エイリアンの頭蓋。

テーマ:
今日は朝からレコーディング。
トレーニングを終わらせて準備を始める。

レコーディングに参加するメンバーたちは
もうすでにスタジオに入り
各所の必要なレコーディングを始めていた。


今日は長い1日となった。
レコーディングは順調に進んだが、
それと並行して新しいポーカー番組のチェックも入る。

これはまだ情報を全て出すことは出来ないが、
かなり面白い仕上がりとなった。

とにかく面白い。
まだ完成版ではないのにもかかわらず
ここまで面白い番組になるとは。
この番組を楽しみに待っててほしい。

全員が食い入るように番組を眺めながら
大笑いしている姿をみると
新しいポーカー番組が出来たことを実感できる。
早く他の収録もやりたいものだ。

番組のチェックとレコーディングを終わらせたところで
スタジオに素敵なゲストが現れる。

仲間が新しい仲間を紹介してくれた。
この彼らは趣味をそのままビジネスになったらしい。
彼らが取り扱うのは、
エイリアンやプレデターのいわゆる等身大のレプリカだ。


エイリアンやプレデターで有名なデザイナー、
【ギーガ】氏が亡くなってからその全ての権利は
ギーガ財団が持っているのだが、
そのギーガ財団から権利を買い取り
エイリアンとプレデターの頭を作り販売することを始めるらしい。

ボクがプレデターやエイリアンをこよなく愛し、
ギーガのデザインが好きだということを知って
エイリアンのプロトタイプを持って来てくれたのだ。

これは本当に嬉しい話だ。
ギーガのデザインはボクの人生に大きな影響を与えた。
ステージセットにもギーガのニュアンスやアイデアも入っている。


目の前でエイリアンの頭蓋を眺めながら、
ニヤニヤしているボクを変な目で見つめるダンサーたち。
この価値はなかなかわかってもらえないのだろう。

プレデターの頭蓋ももうすぐ持ってきてくれるらしい。
楽しみでならない。


今日は食事で仲間の誕生日も祝い、
これからテキーラ祭りが始まる。
一体何時に終わるかはわからないが
無事に帰れることだけを祈るのみだ。

それでは、
テキーラ祭りに戻ります。
みんなも素敵な夜を。

AD