がいあ雑記

銀條がいあの、更新するのかしないのかわからない何気な~いゆったりまったりのブログ。


テーマ:
突然ですが
私は「ワタシが生きていること」に、興味を持っていません。

…と言うと、ちょっとだけびっくりするかもしれませんが
結論から言うと、それが一番しっくりくる言葉なのです。

割と定期的に、このことについて考えるのですが
回数も多くなってきたので、少し考える範囲を広げてみようと思いました。


まず、「ワタシが生きていることに興味を持っていない」ということについて…
別にこう言っているから「死にたい」と思っている、というわけではありません。
むしろ今のところ、自らの死を望んでいる思想はありませんm(_ _)m

かと言って特別「もっと生きていたい!」…と強く思うわけでもないです。
今現在、生きているなら「じゃあいいや、生きるわ」程度です。

私自身が生きていようといまいと
私自身がどうでもいい、と思っている。

つまり、生きていることに「無関心」=「興味がない」
…となるわけです。


では「何故」興味がなくなったのか


しかし逆を言うと
「自分が何故生きているのだろう?」と考えたことがありますか?

生まれてきているのは
生きている以上、絶対に否定できない事実だし…

正直「何故今、生きているの?」なんて聞かれたら
返答に、私も困ります。

もちろん「何かの目標がある」「守るものがある」といった
具体案のために生きている、という答えが最も一般的かと思います。

ただ、私に目標がないわけではないです。
守りたいものがないわけでもないです。

おそらくですが、私の考えるそれらは
「私がいなくなっても成り立つもの」ばかりなのだと思っているのではないかと。

私がいなくなった途端に、成り立たなくなるもの
それに出会えていないのだと。

客観的に、自分を遠目で見て…
私が「必ずそこにいる必要性はどこにもない」

言い方を変えれば「代わりがいくらでもいる」

そう考えた途端に、生きていることの「輝き」を失ってしまったのではないかと。
私が生きてても今すぐ死んでも、私には関係のないこと。

だから、生きていることに興味がない。


話を少し変えて…
最近、無気力な状態が長く続いています。

やれる時は全然大丈夫なのですが
一定時間が過ぎると、途端に電池切れになってしまう。

復職してまだそんなに経っているわけでもないので
仕事疲れのせいもあるかもしれません。

しかし、やる気満々の時は、仕事のあとでも十二分に疲れ知らずで出来るし。
出来ない時は、疲れ果ててただ座って目を閉じるだけ。
最近は後者の方が多くなってきているような気がしないでもないです…。

やらなければならないこと、やっておきたいこと、やりたいこと。
全てが溜まりに溜まっている状態です。

どんなにやりたいと思っても
体と気力がついていかない。

なので、タイミングをよく見て実行しないといけない状態です。


ここで少し話を戻すと…

私が無気力なのは、私が生きていることに興味を持っていないから。
…なのではないかという結論。

無気力になったのが先か
生きることに興味なくなったのが先か
…どちらが先か、今ではわかりませんが。

無気力で輝いていないから、興味を持たなくなった。
だから、さらに輝けなくなって無気力になる。

…そんな、堂々巡りになっているのかもしれません。


現在の私は
「無気力な自分に興味が持てるかどうか」に焦点を当てています。

現在、何も出来ない私が
傍から見たら何もしようとしていない私が

この状態から「いつ」「どうやって」脱出し
再び輝くことが出来るのか。

そこから少しでも興味を持てば
堂々巡りの思考から、脱出できるのかもしれません。
その点では、少しは「生きていることの興味」を持っているのかも?



ちなみに、「自身が輝いている」とはどういう状態か。


今だから言えることかもしれません。
かつて私は、割とやりたいことをサクサクっとやる方でした。

思い立ったが吉日、とはよく言ったもので…
やろうと思ったらすぐやるし、気力も十分だった。

そう言った意味では、私は強かったのだと思います。

それがある時点から、急に弱くなった。
原因も、いつ始まったかも定かではないですが…。

弱くなった途端に、何も出来なくなった。
何もやろうとはしなくなった。

そんな時にふと
過去の、何でも出来ていた自分を思い出すのです。

気力十分、思い立ったが吉日、有言実行。
そんな自分が、強くて輝いていたのだと。

年齢を重ねて、同じように出来なくなっているとしても。
過去の自分のように、またはそれ以上に。
輝きを取り戻したいと思っているのかもしれません。

興味がない分、輝きも何もあったもんじゃないですが…。



輝きを取り戻した時。
おそらくこの記事は、消去していると思います。
果たしてそんな時が来るのやら。
AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。