アトピー卒業セラピー 治療の効果を高めるストレス解消のコツ

アトピーの悪化の原因には、ストレスが大きくかかわっています。

脱ステロイドやステロイドの治療中の不安など、ストレスを解消しながら、アトピーの治療に良い影響を与えて回復を早めませんか。

NEW !
テーマ:
● 「うちの子が、何回言ってもアトピー治療を真剣にしないんです。どうしたらいいですか?」

こんにちは、荒井佐知です。

ランチ会やお茶会で、ときどき、こういう質問を受けることがあります。

「うちの子が、何回言っても、アトピー治療を真剣にしないんです。どうしたらいいですか?」

「ちゃんとしないとアトピー治らないよ!って言っても、私の言うことを聞かなくて…」

質問してくる方のほとんどが、お母さんです。

ごくまれに、お父さんもいるかな。

だいたい似たような質問を受けるので、私の考えをお伝えします。

今日は辛口な表現もあるので、苦手な方は、見ないほうがいいと思います。

さて、どうして親は、子供を自分の思うようにしようとするのでしょうね。

物心がついていて、自分の意見を持っている子供を、どうして親の思ったようにさせようとするのでしょうか。

親ですもの、子供の心配をするのは分かります。

だたね、親だからって、子供の気持ちを横に置いて、自分の言うことをきかそうとしてもいいのですか?



親がよく使うセリフでね、あなたのことを心配しているから…とか、あなたの将来を思って…とか言いますが。

この言葉って、ズルイですよ。

最強の切り札じゃないですか。

この言葉は、子供の罪悪感を刺激します。

だから、本当は嫌だけど、しぶしぶ、親の言うことを聞く子供も出てくるのですね。

子供は、自分のためのアトピー治療ではなく、親のために自分の心にフタをしたまま、アトピー治療をすることになります。

子供が、

「親が私の気持ちを理解してくれない!」

と思うときはね。

親が心配という切り札を使って、子供の気持ちを横に置いたまま、親の言うことをきかせようとしているときなのでしょう。



子供が治療を受けてくれないと言う親は、なぜ受けないのか、子供に聞いたことはあるのでしょうか?

子供の気持ちを聞いたことがあるのなら、なぜ子供の気持ちを横に置いて、親の言うことをきかせようとするのでしょうか?

子供にアトピーが出たときに、自分の責任だと感じる親もいます。

だから、どうにか治してやりたいと、必死になるのも分かります。

でもね、親の罪悪感を、子供のアトピーを治すことで、解消しようとしないでください。

子供には、親の罪悪感は関係ないのです。



子供が、将来アトピーで、苦労しないようにしたいと思う親もいるでしょう。

どうして、わが子が苦労すると、今から決めているんですか?

親から見れば苦労のように見えるできごとも、子供からすれば、そうじゃない場合もあります。

親の物さしだけで、子供の人生を決めないでください。

もし、子供が苦労をしたとしても。

苦労する経験をすれば、この先おこるであろう困難も、自分で乗りこえる力がつきます。

幸せな人生を歩んでいく力が、ついてくるのです。

アトピーの子供をかかえる親は、もっと自分を信じてみませんか。

自分のことが信じられないと、子供のことだって、大丈夫だと信じられません。



最後に…。

親が思うよりも、子供は強く生きていける力があるのです。

親の言うことをきかせる前に、子供の気持ちをしっかりと聞いて、子供がどうしたいと思っているのかを、親がいったん受け止めてください。

アトピー治療うんぬんの前に、親から子供へ、心の中に持っている愛を、たくさん注いでくださいませ。

親から注がれた愛と、親が無条件に信じてくれている事実は、アトピー治療をおこなっている子供の、心の支えになるのですから。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(17)  |  コメント(2)

テーマ:
● 西梅田のポンテベッキオでランチ会♪

こんにちは、荒井佐知です。

水曜日に、仲良くしてくださるブロガーさんと、ランチをしました。



めちゃくちゃオシャレな、ポンテベッキオの個室でランチ♪



私を含め、3人が誕生日だったので、お祝いをしてくださったんですね。

私にピッタリの、アクセサリーのプレゼントをいただきました(´艸`*)



自分で言いますが、本当に似合ってるんですよ(笑)

ヘビロテ決定です(笑)

最後のデザートには、チョコレートでおめでとうのメッセージが!!



