1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-10-31 10:08:00

素直な人、コツコツやる人を大事にする社会に

テーマ:ブログ
今回はちょっとIT関連と離れるかもしれません。というか、ITにも少しは関連するかもしれません。

昨今の社会・事件、自分を取り巻く環境を見ていると、どうも素直でコツコツやる人が損をするような風潮があるような気がします。

岐阜県庁では裏金。今日は労働組合の役員が逮捕されたニュースが流れていました。コツコツと税金を収める人のお金がこういう風に盗まれていくわけです。

同じく岐阜の中学校いじめ問題。自殺した子は友達のイジメをかばって、逆にいじめられる結果に。責任感のある子供だったそうです。友達のいじめを見かねて素直にトラブルに挑んだ気持ちが、結局残酷な結果を生むことに。

ソフトバンクモバイルの問題。きっとシステム担当者にとって、いきなりの\0攻撃は青天の霹靂だったでしょう。最初からコツコツとシステムの容量計算や処理能力計算をしていた人にとっては、やるせない気持ちではないでしょうか。

友達をかばう気持ち、税金を納める気持ち、着実に設計しようとする気持ち、こういった尊い気持ちがガラガラと日本中で崩れているように思えてなりません。

結果出来上がるのは、自分さえ良ければいい社会、見て見ぬふりをする社会、助け合いの無い社会、その場しのぎの社会、コツコツではなく一発逆転を尊ぶ社会・・・。日本人の美徳ってどこに行ったんでしょうね。

奇をてらった孫社長が非難される深層に、そういったサイレントマジョリティーがあるような気がします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-30 06:13:33

バグや脱退阻止行為ではないのか? ソフトバンク申込停止

テーマ:通信 - 携帯電話・PHS
まだまだ世間を賑わせているMNP。話題が事欠きません・・・(´・ω・`)

土日はソフトバンクモバイルの受付停止問題。本当、ソフトバンクっていう会社は昔からこういうオペレーション関連がマズいですねぇ・・・(ヤフーBB時代から)

今回の受付停止について

■ソフトバンクモバイル発表文・・・2006/10/29第一報
http://broadband.mb.softbank.jp/corporate/release/pdf/20061029j_1.pdf
ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、2006年10月29日(日)12時10分、お客さまから「予想外割」などの申し込みが殺到したため、全国のソフトバンク携帯電話取扱店において、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)に関する受付業務を停止いたしました。現在、MNPによる他社への転出およびMNPによる他社からの転入の受付を停止しております。その他の新規受付や契約変更業務など、MNP以外の業務は通常通り行っておりますので、何卒ご了承を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

■ソフトバンクモバイル発表文・・・2006/10/29第二報
http://broadband.mb.softbank.jp/corporate/release/pdf/20061029j_2.pdf
ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)では、全国のソフトバンク携帯電話取扱店において、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)に関する受付業務を停止しておりましたが、本日同業務ついて、業務時間終了まで、受付業務の停止を継続いたします。また、現在、MNPによる他社への転出および他社からの転入の受付を停止しておりますが、その他の新規受付や契約変更業務など、MNP以外の業務は業務時間終了まで通常通り受け付けます。このたびはお客さまからの各種申し込みが殺到し、申し込みの受付ができなくなりましたが、登録システムの見直しや増強など、受付業務が滞らない対策を引き続き検討・実施してまいります。

と、想定以上の販売申込によるシステム処理能力不足が原因としています。

が、しかし本当にそうなのでしょうか??

実は昨日日曜夜のフジテレビ「スタメン」で、ソフトバンクモバイル六本木店店長の一日ということで奮闘振りを扱っていたが、その最後で店長は「新規10件、うちMNP関連で3件を獲得しました」と営業報告していました(こんな数字出していいのか、という気もするが・・・)。

もしかすると細かい数字は間違っているかもしれないが、いずれにせよ1日数件~数十件レベルの扱いです。

いくら日本全国集まったとしても、本当に処理能力不足に陥るようなレベルなんでしょうか??

