(自作)ステディカムの記事は、カテゴリを「家電 - ステディカム」に統一しました。
画面左ペインの「ブログテーマ一覧」で選んで下さいね。
ステディカム関連エントリを一覧で見ることができます。
http://ameblo.jp/gaia/theme-10011282533.html(本ブログ)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-02-16 01:00:00

第42回NHK番組技術展見学・スーパーハイビジョン視聴

テーマ:IT全般
先日「NHK番組技術展」に行ってきました。R&D(放送技術研究所)の成果ではなく、地方局も含む現場サイドの技術部門が開発した成果を紹介する展示会。技術マニアとしては一度覗いてみたいなと思っておりました・・・

NHK 第42回番組技術展(公式サイト)
http://www.nhk.or.jp/bangiten/

入場者は、局関係:メーカ関係:一般=3:2:1な感じ。入口では、TV放送開始当時のカメラがお出迎え。アメリカ製だったんですね。
IT徒然草 (gaia)
会場では様々な新技術が紹介されてましたが、「AR」や「タブレット」、「再生可能エネルギー」といった技術を使ったものが目立ち、「ITトレンドはどの業界でも似てるなぁ」という印象。

■AR系の例

・ロボットカメラ映像に建物名などを自動合成する地名表示システム
・iPhoneのカメラをかざすとCS(衛星)/FPU(無線)基地局を探せるアプリ

■タブレット系の例

・ニュース原稿をタブレットに表示するペーパーレスシステム(写真左下)
・ロボットカメラを屋外のタブレットからも操作できる制御システム
・視聴者メール/ツイートやサブの指示をスタジオ内タブレットで閲覧できるシステム
・中継先のタブレットにキューや緊急地震速報発生等を低遅延で知らせるシステム(写真右下)
・マスターの送出関連装置をタブレットでも監視できる運行支援システム(安心してトイレにも行けるらしい...)
IT徒然草 (gaia) IT徒然草 (gaia)

■再生可能エネルギー系の例

・太陽光発電によるコマ撮り装置(電源確保できない場所での長期撮影)
・太陽光発電とバッテリーを組み合わせた小型ロボットカメラ(被災地緊急設置用)
・太陽光と風力を組み合わせた自然エネルギーロボットカメラ(亘理町で実験中)

それ以外に、ロンドン五輪のシンクロ競技で驚いた「ツインズカム」の実物も。
IT徒然草 (gaia)
説明を伺い初めて知ったのですが、光学処理だけで実現してるとのこと。てっきり、屈折率の差をデジタル処理で補正してるのかと思いきや、生中継にはそぐわないらしく、勿論2台のカメラの画像を合成してはいますが、単純合成処理なので遅延が出にくいそうです。ズームの場合もプリセットした計算式で差を吸収してるとのこと。これぞまさに匠の技!

全般的にそうなんですが、放送業界ではレイテンシー(遅延)が非常にクリティカル。地デジのシステム全体において、動画圧縮・展開によるレイテンシーがかなり大きいので、現場ではそれを加味して視聴者にストレスを感じさせないように、と苦労してます。

あと、見た目に面白いのが「ポールカメラ」。「ブラタモリ」でよく見かけた長い竿にカメラを取り付けたものですが、パン・チルト(上下左右の動き)と竿の伸び縮みを手元でリモコン操作できるようにしたそうです。実際に装着させていただきましたが、予想外に軽く操作しやすかったですね。「次のブラタモリで観れますかね?」と伺うと、「さっきブラタモリのスタッフが使わせて欲しいと言ってきましたよ」と笑ってました。特機マニアの私としては、非常に楽しみです。

IT徒然草 (gaia)

ひとしきり展示を眺めて満足感に浸った後、会場隣のスタジオパークに寄ると、いきなりスーパーハイビジョン(UHD)の巨大モニターが。「これが噂の8Kか」と思っていたところに、ちょうど年末の紅白歌合戦映像が流れてきたのですが、これが凄い・・・!

どのぐらい凄いかというと、AKB48やらHKT48?とか200人ぐらいの女の子達が引きの映像で画角全体に映っているのですが、なんと、その子達の顔が全部ハッキリ識別できるのです。映画よりも凄いです。その後、台本に「爆雪」とだけ書かれてるらしい(笑) サブちゃんの紙吹雪熱唱も映ってたのですが、当然ながらブロックノイズのかけらも見当たらず、「現場はこんなに吹かせてたのかよ」と思わせる圧巻映像。

22.2chの音響も相まって、まさしく臨場感。まさにNHKホールの特等席で観てるかのような錯覚に陥り、しばし無言で堪能。恐るべしNHKのR&D・・・  残念ながら撮影はNGでしたが、現物を観ないと意味は無いですね。

にしても。これは果たして民生用として普及するのだろうかとやや疑問に。恐らくパブリックビューイングには物凄く向いてるし、ITU-R標準になったりしてデジタルシネマ次期バージョンとしても浸透していくのでしょうが、この超高画質は大型モニターでなければ魅力が半減してしまうと思います。リッチ層は家庭内に設置することもできるでしょうが、一般庶民まであまねく普及するかどうかは微妙か、と。高DPIディスプレーが開発され、37型とかでUDHが観られる日を実現しようとする人々もいるでしょうが、実際どうなるんでしょう??