ウウウ…ウワーーーーーーーンヽ(´□`。)ノう゛れ゛し゛い゛♪



あ、後ろに加茂さんが(笑)

アクセサリーを選んでくださったのは、今の3倍美人になる!魔法のファッションコーデ(大阪、吹田):加茂陽子さん

当日、着ていた白のジャケットも、少し前に、加茂さんが選んでくださったんですよ。



生理痛・妊活・更年期がラクになる:竹谷富士子さんと♪



オシャレな個室のレストランをセッティングしてくださったのは、浮気な彼に1番大切にされる・愛される占いカウンセリング:サラサまみさん

私とお誕生日が近い、東大阪・リフレクソロジー足裏から体を丸ごと体質改善するサロン:山本八栄子さん

同じくお誕生日が近い、離婚寸前の夫婦がどんどん自由で円満な夫婦になるカウンセリング:太田起代さん

いつ見ても肌がきれいな、豊中曽根駅アロマエステサロン 美白・美肌力アップするフェイシャルエステの清水志保さん

私たちは、定期的に集まって、ランチをするんですけどね。

他の人には言いにくい話も、ここにいる皆さんには話せるというか。

そういう人たちがいるって、幸せなことだと思います。

楽しかった~(●´ω`●)


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(10)  |  コメント(4)

テーマ:
● 「お金を払ったんだから、私のアトピーを治してくれるんですよね?」

こんにちは、荒井佐知です。

あなたは治療費に、どれくらいのお金を費やしましたか?

もう何年もアトピー治療をおこなっているなら、そうとうたくさんお金を使ったと思います。

効果があったもの、そうでもなかったもの。

いろいろとあったことでしょう。

ところで、お金って、たくさん使えば使うほど、使ったものに対して期待します。

「私のアトピーを治してくれるんですよね?」

という期待です。

でね、アトピーが良くなる人と、良くならない人の境目はここ。

・お金をかけた治療や物に、●●してほしいと●●して期待すること

なんですね。

あら、伏字が多くなった^^;

ヒントは、お金をかけた治療や物に、大切にしてもらおうとすること。

自分が不在になってしまうのです。

アトピーが良くなる人は、ヒントとまったく逆のことをしているから、改善していくんですね^^

続きは28日の20時に、こちらでお伝えしますね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(7)  |  コメント(0)
● 人から嫌われることは、好いてくれる人とつながるために通る道なのです。

こんにちは、荒井佐知です。

私たちのアトピーが目立つとき。

見た目のせいで、心ない言葉を言われた経験が、一度くらいはあると思います。

だから、人から嫌われないように、人の顔色や機嫌をうかがって、人に合わすことを覚えるのでしょう。

私は、それがダメだとは思いません。

なぜなら、心ない言葉でたくさん傷ついてきた自分を守るために、必要だったからです。

そして、そうすることで、心の平和をたもってきたからです。

しかし、自分を守るために必要だったものに、違和感を覚えたり、疲れてしまうなら。

もう、人から嫌われないようにする生きかたは、卒業する時期です。

ええ、人から嫌われるかもしれないのは、コワイと思います。

そういう私も、人から嫌われるのは嫌です^^;

ただ、自分の心をいつわって、人の色にそまって生きるのは、とってもきゅうくつなんですね。

無理をして、人に合わせない選択ができたとき。

本当に心を許せる人たちと、つながっていきます^^

人から嫌われることは、好いてくれる人とつながるために通る道なのです。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(11)  |  コメント(0)

テーマ:
● 家族に文句を言われたくないから、アトピーでつらくても掃除の手抜きができません

こんにちは、荒井佐知です。

部屋の掃除って、毎日していますか?

アトピー患者にとって、部屋がきれいなことは、アトピーを悪化させない条件に入ります。

とはいえ、アトピーが目立ってきて、ぐったりしてしまうときは、掃除したくない日もありますよね^^;

私も、毎日こまめに部屋の掃除はしていますが、たまにお休みする日があります。

もし、アトピーが悪化して疲れやすいときに、掃除を休めるなら。

きっと、もっと楽に、毎日をすごせるようになりますよね^^

じゃあ、今日から、

「アトピーが悪化して疲れやすいときは、手抜きするか、すっぱりと掃除を休もう」

なんて言われても、いきなりはできません。

そりゃあそうです。

だって、手抜きをする生活に慣れていないのですから。

それに、掃除を休んだりした日には家族から、

「アトピーが悪化したとか言ってなんにもしないなら、せめて部屋の掃除くらいしたら」

なんて、たまたま掃除を休んだ日に限って、言われるかもしれないでしょ?

