DEAR MY G-LOVERS

ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガ
"GACKTのクソくだらな~い話"から抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt





たとえど~んなに傷ついても~♪♫・・・・・・・、
どれだけ傷つくことにな~っても~♪♫・・・・・・・、

はい、もしもし・・・。


お~オマエか。
随分、久し振りだな。

元気にしてたか?
そうかそうか。

ボクは元気だよ。


え?
騒がしい?・・・って・・・。


あ~今、ちょうど、
イタリアに着いたばかりなんだよ。
ジェットラグでだいぶ頭がボーッとしてるんだ。

さっきまではフランスにいたんだけどな。
夜遅くてさ。

で、今朝は久し振りにパンを食べたよ。


え?
パンを食べるんですか?・・・って・・・。


いや、普段は全く食べないよ。
パンは食べないことにしてる。
唯一フランスに来たときだけ、
パンを解禁にしてるんだよ。

だから、
数年パンを食べないこともある。
まあ、
自分に対する約束だな。

そんなわけだから、
今朝は久し振りにパンを食べに朝食を摂ったわけさ。
朝早く起きてホテルのビュッフェに行ったんだよ。

ここで、
オモシロいことというか、
イベントが起きたんだよ。

こんなこと未だにあんだな!
・・・って感じで正直驚いた。


この話を聞いたらウケるぞ。
少なくともボクはウケた。
かなりな。


え?
早く教えてくれ?・・・って・・・・。


まあ、焦るなよ。
今回は、
単純に乗り継ぎでフランスに寄っただけだから
空港近くのホテルにステイしたんだよ。

昨日遅く到着したってこともあって、
シャルルドゴール空港は殆ど人がいなくてな。
びっくりだった。

で、
久し振りにエッフェル塔の近くで遅めの食事をして
そのままホテルに帰って寝たわけさ。

で、今朝早めに目が覚めたから、
ホテルのビュッフェに足を運んだわけだ。
そこで起きた出来事に
ボクは自分的に大笑いだったというわけさ。

ビュッフェに入り見渡すと、
客は誰もいない。

ボク一人だから何処でも座れるような状況だった。
で、入り口近くの席に座ろうとすると、
店員が慌てて駆け寄ってきて
奥の席に座れと指示をしてきた。

ここに座るな・・・みたいな感じだ。

まあ、店内も空いていたから
別に気にもせずに言われるがままに移動したんだよ。
外の景色が見たかったボクからしたら
入り口の景色が見える席が良かったな・・・とは思ったんだけれどな。

まあ、いいか・・・と思いながら席を移動して
奥の席でカプチーノとクロワッサンを食べていた。

暫くすると、
白人の客が何人かビュッフェに入ってきた。
で、さっきボクが座ってた席を指さして座ったわけだ。

ボクは、

『あれ? あの席・・・駄目だったんじゃなかったっけな・・・』

と、思いながらその様子を暫く見ていた。
他の白人もその入り口辺りの景色の良い席を
まばらに座り始めた。

ちょっと、
なんか気にくわなかったボクが
その様子を暫く見ていたら
今度はアジア人が何人かビュッフェに入ってきた。

で、
彼らがその入り口近くの席に座ろうとすると、
店員がボクが座ってる辺りを指さして
そこには座るな、
こっちに座れと指示をしてる。

おいおい、
こんなことってあんのか??って思いながら
更に店員の様子を暫くずっと見ていた。

10分も経たないうちに
中国人の団体が続々と入ってきた。
もちろん、
彼らも入り口近くに座ろうとしたが、
全員がことごとく、
奥の席に無理矢理通されて
所狭しとドンドン座っていって
挙げ句の果てにはボクが座ってる周りは
アジア人・・・、
まあ、正確にはボクを覗くと
ほぼ中国人と韓国人でパンパンになった。

