒
こんばんは(o^o^o)。


世界の各地でなされてきた、あるいは今もなされている、様々な悪や不正について。


よく知っていて心の内側は怒りでいっぱい。


と、


まったく知らなくて心の内側はとても穏やか。


と。


どちらがよいのだろう。


精神衛生上、心身の健康上は、後者がよさそう。


そんな後者の方々を指して、前者の方々は、平和ボケ、と言うかもしれない。


逆に後者の方々は、前者の方々をさして、ヒステリー、と言うかもしれない。


もし、後者の方々が、穏やかなのは知らないからだけで、知ったら怒りが出るということであるならば、潜在的な怒りは持ち合わせている、ということになるだろうか。


ネガティブな感情はため込むのもよくないとも言われる。


世界の悪や不正についてよく知っていて、なおかつ、心の内側はとても穏やか。


基本に愛を置き、愛を観るようにして、ゆるしを進めているから。


この意識状態が、高次の観点から観たら、一番良い状態、ということになるのかな。


皆さんはどう思われますか?(o^o^o)


ゆるせないことがあると、それだけ血圧は上がりやすいようですね。


だいぶ下がってきましたけどね(笑)。


薬を完全に辞めるまでは、まだまだゆるしのプロセスを進めます。


悪や不正を見過ごす、成されるがままにする、ということではないですよ。


許さず、赦す。


表側に表れている部分への対処と、その根源、本質、存在への寛容さ、という感じでしょうかね。


もっとも、赦したからすべてが変わるかというと、変わらないものもありますけどね。


すべてが愛だ光だと断言出来るほど現実は甘くないという認識と、それでいて、すべてに愛を光を見出だそうとする意識の在り方と。


ありがとうございます(o^o^o)。


ゆうぽ

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>