アトピーが悪化して疲れやすいときに、すっぱりと掃除をしないことはできなくても、できることから、少しずつしていきましょ^^

と、ここまでは、このブログでも、よくお話しています。

でも、でも、でも!!!!

できることからしようと思っていても、時間がたてば、掃除が手抜きできないことに、目がいきやすいのですね。

・アトピーが悪化して疲れやすいときは、手抜きするか、すっぱりと掃除を休もう

これはゴールです。

さっきも言ったように、今まで、やり慣れていないことを、しようとしているんですもの。

ちょっとやそっとでは、すぐにゴールにはいけません^^;

すぐに、ゴールを目指すのではなくてね。

何年かかっても、ゴールに近づくことができれば、それでいいんです^^

でね、掃除の手抜きも、掃除を休むことも、まだできるかどうか分からないけど。

ハンディタイプのモップで、ササッとカンタンにすますなら、手抜きって言うほどでもないし、掃除した雰囲気も出て気持ちが楽になるなら。

それをしていけばいいんですね^^

これが、ゴールに向かう、一歩になります。

ええ、難しく考えなくてもいいんです。

ゴールに向かうはじめの一歩は、これくらいでいいんですよね。

今やれと言われてできないことよりも、気持ちが楽になりそうなことで、今できることをする。

これだけです。

ということで、今日は私も、掃除を手抜きしていますよ~(笑)

あ~、楽ちん楽ちん^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(13)  |  コメント(2)

テーマ:
● 病院で先生に質問したら、あっさりした返事が返ってきた。私よけいなことを言った?先生を怒らせた?

こんにちは、荒井佐知です。

病院で先生に質問したら、あっさりした返事が返ってきた。

自分の頑張りを認めてくれるような、気持ちがあがる返事がくると思っていたのに。

先生は表情ひとつ変えず、あっさり返事して診察はおわり。

私よけいなことを言った?

先生を怒らせた?

こういう状態になったときは、先生にどう思われているのか、めちゃくちゃ気になりますよね^^;

私も、アトピー治療を始めた当時は、同じような経験をしました。

毎日、診察をしている先生にとってはごく当たり前のことも、患者からすれば、それが分からなくて、不安の材料になってしまうこともあります。

信頼している先生だからこそ、ほんのちょっとしたことでも、ほめられるとうれしいし、頑張りを認めてもらえるとうれしいですよね。

しかし、これは、先生に自分が振り回されている状態。

先生の表情や言葉に、気持ちがあがったり凹んだりしているのですね。

と同時に、知らないうちに

「私を悲しませないで、私が元気になるようなことを言って」

と、相手に期待し、相手に求めているんです。

じゃあ、どうすれば、先生の表情や言葉に振り回されなくなるのか?

自分で自分の頑張りを認められたら、先生の表情や言葉に振り回されにくくなります。

たとえ、診察中に、先生のひと言で凹んでしまってもね。

自分のことを認めていると、わりとすぐに心は回復するのです。

さて、人は誰でも、認めてほしい気持ちがあります。

それを、いつどんなときでも満たしてあげられるのは、自分だけなのですね。

「先生の表情や言葉で凹んでしまうよね」

と、凹んだ自分も良いと認める。

アトピー治療で、これは頑張った!と思うことも、認める。

いつどんなときでも、悲しい気持ちになっても、うれしいできごとが起こっても、そのとき感じた気持ちを認める。

否定するのではなくて、

「そう思うよね、そうだよね」

と、ただただ、認めるだけです^^

これね、凹んでいるときは、自分を責めたり、否定する気持ちが出やすいですが、それも認めてみてくださいね。

自転車に乗れるくらい、当たり前になるまでできたら、先生の表情や言葉に振り回されにくくなりますよ。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。

いいね!(22)  |  コメント(0)

