テーマ:
とある物語。


その蛙Aは、自分が範囲の限られた井戸の中にいることに、まだ気づいていなかった。


そこは大きな大きな井戸であったが、広大無辺な世界全体から観れば、やはり1つの井戸であった。


この(井戸)世界の中で、自分ほど優れた、自分ほどすごい蛙はいないだろう。


彼は得意満面になっていた。


その井戸の中に、もう1匹の蛙Bがいた。


彼は夜な夜な肉体を抜け出て、井戸の外側=大海を観ていた。


世界は広いなあ。美しいなあ。


毎度のように感動しては、朝再び、井戸の中の肉体に戻るのであった。


あああ、いつかあの素晴らしい世界にこの肉体を以て飛び出したい。帰りたい。


自分はなぜ、この井戸の中に生を受けたのだろう。


蛙Bは、蛙Aを観て、井の中の蛙大海を知らずだな、と思った。


井戸の外の世界をまだ知らないから、そんな風にえらそばっていることが出来るんだ。


上には上がいるんだよ。


自分は、この世界が1つの井戸であり、井戸の外側の世界の広大無辺さを知っている。だから、彼よりは自分の方が優れているし、すごい。


蛙Bは、蛙Aのように表立って自画自賛するようなことはなかったが、 このようにして、内心、蛙Aを下に観ていた。



井戸の中は限られた世界で来たが、大海全体の大いなる流れによって、その井戸の周囲の強固で分厚い壁が、より柔らかく、薄くなってきた。


外側の大海のまぶしい光が、より強く、井戸の中にさしてくる。


それを喜ぶ蛙、動揺する蛙、怖れる蛙、様々な蛙がいた。


蛙Aは、これまでの自分が、井の中の蛙だったことを知り、大海の存在を知った。


蛙Aは反省した。


蛙Bは、蛙Aのこれまでの姿に、自分自身を観ていたことに気づいた。


ああ、自分こそ、井の中の蛙、大海を知らず、だった。


誰かを見下すこの意識の在り方こそ、井の中の蛙の在り方であり、大海の在り方ではなかったのだ。


蛙Bは反省した。


そのような意識の在り方がこの井戸の境界をより強靭なものにしてきたのだということにも、気がついた。


自分自身の存在の根源においては、みなみながこの大海を知っているんだ。


忘れていただけなんだ。


次第に明るくなっていく井戸の中で、今、様々な目覚めが、起きている。


蛙Bは、蛙Aと、ひしと抱き合った。


この井戸の中で出来ることをしていこう。


また1つ、井戸の中に新たな光が灯った。


この井戸の中がこれからいかに変容していくがが、大海全体にも大きな光を与える。


大海は井戸を見守っている。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんばんは^^。


真夜中ですが、目が覚めてしまいました。


バカボンのパパさんのビジョンがふと降りてきまして(笑)。


あああ、バカボンのパパさんは、神様かもしれない(笑)。


ママさんも(笑)。


以前の自分には、人に「バカ」って言われると、「自分はバカなんかじゃない!」と、
カチンと来るところがありました。


今は不思議とほとんど頭に来なくなりました(笑)。


バカなのだあ、れれれのれ、たりらりらあんのこにゃにゃちはあ、と流せます(笑)。


だいぶ緩みました(笑)。


あまり言われることもないんですけどね(笑)^^。


今度、『天才バカボン』、読み返してみよう^^。


DVDはあるかな^^。


























「元祖天才バカボン」OP
<タリラリランのコニャニャチワ>
作詞:東京ムービー企画部
作曲:渡辺岳夫
編曲:あかのたちお
歌:コロムビアゆりかご会、グリンピース、雨森雅司
https://www.youtube.com/watch?v=zJhS1lvsZh4


それでは、おやすみなさいです^^。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんばんは^^。


ここ数日、世界史の参考書の、主に近現代史の部分を読んでいたのですが、


冷戦時代の1枚の地図を観て、びっくりしました。


アメリカとロシア(当時はソ連)って、こんなに近かったのかと。


日本を中心に観ると、アメリカは太平洋を超えた右側、ロシアは左側上。


大西洋を中心に観ても、アメリカは左側、ロシアはヨーロッパを超えて右側上。


それなりに距離がありますよね。


でも、北極海を中心に観ると、ほとんど真向い。





地球はほぼ球体ですから、当たり前と言えば当たり前なのですが、


平面地図の感覚で、世界を、世界史を観ていたなあと。


この真向いさが、冷戦の緊張感を生み出していたのかと。


また、例えば、南半球のオーストラリア中心の地図だと、こうなりますね。





南極大陸中心だと、このように。





アフリカ=暑い、というイメージがありますが、南アフリカは、南極に近いわけですね。


とても新鮮な感覚を覚えました^^。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
こんばんは^^。


昨日今日とお休みだったので、ごくせん2005、ごくせん2008、卒業スペシャル、ごくせん映画、と、観ていなかった残りを、観通しちゃいました(笑)^^。


毎回毎回名場面の連続ですけど、やんくみ先生が卒業式で語られるスピーチは、
本当に、胸に響きます^^。


ごくせん2005・黒銀学院高校3年D組の頭役のお2人。
赤西仁さんと亀梨和也さん。
KAT-TUNつながりのお2人ですね。





亀梨さんは映画にもご出演。





ごくせん2008・赤銅学院高校3年D組の頭役のお2人。


高木雄也さん(Hey! Say! JUMP)。





三浦春馬さん。





ごくせん2008・赤銅学院高校2年D組、
ごくせん映画・赤銅学院高校3年D組の頭役。


玉森裕太さん(Kis-My-Ft2)。





ジャニーズにも色々なグループがいるんだなあ、と、とても勉強になりました(笑)。


主題歌も名曲ぞろいですけど、特に、下記の2つの挿入歌、ファンになりました^^。


「ごくせん2005」挿入歌
亀梨和也さん<絆>
https://www.youtube.com/watch?v=cNriGWEUHAE


「ごくせん2008」挿入歌
髙木雄也さん<俺たちの青春>
https://www.youtube.com/watch?v=IJQVGQjUBLI


皆さん、パワーおありですねえ^^。


一生の恩師。一生の友達。一生の仲間。
皆正直に、感情をぶつけ合って。


いいですねえ^^。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
変えなきゃ、変えなきゃ。


変わらなきゃ、変わらなきゃ。


そうやって、自分を追い込んでいないか。


このように力んでいては、変わるものもなかなか変わっていかない場合がある。


その力みやあせりの奥に、怖れがないだろうか。


十分に力を抜いて、十分にリラックス出来て初めて、変わっていけるものがある。


だから、力んでばかりいないで、時には、思いっきり脱力しよう。


人生今この時を、思う存分楽しもう。


生きる喜びを十分に感じることが出来た時、


新たな目覚め、変容の扉が開いていくよ。
いいね!した人  |  コメント(4)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