2014年03月24日(月) 16時06分42秒

「ガチバン クロニクル」初日舞台挨拶レポートアップ!

テーマ:最新情報
最強・最狂・最凶の3番長勢揃い!旋風荒ぶる!シリーズ節目の第20弾!「ガチバン クロニクル」の初日舞台挨拶を3月22日(土)、東京・シネマート六本木にて行いました。
佐野和真さん、窪田正孝さん、荒井敦史さん、上鶴徹さん、鈴木身来さん、元木隆史監督が登壇しました。


<左から 鈴木身来さん、佐野和真さん、窪田正孝さん、荒井敦史さん、上鶴徹さん、元木隆史監督

【舞台挨拶】
佐野和真さん:

みなさんこんばんは。森紋児役の佐野和真です。今回20作品目ということで。いや~嬉しいですね!

窪田正孝さん:
みなさんこんばんは。記念すべく20作品目。
紋児番長やめるってよ。今日は初日舞台挨拶に来て頂いてありがとうございます!

荒井敦史さん:
紋児ヤンキーやめるってよ、主演の紅井レオです。本日は宜しくお願いいたします。

上鶴徹さん:
堤恭平役の上鶴徹です。こんばんは。よろしくお願いします。

鈴木身来さん:
松田正樹役の鈴木身来です。よろしくお願いいたします。

元木隆史監督:
監督役の元木です(笑)。これをい言うために来ました。よろしくお願いします。

MC:台本を読んだときどう思いましたか?

佐野さん:
特にダンスが新しい試みだなと思いました。役者とは何なのかとか台詞を言いながら、自分にも問いかけながら演じていましたので、とても勉強になった作品でした。

窪田さん:
今日調子悪くない??

佐野さん:
悪くないよ!すごくいい感じ!

窪田さん:
僕は、ああ。ダンスするんだって思いました。

荒井さん:
2度見しました。ダンスがあるというので。

上鶴さん:
マネージャーさんにはっきり言いました。ダンスはだめだってって(笑)

鈴木さん:
ダンスなくてよかったって思いました。

監督:
僕もダンスなくてよかったって思いました。

MC:実際演じてみてどうでしたか?

佐野さん:
スター感がないと言われてすごくショックでした。あと、3人並んだ瞬間を映像で見たときに、ちょっと鳥肌が立ちましたね。勇人と紋児が並んでるって。

窪田さん:

ずっとこのみんなでやっているのですごく信頼感がありました。だから、掛け合いがいいなぁ。数あるヤンキーものの中で「ガチバン」は突出していいなぁって思いました。

荒井さん:
レオっぽい台詞があるじゃないですか。キャメラという台詞を言うのに一生懸命でした。「キャメラ回して」って、発音あってるのかなって。

上鶴さん:

台本を読んだ時は不安でしたが、演じてみて身来くんも踊れよって思いました。

鈴木さん:
先輩方がダンスの練習を一生懸命やっているのを見て、ヨイショしてました。今回ダンスはできなかったのですが、メンバーの中で1人だけ輪からかけていくという重要な役どころをやらせて頂いたので、ダンス分の労力は頑張れたかなと思います。

MC:みんなを演出してどうでしたか?

監督:
何にも演出してないですから!みんなが演じていたのをケタケタ笑って見ていただけですから。でも、それぞれのキャラクターを崩さないで分け隔てなくやりたいなと思ってました。

MC:どのシーンが印象に残りましたか?

上鶴さん:
窪田さんのスタンバイの仕方が印象的でした。体育館でダンスをするぞってなった時に、ずっとバスケットゴールにぶら下がって身体を伸ばしていたのが。

佐野さん:
3人並んだ瞬間が印象的でした。僕って背が小っちゃいんだなと思って(笑)
あとリンゴをぶわっと潰してすごかったですよね!?

監督:
まああれは空洞なんでね(笑)

佐野さん
言っちゃだめですよ。それは。
どんだけ握力鍛えたと思ってるんですか?って話をしようと思ったのに!

窪田さん:
僕はレオですかね。体育館で夜ひとりで光に照らされながら、黙々と踊っているシーンで、こんな一面あるんだって思って。勇人と常にバチバチしているんですけど、ああいうのが見れてすごく貴重だなと思いました。

荒井さん:
嬉しいッス。

鈴木さん:
窪田さんがダンスを終わった後、衣笠じゃなかったと知った時の表情です。あの表情は僕もあと10年ぐらいがんばらないと出せないなと思って。
この先輩方に囲まれてお芝居ができたのが幸せで、ありがとうございました。

ここでお客様からの質問コーナーに

質問:ダンスシーンは何回でOKがでましたか?

監督:
2回ぐらいで揃いました。そのまま5回ぐらい撮ってOKでした。

佐野さん:
さすが!すごい!

質問:ここを観て欲しかったいうシーンはどこですか?


監督:
ヤンキーが踊っているというところですかね(笑)

質問:心愛はどこに行ったのですか?

荒井さん:

北海道出張してます。…面白くなかったですか?

質問:劇中のダンスシーンとエンドロードのダンスシーンは一緒ですか?

監督:
一緒ですね。エンドロールは皆に覚えて踊ってもらおうということで、長くなってます。

最後に一言

佐野さん:
20作品目ということで、長い間やっていると、外で
紋児が好きです言って下さる方も増えまして、それがすごく嬉しいです。これからも続けて、ダンスだったり色々なことに挑戦したいと思ってますので、「ガチバン」を末永く応援をよろしくお願いいたします。

窪田さん:
この時代に20作まで続くというのはすごいことだと思います。それは本当に皆様のおかげだと思っております。もっともっと皆さんに楽しんで頂けるようにスタッフ・キャスト一同頑張ります!よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました!

荒井さん:
自分にとっては4作品目として参加させて頂けたことが本当に嬉しいです。台本を読んだ時には本当に二度見しましたが、これからどんな内容になっても、レオとして頑張りたいと思います!ありがとうございました。

上鶴さん:
こうやって携わらせて頂き感謝しております。次はスポーツをやるのではないかと思っておりますので、運動しておきます。頑張りますのでよろしくお願いいたします。

鈴木さん:
20作品目という記念すべき作品に参加することができて本当に嬉しく思っておりますし、こうやって先輩方と同じ空間で仕事をさせて頂くことができて幸せだなと思います。これからも「ガチバン」は続いていくと思いますが、よろしくお願いいたします。

監督:
すみません。ふざけ過ぎました。真面目に話をするためにここにき来ているのですが、ついついふざけてしまって。
楽しんで観ることができるヤンキーものを作るということで始まったので、今回20作品目で原点に戻れたかなと思っております。20作続いた要因は役者陣が真剣に取り組んでくれている結果だと思います。これからもふざけたガチバン、真剣なガチバン、色々あると思いますが、俳優の素晴らしいヤンキー映画を観続けて下さい!!

「ガチバン NEW GENERATION1&2」公式サイトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。