テーマ:
● ひと手間かけて、お肌復活!キッチンペーパーパックで敏感になったお肌のケア♪

こんにちは、荒井佐知です。

季節の変わり目で、お肌が敏感になってきたので、キッチンペーパーパックを再開♪

キッチンペーパーパックとは、文字通り、キッチンペーパーに化粧水をしみこませて顔にのせるパックです。

私が使っているキッチンペーパーはこれ。

ライオン リードヘルシークッキングペーパー レギュラー 40枚入/ライオン株式会社

¥価格不明
Amazon.co.jp

シートが厚手で、顔にのせたときに、引っぱって伸ばしやすいんですよね。

今は、顔に刺激をあたえたくないので、キッチンペーパーパックは、めちゃくちゃ重宝します。

キッチンペーパーパックの、顔型の作り方はこちら

ひと手間かけると、肌の調子も大きく崩れることなく、少々荒れたくらいなら、すぐに良くなります^^

あ、そうそう。自分にひと手間かけるっていうのは、自分を大切な人としてあつかっているからできること。

いつもの私なら、朝と晩にキッチンペーパーパックをするなんて、面倒くさいと思ってしまうんです。

でも、あえて、面倒くさいを乗りこえて、ひと手間かける。

自分への愛がなければ、面倒くさいことはできません^^;

手作り化粧水も、遠慮なくバシャバシャ使いますよ。

ま、手作りなんで、コスパが良いんですけどね。

バシャバシャ化粧水を使っている時点で、セレブな気持ちになれますから~(笑)

おかげで、肌の乾燥も、少しずつ落ち着いてきました。

肌への刺激を少なくしたいとき。

潤いが欲しいときに、キッチンペーパーパックはおススメです♪


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(21)  |  コメント(0)
● 「大丈夫。動いていたほうが、じっとしているよりも楽だから」平気なフリは、人からの助けを遠ざける

こんにちは、荒井佐知です。

いつもと変わらずに、元気で明るくふるまっている友だちを見たとき。

実は、友だちが、とってもつらい気持ちをかかえていることに気づく人は、はたして何人いるでしょうか?

たぶん、ほとんどの人が気づかないと思います。

だって、いつも通り、元気で明るいんですもの。

どんなときでも、元気で明るくいることが良いと思っている人はね。

体調を崩していても、たぶん、こんなことを言うんじゃないかなと思います。

「大丈夫、平気だよ。動いていたほうが、じっとしているよりも楽だから~^^」

本当は平気じゃなくてもね。

体にムチ打って頑張っていてもね。

精神的にキツくて、心が不安定になってもね。

平気なフリをする人は、人に迷惑がかかるのを、避けたいかのもしれませんね。

人から心配されれば、申し訳ない気持ちが、出てくるのかもしれませんね。

だから、みんなの前では、平気なフリをしてしまうのでしょう。

これこそが、人に迷惑をかけたくないのに、逆に思いっきり迷惑をかけることになります。

・体調が悪いのに、無理して頑張る

・なかなか良くならない

・さらに体調悪化

・こんなにも頑張っているのに、誰も認めてくれない。イライラしたり凹みやすくなる。

・倒れる寸前までいって、頑張れなくなる

・治療に時間がかかってしまう。その間、誰かが長期にわたって穴埋めする

とくに、これ。

・こんなにも頑張っているのに、誰も認めてくれない。イライラしたり凹みやすくなる。

体調不良のなか頑張っているなんて、本人が言わないと、周りの人は気づきません

無理に明るくふるまって頑張るほど、

「なんだ、たいしたことないじゃない」とか。

「本人が大丈夫って言っているんだから、大丈夫でしょ」とか。

周りからそう思われます。

そして、平気なフリをすればするほど、助けて!が、ますます言えなくなります。

つまり、平気なフリをしているあいだは、誰もその人のSOSに気づかない。

誰も、手助けしない。

これって、自分の首を、真綿でジワジワと絞めているんです。

大丈夫でもなく。

平気でもないなら。

平気なフリは、人からの助けを遠ざけるだけ。

本当に、人の助けがいらないなら、そのままでもいいんですけどね。

誰かに助けてほしい、甘えたい、大丈夫じゃないって言いたいなら。

体や心がしんどいときに、平気なフリはいりません。

助けてほしいときに、人に「助けて」って言うとね、自分が思っているよりも、人は助けてくれますよ^^

後は、平気なフリをするかしないか、自分で決めるだけです。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(14)  |  コメント(0)
● 悲劇のヒロインから幸せのヒロインになれるその日まで、苦い経験も必要なんです^^;

こんにちは、荒井佐知です。

世の中には、自分の思い通りにならないことがあります。

今さら言われなくても、誰もが理解しているでしょう。

ただ、頭で理解していても、いざ自分のこととなると、思い通りにいかないときに、腹を立てる人も少なくありません^^;

