DEAR MY G-LOVERS

ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガ
"GACKTのクソくだらな~い話"のコーナーから抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt

 

【GACKTオフィシャルブログ内にある画像や文章の転載について】
GACKTオフィシャルブログ内にある画像や文章は、商用ニュースサイトまたは 個人のニュースサイト・ブログ・SNSに転載することができます。(ニュースサ イト以外の商用サイト、アダルトサイト、他サイトへのリンクを促すをサイトで の転載は禁止します。)転載する際には【GACKTオフィシャルブログ GACKT.com より転載】と記載してください。
なお、弊社が不適切なサイトと判断した場合には転載を中止していただきます ので、速やかに削除して下さい。

※著名人の方などが写ってる写真は全て対象外です。別途、各事務所様に確認が必要です。

(c)G-PRO inc.


“かぎらーれた~~、
そら~~の~~し~~た~~で~~~♪♫“

ピッ、、、
・・・アロアロ~・・・。


お、元気にしてるか?
久し振りだな。
どうした、会いたくなったか?


え?
“今日も海外にいるんですか?”
・・・って・・・。


今朝、日本に帰ってきたよ。
うん、朝の7時に到着した。


え?
“なんで、日本に帰ってきたなら
連絡をくれないんですか??”
・・・って・・・。


あははは。
悪かった悪かった。
そのまま海に向かってたんだよ。
今は、海を眺めてる。



え?
“こんな寒いときに海で何やってたんですか?”
・・・って・・・。


あはは。
冬になる前に、
海に別れを告げに来たんだよ。
みんなでさ。
天気は余りよくなかったけどな・・・。


え?
“みんなって誰ですか?”
・・・って・・・。


今日は【海締め】をやろうってことで
仲間が150人ぐらい集まって
海でバーベキューやってたんだよ。


凄いことになってたよ。

今回は仲間内のバーベキューなのに
今までで一番人数が多かった。
まあ、
仲間が増えるってのは良いことなんだよ。

だから、
食べ物や飲み物を用意するのが
本当に大変だったんだけれど、
経営者の仲間や先輩達がみんな、
段取りをしてくれたんだ。
それにしても、
凄まじい量の飲み物と食料の多さだったよ。


どこかの業者かと思うぐらいの
凄まじい量の飲みものを最初見たとき
本当にビックリした。

で、朝から先輩達が、
バーベキューの用意をしてくれたんだよ。
凄い大変だったと思う。


ここまで来ると一つの祭りだよ・・・。
ボクらの遊びのレベルも
ドンドン大きくなっていくが。

嬉しいのはこんな本気の遊びに
付き合ってくれる仲間がいるってことだよ。
みんな遊びを真剣にやるからさ。




え?
“一体コレって幾ら掛かってるんですか?”
・・・って・・・・・・・。


今回は食費だけで150万は越えたかなぁ。
金額はまあいいんだよ。
お金はさ、
お金を持ってる連中で割って払えばいいわけで。
むしろ、こういう遊びを見て、
参加した若い頑張ってる連中が
“オレも顔晴ろう!!”
って思ってくれればそれでいいんだよ。

成功した経営者のみんなが
こういうことをしっかりやって
若い連中や後輩達に色々見せてやらないと
若い連中の刺激にならないだろ?


お金よりも手間だよ。
むしろ、経営者のみんなが率先して
こういうことを頑張ってやってくれることが
何よりも凄いことだと思うんだよ。

遊びに来た若い連中が、
率先して自分たちの出来るとこを
自ら見つけて手伝ってってことを
どれだけ出来るかだろ?

だって考えてみな。
これだけのことを朝から準備するだけで、
相当大変なことだぞ。




え?
“手伝わない人とかもいるんですか?”
・・・って・・・・・・・。


残念ながらそういうヤツもいる。
まあさ。
そういうことを教わる場でもあるわけだ。
こういうことを何階も経験して
自ら率先して参加していくことが
本当は凄く大切なんだよ。
それが強いては仕事や人付き合いに繋がって
自分の人生に大きく還ってくる。
むしろ、
成功している人達の方が、
そのことの大切さをよくわかってる。
色んな苦労をしてここまで来てるわけだから。


凄いことだよ。
今回、
これを率先してやってるのが
成功した経営者の人達だってことが・・・。

でも、みんな遊びを成功させたいんだよ。
だから本気で遊びを演出するわけさ。
それが若い連中に
少しでも伝わればな・・・って気持ちで
イヤな顔一つせずみんなやってるわけさ。

言葉にするのは簡単だけれど、
実際に行動するのは本当に大変なことぐらい
オマエもわかるだろ?


え?
“遊びの規模が違いますね!!”
・・・って・・・。


これはさ、
ボクらが普段常々言ってることだよ。
日本人は遊びが本当に下手だ。
仕事を一生懸命するためには
遊びが一生懸命出来ないと。

エネルギーってのは、
大きく充電する場がないと駄目なんだよ。


え?
“こんな季節だから海に入ったりなんて、
まさか・・・してないですよね??”
・・・って・・・。


あはははは。
残念。
するんです。
ボクらは『海締め』するためにここに来てるんだよ。
海に入らなかったら可哀想だろう?