もう座席は一杯だ。
相席もほぼ出来ないような状況だ。

で、さらにアジア人がビュッフェに入ってきた。
もちろん、
ボクの座ってるエリアはパンパンだ。

その客は入り口近くの空いてる席に座ろうとすると、
店員がまた同じように指示を出した。

『向こうに座れ』

と。
あははははははは。

わかるか、これ?
ものすごく分かり易い差別だよ。
まあ、彼らからしたら差別も区別も
大した差はないんだろうが。

オーナーに言われてなのか、
ホテルの方針なのかは知らない。

あからさまに空いてる入り口近くの景色の良い席と、
明らかにダダ混みの奥の景色も見えない席。

むかし、
南アフリカのアパルトヘイトや
アメリカの奴隷制度があった時代に
黒人が入れないBARや店が多々あったり、
電車の車両も空いてる白人車両と、
ダダ混みの黒人車両の映像を
映画では何度も見ていたし、
知識としてはもちろん、知っていたわけさ。

ところがだ。

まさか、自分がこんな風に
あからさまに差別を受けるとは
思っても見なかったから大ウケだよ。

どの国に行っても、
アジア人は未だに差別を受けることがある。
昔、20年前にフランスに来た頃は
その差別も本当に酷かった。

アジア人に対する扱いがあからさまに酷かった。
ここ最近になってマシにはなってきていたが。

こんな風に
未だに残ってるんだな・・・と思うと笑いが止まらなくてな。

え?
で、どうしたのか?・・・って・・・。

あはははは。
そのまま、一度、店を出たんだよ。
で、2分後にもう一度入っていった。

それで、
入り口近くの席に座ったよ。
さっきの店員が同じようにまた来たわけさ。

『向こうに座れ』

と。
で、笑顔で彼に質問した。

『なんでだ? 分かり易いように説明してくれ』

って。
そしたら店員がゴモゴモと何か言ってる。
よく聞こえないから、

『大きい声で、わかりやすく言ってくれ』

と言うと、
諦めたのか向こうに行って他の店員となにやら
ボクを見ながら話していた。

あはははは。
こういうことって未だにあるんだよなぁ・・・。
ウケたよ。
ウケた。

え?
ムカつかなかったの?・・・って・・・。

あははは。
ムカついたから何か変わるわけじゃないだろ?
ムカついて文句言って何もしないのは、
愚の骨頂だよ。

だったら、
笑ってサラッと行動した方が
よほど意味があると思わないか?


朝からウケる出来事でスタートだよ。
もちろん、
彼らには彼らの言い分があるんだろう。

正直、
ボクだってマナーのない中国人の団体客を見ると、
ガッカリすることだって多い。

空港のエレベーターを待ってると、
中国人の団体客は並んでいることなんて全く無視して、
扉が開いた瞬間に我先にと飛び込んでくるヤツも多い。

『順番を守れ!』

と中国語で言っても誰も聞きやしない。
そんなマナーのない奴等に
ウンザリしている色んな国の人も多いんだろう。

もちろん、
中国人全員がそういうわけじゃない。

少なくともボクの周りにいる中国の仲間は
みんな品が良い。

結局は国がどうこうって話じゃなく、、
教育をしっかり受けているヤツはマナーも守れるし、
そうで無い者はマナーもクソもない・・・、
ってことなんだろう。


店の人間だって、
誰がマナーがまもれて、
誰がマナーがなってないなんて、
瞬時にわかるわけがない。

だから、
それなりにルールを決めて対応してんだろうなぁ・・・と
あとあと思ったわけさ。

もちろん、差別や区別が良いとは思わない。

でもな、
世の中はいつも
差別する側に問題の焦点を当てることが多いが、
される側にもそれ相応の問題が必ず存在するってことを
みんな解ってるはずなのに触れないだろ?

それじゃ、
根本的に何も解決しないんだよ。

何が言いたいか、
上手く纏められないが・・・。
そんなことを朝からずっと考えていたよ。
解決するには難しい問題なんだろうが、
結局は教育レベルがあがらないと
解決しないのかな・・・とか、
これは親の問題なのかな・・・とか、
色々考えてたわけさ。

最近の日本人もマナーのないヤツが多いだろ?

国の問題じゃない。

あ、そろそろ行かないと。
また連絡してくれ。


え?
いつ帰ってくるの?・・・って・・・。


さあな。
気が向いたら帰るよ。

じゃな。
良い子にしてな。


GACKT




ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガ
"GACKTのクソくだらな~い話"から抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt

AD