それに仮に処理能力不足だとしても、通常は一度回復させるレベルにアップすればそうそう再ダウンすることもないと思われます。

私の経験では、二度のシステムダウンはバグ改修のケースが多いです。一度直したつもりでも、突貫で修理を行うため試験が漏れたりするケースや、改修したプログラムを入れ替える際に手順を間違えたりするケースがあるからです。

ただいずれにせよ、自社側のチョンボを「予想外割などの申込みが殺到したため」などと販売好調を想起させ顧客を誘導するような文面に転嫁するのはいかがなものかと思いますね。企業姿勢を疑います。

更に懐疑心を持って今回の事件を見ると、システム停止が意図的なものと見られかねません。

ポイントは競合他社の発表です。

■NTTドコモのニュースリリース・・・2006/10/29
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/061029_00_m.html
20061030ドコモ

■auのニュースリリース・・・2006/10/29
http://www.au.kddi.com/news/au_top/information/au_info_20061029114613.html
20061030au

両社とも同じ文面(ドコモはアンダーラインまで引いてて笑える・・・)で、原因は「弊社へ移転されるお客様の増加に伴い、SBM社のシステム処理遅延障害が発生」としています。

そもそも双方の言い分が異なる点、つまり

・ソフトバンク側・・・・自社への申込みが殺到
・ドコモ、au側・・・・自社への移転が増加

という大問題もありますが・・・それは置いといて、

仮にドコモ・au側の言い分が正しいとすると、ソフトバンクモバイルによる脱退阻止行為と捉えられても仕方が無いです。

少なくとも消費者へ適切な競争環境を提供するべく実施されたMNPを、ソフトバンクモバイル自ら阻害し、自らの首を絞める結果になってしまうような要素ですし、欧米なら提訴されても仕方が無いような話です。

まぁ、いずれにせよ数日でこの問題は収束するとは思いますが、消費者を置き去りにしたこの顛末因果応報で必ず各企業側に戻ってくるでしょう。

私が今一度主張しておきたいことは、

・目先の安さでお客さんは動かない
・信頼感の無い会社は生き残れない
・MNPの趣旨を真摯にとらえ、お客様に最善なものを提供する会社が生き残る

の3点です。

MNPでは各社とも「長期保有ユーザにメリットを与える戦略」に出ているのですから、長く付き合える会社を選ぶことが賢い消費者であると思いますよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-10-28 10:57:50

評判の悪いソフトバンク「予想外割」・・・公正取引委員会は動かないのか?

テーマ:通信 - 携帯電話・PHS
数年来の懸案であったMNPがいよいよ始まりました。
ソフトバンクの予想外割が世間を賑わせましたが、正直評判悪いですね。

いろいろ諸条件を付けた上に過大広告が混乱の原因。孫社長にしては大失敗ではと思います。

※ 詳しくはこちらの記事を読んでください

ソフトバンクの新料金プランは、“予想外”に複雑(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0610/27/news006.html
ソフトバンクの「予想外割」は本当に安いのか(ImpressケータイWatch)
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/31660.html

それなりに料金の仕組みに詳しいつもりの私でも複雑怪奇。ハッキリ言って消費者をバカにしてるのではないか、という懐疑心さえ沸いてきます。

ドコモの社長さんも相当怒ってるようですが、無理はありませんね。

言いたい放題のソフトバンクにもの申す──ドコモ中村社長
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0610/27/news109.html

普通に使ってると大雑把に計算して7,000~8,000円ぐらいはかかりそうで、端末ラインナップやサービス内容を考えると、正直ソフトバンクに移行するメリットは無さそうです。

ちなみに予想外割の肝である「ゴールドプラン」は期間限定の2,880円という触れ込みですが、この状況からすると恐らく来年1/15を過ぎても延長し続けるような気がします。

しかし、銀行の住宅ローンキャンペーンでも「期間限定」を延々繰り返し、公正取引委員会や業界団体から通達が出たように、この割引を延々続けると更にユーザの混乱を招きかねません。

そういう点をソフトバンクモバイルはどう考えているのでしょうか??
個人的には公正取引委員会マター(景品表示法違反)の部類に属するような気がします。

なお、システム屋の目から見ると、複雑な条件が付けば付くほどシステム構築費用が高くなり、その分消費者に価格転嫁されるのが常なのですが、この辺どうなんでしょうね。

始まったばかりのMNP。本来は公正な競争を促進するための仕組みであったはずなのに、どうもユーザ側の頭を悩ます仕組みになってしまっているような気がします。

長い目で見れば今の混乱期も無くなって行き、そのうちフルフラットなプランでスッキリする時代がやってくるのでしょうが・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。