遊び道具も全部持って来たさ。
全員が海に入るわけじゃないが、
気愛の入ってる連中はみんな海パン持って来て、
みんなで海にお別れを告げに行ったんだよ。


え?
“こんな季節に海に入って寒くないんですか!??”
・・・って・・・。


そりゃ、夏に比べりゃ寒いさ。
でも、海の中にずっといるわけじゃない。
“海の上”にいるんだよ。




え?
“海の上・・ってどういうことですか??”
・・・って・・・。


ボクらはさ、
今、ホバーボードにハマッててさ。
まだ日本では
ほとんど本気でやってるヤツはいないんだけれど。
いち早くこれを日本に持って来て
練習してるのがボクらだってことさ。
先ずはノリ方や遊び方を説明して
初心者でも楽しめるようにレクチャーもする。




え?
“ホバーボード・・・って簡単なんですか!!?”
・・・って・・・。


うーん、
簡単かどうかって言われたら
簡単じゃないんだろうが、
海に出てしまったらやるしかないだろ?
上手い連中のを見よう見まねで・・・、
とにかくやってみるしかないんだよ。

説明はするが、
乗ってみないと本当にわからないものだからさ。


とにかく、
最初は恐いさぁ。
ノリ方だってわからないし、
どうやって上手く乗れるかも
コツを掴むまでに相当時間も掛かるし。
でも、上手か下手かなんてどうだっていいんだよ。

チャレンジする気持ちがあるか。
実際にチャレンジできるか。
恐怖と向き合えるか。

こういうことが本当に必要なんだよ。
仕事と一緒さ。


え?
“で、みんなは上手く乗れたんですか?”
・・・・って・・・。

 

 

あははは。

そりゃ、最初は失敗するさ。
だいたい、
上昇するときは水面から10mは簡単に上がるから、
落ちる直前の恐怖感が半端ない。
落ちる恐怖と戦いながら乗るわけで、
それがメチャくちゃ恐い。

でも慣れてくると、
まるで“龍の背中”に乗っているような
そんな感覚になるんだよ。

これが本当にたまらない。
凄まじい恐怖と向き合えるかどうかだな。


・・・えッ??
“誰が一番上手なんですか??”
・・・って・・・。


うーん、結構上手なヤツは多いよ。
ウチの若手のユーキもかなり乗りこなすし、
今回初めて参加したダンサーのユースケも
かなり乗りこなしてた。


ユウキは特に上手だし綺麗だな。
高所恐怖症って言いながら
かなり高度なこともやりこなす。

アイツのノリ方が一番美しいかなぁ・・・。

龍を乗りこなすかのように
乗れるようになれば、
そりゃ、楽しいだろ?

・・・えッ??
“GACKTさんは上手なんですか??”
・・・って・・・。


ボクは上手か下手かってより、
無茶なんだよ。
みんなよりかなり攻めるからさ。
だから、かなり極だったワザになる。
でもだいぶ危ないこともするけどな。
上昇できるところまで一気にあがるから。


ボクは横ノリが好きだろ?
スノーボードにしてもそうだし、
ジェットサーフィンにしてもそうだし。
最近はウェイクボードもかなり好きだし。


・・・えッ??
“日に焼けたりしないんですか??”
・・・って・・・。


昔はさ、
何も出来なかったんだよ。
ボクは極度の紫外線アレルギーだからさ。
でも今は。
顔もカラダも全部隠せるボディースーツが
世の中に出てきたから、
それを着てこういうことが出来るようになったよ。
ガッチャマンみたいな格好で
ボードに乗ってるよ。

完全に肌を隠せるからさ。
随分こういう遊びが出来るようになった。
未だに光の下に出る時は、
相当UVカットのクリームを塗るんだけれど、
海の中だと落ちてしまうだろ?

だから今まではこういうことって
出来なかったんだよ。
本当にウレしい話だな。

こんな遊びをみんなで夕暮れまでやったわけさ。
で、さっきみんなで乾杯して終わったわけさ。

みんなでジャンケン大会して、
また近々こんな風に遊ぼうぜって約束して
終わるんだよ。


こんなイベントを定期的にやれるのも
みんな本気で遊ぼう!!って、
遊びの大切さを本当に理解してくれる、
多くの仲間がいるからなんだよ。

そんなたくさんの仲間がいるから、
こうやってみんなで本気で遊べるわけさ。


仕事があって途中で帰ったヤツも一杯いたけれど、
いい遊びが出来たんじゃないかなぁ。

素適な【海締め】が出来たと思うよ。
また、海の季節になったら遊びに来るさ。


・・・えッ?
“今度は私も連れて行って下さい!”
って・・・。

オマエ、横乗り出来たっけ?
あははは。
しっかり練習して
上手になったら連れて行ってやるよ。

それじゃ、今から東京に帰るよ。
帰って仕事だ。
また連絡するよ。
じゃな。



GACKT




ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガ
"GACKTのクソくだらな~い話"のコーナーから抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt

 

【GACKTオフィシャルブログ内にある画像や文章の転載について】
GACKTオフィシャルブログ内にある画像や文章は、商用ニュースサイトまたは 個人のニュースサイト・ブログ・SNSに転載することができます。(ニュースサ イト以外の商用サイト、アダルトサイト、他サイトへのリンクを促すをサイトで の転載は禁止します。)
 転載する際には【GACKTオフィシャルブログ GACKT.com より転載】と記載して ください。
 なお、弊社が不適切なサイトと判断した場合には転載を中止していただきます ので、速やかに削除して下さい。

※著名人の方などが写ってる写真は全て対象外です。別途、各事務所様に確認が必要です。

(c)G-PRO inc.

AD