DEAR MY G-LOVERS

ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガ
“編集後記”のコーナーから抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt

 

最近、
ブロマガを書く度に、
このブロマガを引用するメディアに
ハッキリと言わせて貰いたい。

今更“セレブ”なんて陳腐な言葉で
ボクを表現するのを辞めて貰いたい。

ボクの私生活がミステリアス過ぎる・・・とか、
収入源はどこからはいっているのか?・・・とか、
挙げ句の果てには、
セレブキャラに転向!・・・とか、
勘弁して貰いたい話だ。

 

人のことを悪く書けば
記事が読まれると思ってるような
低レベルなライターが多いのか、
それとも単純にネタにすればヒット数が上がると思ってるのか。

どちらにしても、
ボクからしたら迷惑な話だ。

このブロマガは
ボクのことをずっと応援してくれている、
“LOVERS”のためのモノであって、
陳腐なメディアにネタを提供するためのモノではない。

 

 

 

ボクは、
仲間の生日パーティーを
サプライズで開いたりして
みんなの喜んでる姿に
ただ喜んでるだけの・・・、
いわば、かなり単細胞な人間だ。

 

 

 

 

謎なんて多くない。
ただ、今までは生活スタイルを
見せてこなかっただけに過ぎない。

それがブロマガが始まって、
こうやってプライベートを見せるようになると
この言われようだ。

 

 

なんだこれ?
正直、招待されたことが
そもそも悪いことみたいじゃないか?
招待されちゃ駄目なのか?

 

あははは。。
アピールしてない、アピールしてない。

 

更新しなければいけないブロマガで
普通に自分の私生活を書いているだけ。
コイツそうとう頭が悪すぎる。

 

それに、
ボク自身の収入が多いことが
そんなに駄目なことか?

ボクの仕事は音楽や芸能だけじゃない。
他にいくつもこの10年で
組み上げた事業がたくさんある。
それをいちいち報告しなきゃ行けないのか?

「ボクは今、こんな事業が成功してます!!!」

って?
それをアピールと言うんだろう?

 

 

誰だよ?ケツ持ちって。
あと、
イメージ回復って何ですか?
あはははは。

しかも、
【セレブだと思わせたい事情があるようだ】
って、どれだけ妄想が好きなライターだよ。

っていうか、そもそも誰ですかこのライター?
“夢野京太郎”???って。
みんな知らないだろ?
コイツが一体誰なのか?

本当の夢野京太郎氏は、
1991年に死去されたルポライター、
竹中労氏の異名だった。
もちろん彼は既に他界しているわけだ。

 

つまりはこのライターは、
その彼の名を公然と騙っている
“ニセモノ”ということだ。。

 

他人の名を騙って記事を書き、
それをまた他のネットニュースが
それに疑問視もせずに取り上げる。
ここにそもそもの問題があるんじゃないのか?

本当に勘弁してほしいものだ。

 

 

 

しかも、
この自称、“夢野京太郎”が書いてあることによると、

『人気が復活すれば
新たなパトロンが見つかるという計算があり・・・』

 

あのですねぇ。。。
パトロンって・・・、ボクは銀座のママか?

 

で、
『セレブであると世間に印象付ければ
脱税関与は現金横領の疑惑も晴れるという狙いもある』

あははっ。
セレブってそんな効果があるんですか?

っていうか・・・、
今時、
こんなことを真顔で言うヤツがいること自体がウケる。
かなり頭がイタいヤツなのだろうか?

 

業界のこと、
政界のこと、
芸能界のことをさも
自分は知っているかのように文章を書くことで
ライターと名乗っていることにも
そして他人の名を騙り
ノウノウと記事を書いていることも
不思議でならない。

 

本当につまらん・・・。
日本にいても海外に住んでいても、
結局ネットのこんな下らないニュースが
スタッフ越しに飛び込んでくる。

 

 

 

今日は日本でのCMの撮影のために
海外から帰ってきたのだが・・・、
そこにやるせなすの中村くんが来ていた。

 

そして彼が声を掛けてくる。

『兄貴、お久しぶりです!
また色々と世間を騒がしてますねぇ!』

 

それはどういう意味で言っているのかと聞くと、

 

『最近、
フランスでの差別のことも
ランボルギーニが壊れたことも
ボクシングの招待のことも読みましたよ!』

 

 

 

 

・・・・・・。

なるほど・・・。
ネットニュースのことか・・・と思いながら、

「別にそんな意味で書いたんじゃない。
フランスで起きたことだって、
差別はする側にもされる側にも
問題があるってことが言いたかっただけだ」

 

と言うと、

 

『ライブドアはやたらと兄貴のネタを取り上げますね!
まあ、兄貴の名前を出せばアクセス数が上がるんですよ!」

・・・・。
困ったもんだ・・・。
本当に困ったもんだ。

 

こうやってプライベートを見せたり、
交友関係や現在どんな場所にいるのかなど、
長く会えないファンのためにやり始めたことが結局、
どうでもいいヤツに
どこぞのライターに
こんな風に利用悪用されているわけだ。

 

 

 

 

中村くんに聞いた。

「なんでこんなヤツが多いのかな?」

と聞くと、彼が答えた。

『妬みの極み!
ヒガミの極み!
そねみの極み!
若いOLなんか特にですよ!』

・・・。
なかなか、ゴロがいい・・・。
ちょっと感動した。

 

「今の言葉、感動したからそのまま載せても良いか?」

 

と聞くと、

 

『兄貴、オブラートって言葉、知ってます?
オブラートでおねがいしますよ!!!
オブラート!!!』

 

一体、彼は何に怯えているのか?

 

ハッキリ言おう。
ボクにオブラートは・・・ない・・・。

 

そんなオブラートに包めるような性格なら
GACKTなんてやってない。

 

 

ボクの名はGACKT・・・。
座右の銘は『Mr.NON OBLATE』

 

 

本当に書きたかったことは
こんなことじゃなかったんだけれどな・・・。

 

よし、
次号はドバイに招待された話でも書くか。

 

またどうせ、
招待ではなく自分でチケットを買っていった!とか、
セレブイメージ戦略とか、
言いたい放題書かれるのだろうが。
どうぞ、勝手にやってくれ。

 

うー、やだやだ。

 

だいたい、今時【セレブ】って・・・、
古いわッ!!

 

 

 

 

 

GACKT

 

 

P.S.
5ヶ月前に海外でロストした荷物が発見された。
何処の飛行場にあるのかさえ
既にわからなくなってたものだ。
キャリーバッグだけが5ヶ月間、
ずっと旅をしてたってわけだ。

 

荷物を全額補償するとか言われていたが。
金の問題じゃない。
その荷物の中身にはボクの思い出がたくさん詰まってた。

 

それがこのタイミングで見つかるなんて。
たったこれだけのことで、
気分が治った~~!!!

 

こんなボクって単細胞?

 

とにかく、、、感謝感謝。

 

編集人
神威楽斗

 

 

 

ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガ
“編集後記”のコーナーから抜粋したものです。

 

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt

AD