gabrieliのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

久々にWZR-HP-G300NHのdd-wrtのファームを更新しようと最新の2012/07/20のr19519のを入れた。再起動したら、DIAGのランプがつきっぱなしでその後反応なしの状態になった。よく見たら違う機種のファームを入れてしまった。一巻の終わりか?と思ったが、ネットをいろいろ見たらシリアルコンソールがあれば復旧できるらしい。


結論的には以下のページを参考にやったら復旧できた。

http://d.hatena.ne.jp/marqut/20110821

http://d.hatena.ne.jp/marqut/20110819

写真は出ないけどわかりやすくまとまっていてあまり迷わなかった。ありがたや。

私も電子工作の知識など全然ないが、それほど難しくなかった。TeraTermも仕事で使ってるし。

私なりに補足を入れたい。


●補足①
「USBケーブル(100円ショップで売ってるもの。 ばらして使う)」だが、PCショップで売ってるUSBのピンケーブルの延長のやつ(正式名称不明)があれば十分。はんだ付けとかは必要ない。


メスの方をFT232RLに接続。
gabrieliのブログ


オスの方をルータ側へ。
gabrieliのブログ


ドアップ。ピンを最後まで差し込まず、4mmほど浮かして、斜めに少し力がかかるようにする。接触が悪いとうまくいかない。奥までさすと接触がうまくいかないので注意。

gabrieliのブログ


●補足②

Windows7 64bitでも問題ないとのことだが、私の環境では「Poor tftp for Win32」が起動してくれなかったので、仮想マシンのXPを起動してそこでPoor tftp for Win32を起動しておいて使った。TeraTermでの操作はWindows7 64bitからでも問題ない。仮想マシンがない場合は素直に32bitのOSでやった方がいいと思う。



純正ファームの更新時にキャンセル押してもファームが壊れるらしいこの機種は、たぶん壊した人たくさんいると思う。

修理費用はシリアルコンソールFT232RL USBシリアル変換モジュールが980+送料500で1450円。あとケーブルが数百円。約2000で復旧できた。

WZR-HP-G300NHが壊れたという人で時間のある人はやってみたらどうでしょうか。




PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

とあるマシンからのファイルコピーがすごく遅かった。ギガビットLANなのに。でもよく見てみたら100Mbpsでの接続になっていた。どおりでファイルコピーとか11MB/sくらいしか出ないわけだ。ケーブルを変えてみたら1Gbpsで接続された。ファイルコピーが50~60MB/s出るようになった!

やはりケーブルは重要だなと再認識した。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

WZR-HP-G300NHから自分の部屋まで5m位のLANケーブルを引いて、さらに100Mbpsのハブを使い、2,3台のPCで使っていた。その時WZR-HP-G300NHにつけたHDDへのアクセス速度は以下。


gabrieliのブログ

読み込み8.7MB/sだと、70Mbpsくらいは出てるのかな。このままでもそれなりに速度は出ている。なぜか書き込み速度の方が早い。不思議だ。

1回PCとWZR-HP-G300NHを直結してみたらスピードが上がることが判明したので1Gbpsのハブを買った。


んで以下が1Gbpsのハブに変えた後。
gabrieliのブログ

おー少し早くなった!!何十GBのファイルも多い昨今は速度が非常に重要。

WZR-HP-G300NHのNAS機能だとこれが限界みたいだ。もっと早いNASが欲しくなってしまった。


ちなみにハブは、バッファローの「LSW3-GT-5EP」。アマゾンで2241円。安いもんですな。

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード