2006-02-16 23:53:06

迷惑! メール・トラバ対応

テーマ:通信 - インターネット

ブログを作ると、いやでもトラックバックスパムが来ますね。

相変わらず会社のアドレスにも来ます し、Yahoo!のアドレスにも数日前ぐらいから届くようになってきました。


全く頭にくる ヽ(`皿´)ノ!


まぁ放置してしまうのが、精神衛生上一番良いのかもしれませんけどね。


ただ、なんか腹の虫が納まらないので、最近はプロバイダに報告するようにしています。


■最近報告したプロバイダ


OCN △(相手に警告のみ)

アルファインターネット ◎(即刻利用停止)

NTT PCコミュニケーションズ ◎(即刻利用停止)

Nifty △(調査を宣言、結果は知らせないとのこと)

イッツ・コミュニケーションズ ◎(即刻利用停止)

フリービット(yournet.ne.jp) ×(返事なし)


対応が良いのは、◎印を付けたプロバイダ。

レスポンスも速いし、有無を言わさず利用停止にしたそうです。


逆に一番対応が悪いのは、フリービット

一番大量のプロバイダにもかからず、何通報告しても返事なし


フリービットという会社は、プロバイダ事業を行うために必要なネットワークやサーバなどをパッケージ的に提供するサービス「Yournet 」(2次プロバイダサービス)を行っています。


この yournet.ne.jp のアドレスから一番たくさんスパムが来るのです。


この会社のサイトを見ると

フリービット及び提携119ISP、迷惑メール対策ロードマップを発表

なる対応を発表をしているようですが、実態は不満足なもの。


さらに対応を強化して欲しいものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-16 06:15:24

トリノオリンピック公式サイト

テーマ:通信 - インターネット

賑やかですね。ついつい夜更かしして見てしまいます。

日本選手団もなかなかメダルが取れず、ヤキモキ状態ですね。


さて、オリンピック観戦に欠かせないのがインターネット。

私がよく見るのが公式サイトです。


 Torino 2006(英語版)


最近のテレビ中継で悪い点があるのですが


  「もうすぐ上村愛子登場!


とか出しながら、結局30分以上先だったりすることがザラです。


まぁ、画面に引き寄せるための苦肉の策なんでしょうが、待たされるこっちの身にもなってみろ、というのが正直なところ。


そんな時、公式サイトを見る私。


全競技のスタートリストも見れるので、あと何分ぐらいで日本人選手が登場するのか目安になりますし、リアルタイムで結果が見れるのが嬉しいですね。


トリノ1



英語で書かれているので、「どこを見たらいいんだ?」という人は、下の図の「LIVE」のところをクリック!


トリノ2


LIVE」をクリックすると、現在行われている競技の進行状況を見ることができます。


画面の上のほうには1位から成績が良い順に結果が表示され、その下にこれから登場する選手が順番で表示されます(30秒ごとに更新)。


これを見ながらTV観戦をすると、非常に便利です。


さて、オリンピックに公式サイトが登場したのは、確かアトランタオリンピック(1996年)が最初だったと記憶しています。


アトランタ

Internet Archiveにあったアトランタオリンピック公式サイト

CSSもなく、トリノのページと比較するとかなり地味に見えちゃいますね


その頃はインターネット黎明期で、膨大なアクセスをさばききれずに、クリックしてもなかなか表示されなかった苦い思い出があります。


次の長野オリンピックではその点改良され、かなり混雑はしたのですが、それなりにサイトを閲覧することができました。現在の礎を作ったとも言えましょう


その頃はIBMがオフィシャルスポンサーで担当していましたが、トリノの公式サイトは、米アカマイ社が担当。この分野でのトップ企業ですから、最先端技術を注入しているはずですね。


いつクリックしても、すぐさまレスポンスが帰ってきます。良い時代になったものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-02 23:55:13

本当の「通信と放送の融合」

テーマ:IT全般

ライブドアvsフジテレビの時によく話題になった「通信と放送の融合」。

いまだに具体的なイメージが沸かないが、少しずつ進展していると思う今日この頃。



■初のサービスから3年経過したものの・・・


最初にビジネス化を始めたのは「BB TV」だと思う。2002年12月だ。

Yahoo! BB会員向け「BBケーブルTV」が商用サービス開始(Impress Internet Watch)