さて、スタジオパークを歩いて行くと、大河ドラマの撮影も観ることができました。ただ、以前と違ってスタジオ内をガラス越しに見ることはできず、収録状況をモニターで見る形式に限定でちょっと残念。ちょうど綾野剛クンが迫真の演技をしてて、「気合い入ってるなぁ」と感じました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-14 09:42:00

せっかくのマネタイズ手段を、ネット先駆者が破壊

テーマ:通信 - インターネット
当事者でないので憤るべきじゃないのかもしれないが、久しぶりに憤りに近い感情を抱いた、とても残念な話。ネタ元はこちらのブログ。

週刊(だったはずの)有料メルマガが一ヶ月間配信されなかった件(Film Goes with Net)
http://hotakasugi-jp.com/2012/11/13/mailmagazine/

「ネット著名人の有料メルマガ発行が遅延している話」と書くとちっぽけな話に聞こえるが、罪は重いと思う。

有料メルマガは月数百円とか比較的少額。しかし著名人ともなれば読者も多く、これら大勢の有志を裏切ることになる。しかも、ネット上でいろいろなムーブメントを起こしたり、論陣を張っている人がこれをやるということは、「有料メルマガ」という貴重なマネタイズ方法を自ら破壊しているといっても過言ではない。

「真面目にインターネットのコンテンツにお金を払っているのがバカらしく感じてしまいます。だってお金払っても頼んだものが届かないんだもの」と、上記ブログ著者は書いているが、これがどれだけ怖いことか、ネットでメシを食ってる人なら分かるのではないか。いや、分からないと失格では。

一方、佐々木俊尚氏の場合は一度も遅れたことが無いという。とどのつまりは、著者の人格を見極めないといけないということか.... 確かに、メルマガの著者ページにはバックナンバーというページがあって、いつ発行してるかが分かるので、そこで読者が信頼性を見極めればよいのかもしれないが、それ自体いかがなものか。

途中に介在している有料メルマガ発刊事業者の責任も大きい。今回の件では、読者からの指摘により初めて返金に応じたとのこと。一般的なサラリーマンからすれば、杜撰としか言いようがない。ブログ著者も「契約不履行」と書いているが、まさに正論。ぼったくりバーと大差ないビジネスモデルか。

それにしても、コンテンツで商売をしてる人たちがこういう体たらくというのは、一体どういう要因なのだろう。多人数・少額というビジネスモデルでは、ゆるさが先行してしまうのだろうか??
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-08-27 16:50:04

Twitterは曲がり角に立っている?

テーマ:通信 - インターネット
Twitterというサービスが今、曲がり角に立っている感じがする。

というのも、先日発表された「Twitter API の新バージョン1.1 導入」関連の各種制約条件追加に、ネガティブな見方が広まっているからだ。追加される制約条件の概要は、以下のURLを見ていただきたい。

TwitterがAPI新バージョンへの移行を発表、利用数上限や承認など厳格化(Internet Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120820_554005.html

縁が無い方には「API」 が分かりづらいかもしれないが、簡単にいえば、「Twitter本家のデータ・機能にアクセス可能な第三者向けインターフェース」のこと。イメージ的に言うと、「特定のURLにアクセスすると、ツイートが取り出せる・ツイートできる・ユーザが検索できる」みたいな感じ。実際にはもっと複雑だが。

この仕組みを使うことで、Twitter公式アプリ以外のいろんなクライアントアプリが作れたり、bot(自動ツイートプログラム)が作れたり、解析サービスが作れたりする。なので、世界中のプログラマーがそこに機会を見出し、機能豊富なサードパーティのアプリやサービスが様々存在するわけだ。逆にもし API が使えなければ、世の中には Twitter 公式サイトと公式アプリしか存在しなくなる。

で、今回の制約条件追加については、それを促進する面と阻害する面が組み合わさっており、またその詳細ドキュメントが未公表ということもあり、疑心暗鬼を生んでいるという面も加わって、やや混沌とした状態である。

私なりにその制約条件を俯瞰してみると、門を閉ざす要素が目立ち、サードパーティとの良好なエコシステムを発展させようという印象は少ない。「表示規約に則るべし」ぐらいならまだ、「仕方ないなぁ」と不平を言ってプログラム修正する話だが、ユーザ数拡大にしきい値を設けられたり、「はて? この制約はどのような理念で設けられたのだろう?」などと、将来像に煙幕を張るような感じ。

そう考えているのは私だけではなく、例えばこんな記事に記されている。「恣意的」という表現が的を得てると思う。

Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ(F's Garage =初代モバツイ開発者・えふしんさんのブログ)
http://www.milkstand.net/fsgarage/archives/001867.html

Twitterの戦略大転換 – 成功を支えてきた開発者を踏み台にして新たな拡大を目指す(SEO JAPAN)
http://www.seojapan.com/blog/twitter-big-step
※ The Next Webに掲載された「Twitter wants a billion users, and it’s prepared to sacrifice developers to get there」を翻訳した内容

自社のサービスを開放し、第三者がこぞって優秀なサービスやアプリを開発してくれているのに、それを閉じようという姿は、Twitter 経済圏の縮小・離散を招き、更に言えば、Twitter類似型サービス、または発展型サービスの勃興という方向性さえ想起させる。

無論、Twitter API を使ったサービスは継続されるし、今すぐエンドユーザが何か影響を受ける話でもない。が、サードパーティに対して何か魅力的なサポートをしない限り、優秀開発者が長期的に離れていき、ボディーブローのように効いていきそうな感じがしている。Twitter だけでなく、Facebook もマネタイズの方向性によってどうなるか分からない。突出した2サービスが、砂上の楼閣にならないことを祈りたいものだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。