DEAR MY G-LOVERS

ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガから抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt




あっという間のリハーサル最終日・・・。
なんのリハーサル?・・・だなんて、

そんなこと聞くもんじゃない。
オトコには言えないことだってあるんだ・・・。

 

まったく時間のない中で
みんな必死にリハを敢行。

だいぶ纏まってきてはいるが、
正直もっと時間が必要なのが本音だ。
でも、死ぬほど忙しくて
全員のスケジュールもなかなかあわない。

リハの合間合間でレコーディングも
平行して行ってるものだから正直、
体は外も中もバッキバキになってる。

義経秘伝第二章の舞台が終わって
すぐの話だったから
あの舞台の余韻に浸ることなく、
今こうやって突っ走ってるわけだ。

こんな風に客観的に自分を見てみると、
体型も一回り小さくなった。
もちろん、敢えて一回り下げたのだが。

 

舞台が終わったことで
体型を大きく見せる必要も無くなったから。

とは言っても、
バッキバキなのは相変わらずだ。
かなり絞っているから、
今は“脱いだらすごいんです・・・”って体だ。
“美味しいカラダ”が、ボクのテーマだからさ。

そして、
何故か必死にドラムの練習もしている。
正直、この練習が一番キツい。
普段叩いてないものだから
笑えるぐらい指がボロボロになってる。

朝、指先の痛みで目が覚める。
色んな箇所に痛々しい絆創膏が目立つ。
これもこの時期ならではのことだ・・・。
皮はベロベロにめくれ、
日増しに強くなっていく。

そして・・・、
何故かギターまで練習してる。
一体何のために・・・。

 

そんなこと言えるわけ無いだろ?
オトコには言えないことの一つや二つはあるもんなんだ・・・。

にしても・・・、必死だよ。
こんな風に必死になれるものが存在するということに
心から感謝すべきだ。

久し振りに集まる音楽チームの連中の顔に
安心感さえ覚えている。
このチームでモノを作ることも随分、
長い年月を費やしてきた。

気がつけば、
もう16年もこのチームでやり続けてるわけだ。
新しいスタッフも増えたりもしてるが、
主要なところはしっかりと
わかってる古い仲間が押さえてくれている。

そしてこの数日間、
スタジオの練習の合間に多くの仲間も訪れた。
韓国から見学に来た仲間もいる。

 

みんな疲れてはいるものの、
今日が最後のリハだってことに集中して
一つ一つ確認をしている。

そして更に・・・、
何故か・・・、
あのX JAPANの故TAIJI氏のベースまで
この現場に届いている・・・。
いったいこの現場に何が起きているのか・・・。

ベースのSATOも感慨深い想いで
このベースの重さを噛みしめていた。
なんか・・・、すごいことになってる・・・。

 

ところで今更だが・・・、

今回のリハは一体・・・、
何のためのモノなのだろう?

 

いやいやいやいや、
ボクだってわからないことはたくさんある。
なんのためのリハであることがわからないことだって
たまにあるもんなんだ・・・。

 

まあ、無茶苦茶な話だが・・・。

 

あんまり難しいことは言わないでくれ。
今は一杯一杯だから。

 

でも、これだけは言える。
この全てのリハは、
オマエの笑顔を見るためのモノ。

 

それがわかれば十分だろ?

 

それじゃ、
そろそろリハに戻るよ。
練習に集中しなきゃ。

 

ボクの名はGACKT。
座右の銘は『Mr. PAINKILLER』

 

オマエの心の痛みはボクが取ってやる。
一緒に大声出そうか?
心が空っぽになるまで。

 

そうすれば、
その後には笑顔が残る。


GACKT




ボクのイマの声は
GACKTブロマガに載せてるから、
全てを読みたい人はブロマガでチェックしてくれ。

※この記事はGACKTブロマガから抜粋したものです。

【毎月3回配信】
http://ch.nicovideo.jp/channel/gackt

AD