これは「ADSL・光を通してTVを見せる」というものである。

見る装置はTV。CATVみたいなものだ。


それと、同じくソフトバンクの「無線TVパック」。

ソフトバンクBB、1Gbpsの光ファイバサービス「Yahoo! BB 光」

これは、「テレビアンテナに無線TVBOXなる専用装置を接続し、テレビでもパソコンでも地上波を見せる」というもの。

パソコン型エアボード(SONY)と思えば良い。


その後3年が経過・・・。


TVの世界では地上波デジタルが普及し始め、パソコンの世界では「Yahoo!動画」や「GyaO」などのVODサービスが充実。

(音楽好きの私は、GyaOでTOTOのライブを無料視聴できて嬉しい限り)


かなり双方が近づきつつある(クロスオーバーする)感じがする。


しかし、現状はあくまで「TVが放送局と通信する機能を持った」「通信回線がTV伝送路となった」といった範囲に過ぎない


これが本当の「通信と放送の融合」なのだろうか?



■私が思う「本当の通信と放送の融合」


私が「通信と放送の融合ってこういうことだなぁ」と思うのは、2ちゃんねるの実況掲示板(番組ch)だ。

2ちゃんねる 番組ch(フジ)


知らない人のために解説すると、言わずと知れた2ちゃんねるの「TVを見る人用の掲示板」である。

TVを見ながら「あーでもない、こーでもない」と住人が掲示板に書き込むのである。


「ふーん、ただの掲示板じゃん」と言う人も多いとは思うが、なぜ私が「本当の通信と放送の融合」と思うか。


それは、日本中が同じTV放送を見ながら盛り上がり、感想を持ち、情報交換をし、意見を戦わせる、という場であるからだ。

(実際、面白い番組・突っ込み甲斐のある番組にはもの凄い勢いで書き込みがある)


元来、通信とは1対1のものだったが、現代の通信はn対nのマトリックス的なもの。まさに意見が日本中を駆け巡る。


今議論されている「通信と放送の融合」は、あくまで「映像配信をするTV局」「通信事業者」「一人の視聴者」「その他の事業者(楽天など)」がつながるといった極めて集中封建的なものであり、「視聴者間をつなげる」という感覚が抜け落ちていると思うのだ。


■「本当の通信と放送の融合」に必要なエッセンス


誤解無きよう言うと、別に「2ちゃんねるのコピーをたくさん作れ」という主張ではない。


私が言いたいことは、とどのつまり


 1.TVとパソコンは別のもので一つにはならない

   (TVは映像配信を受けるもの、パソコンは意見・情報交換するもの)

 2.しかし、TVとパソコンとで情報共有する意義はある

   (TVで見れる情報をパソコンに取り入れたいし、パソコンの情報をTVに反映したい)

 3.視聴者間をつなげる・一体化させることは爆発的なパワーを持つ


これが真の「通信と放送の融合」と思うのだ。


技術的には2.を制したものが、そしてビジネス的な観点で言えば3.を実現したものが、この世界を制するのではないか、と思う。


更に言えば、「映像を作る人」というプレーヤーもいて、通信によって独自配信できる技術も存在するわけであるから、通信を介した自由なコンテンツマーケットプレイスから発掘したものを放送で流す、という解もあり得る。



■例えばオリンピックで・・・


もうすぐトリノオリンピック。日本中がTVに釘付けになる日がもうすぐ来る。


例えば、女子フィギュア。日本人選手の演技にみな熱狂するのではないかと思う。


TVではその様子を生中継で見入るだろう。本当だったら、今演技している人のプロフィールやブログなどが自動的にパソコンで見れるようになっていても良い。


そしてTVを見ている人は、自分と同じように日本中が熱狂する様を見てみたいし、体感したい。パソコン用カメラを持ってる人を募って情報をアップしてもらい、その数千人の姿をTVで生放送することだってできるはずだ。


また、別の視聴者から「決勝は何日の何時からだよ」といった書き込みがあれば、ワンクリックで録画予約できても良い。


こうやって、TVとパソコンの間で情報がクロスオーバーし、一体感を持って日本中がつながることができれば、新しいTV文化が花開くに違いないと思うのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。