友だちに相談をしても、期待していたような返事が返ってこなかった。

「友だちなら、味方になってくれてもいいのに!」

同じアトピー患者どうしなのに、相手から、いたわってくれるような返事が返ってこなかった。

「何あの人!?全然分かってくれない!」

こんな感じで、自分の予想と離れていることが起こると、とたんに、相手が悪者になるのです。

相手に何かを期待するのは、自由です。

でも、それが、期待通りにいかないときも、本当にあるんです。

同じアトピー患者であっても、価値観も性格も人それぞれです。

「大変だったね」と、相手をいたわる言葉をかける人もいれば、ただ黙って、「うんうん」と話を聞くだけの人もいる。

アトピーのつらさを共感できても、共感している表現のしかたは違います。

アトピーのことに触れずに、そっとしておく人もいるのです。

でもね、悲劇のヒロインになっている人は、期待通りの返事がこないと

「こんなにかわいそうな私のことを、どうしてもっと、いたわってくれないの!」

と腹を立てるんですよね^^;

私も、期待通していた通りに、いかないことがあります。

ただ、それでいちいち腹を立てても、疲れます(笑)

一瞬、腹が立つことがあっても、

「あ~、あの人は、そういう考え方なのか」

と、自分とは違うんだと気づいたら、腹が立つ気持ちも手放します。

だって、いつまでも腹を立てていても、私の思い通りにはいかないし、何も良いことないですから。

悲劇のヒロインになっている人は、今は、その世界を経験する時期なのでしょう。

悲劇のヒロインから、幸せのヒロインになれるその日まで、苦い経験も必要なんですね。

相手に期待してもいいけど、相手は自分とまったく同じではない。

ここさえ分かっていれば、思い通りにならないできごとがあっても、腹が立つことは減ります。

悲劇のヒロインからも、サヨナラできるのです^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(29)  |  コメント(0)
● 「そんなことしたら、よけいにアトピーは治らないんじゃないの?」

こんにちは、荒井佐知です。

アトピー治療について、いろんなところから、知識をとり入れるほど、得た知識にこだわってしまって、なかなかアトピーが良くならない。

こんな状態になると、頑張っても頑張っても、なかなか手ごたえがないように感じて、不安な気持ちが出やすくなります。

私も、そういう時期がありました。

だって、一日でも早く、アトピーを治したかったから。

だから、ネットや本で得た知識をかき集めて

「これで治す!ぜっったいに治す!!!!」

って力んじゃって、空回りして、予想していたようにアトピーが良くならなくて、

「もう治らない…。もう何をやってもアカンねんや~~~~~~~><」

と、ひとりで騒いでいました^^;

アトピー治療って、病院で診察してもらう時間だけが、治療じゃないですよね。

家でも、会社でも、お茶をしに入ったカフェでも、いつでもどこでもアトピーに気を配ってて。

ある意味、24時間、ずっと治療しているようなものだと思うんですね。

毎日、24時間ずっと治療をやり続けるなんて、疲れます^^;

誤解を恐れずに言うなら、アトピー治療は、「心がすり減るまで」頑張りながら、おこなうものではないと思っています。

心がすり減ったまま治療をおこなっていれば、規則正しいはずだった生活さえも、不自由に感じたり。

周りの人との間に価値観のズレができて、人間関係に摩擦が起こりやすいのですね。


体もボロボロなうえに、精神的なダメージも大きいと、アトピーが良くなるまで治療を続ける気持ちがなえます。

だからこそ、力んで頑張って治療をするのは、もうおしまいにしてもいいのです。

「そんなことしたら、よけいにアトピーは治らないんじゃないの?」とか。

「よけいに、周りの人ともめちゃう」とか。

いろいろと、思うところはあるでしょう。

でもね、じゃあなんで、ちゃんと頑張って治療をしているのに、それでもアトピーは良くならないのか。

いまだに、周りの人ともめちゃうのか。


いま一度、振り返ってみてくださいね。

その頑張りかたは、自分には合わない部分があるってところを、しっかり見つめてほしいなあと思います。

自分に合わない頑張りかたは、サイズの小さい、ぴちぴちの服を着ているようなもの。

サイズが合っていないと、好きな服でも動きにくいし、きゅうくつだし、疲れますよね。

力まない、無理がたたるまで頑張らない、楽をしながら治療をするって、最初は慣れないと思います。

サイズが大きくて、ゆったりした服を着ると、スカスカして落ち着かないみたいなね。

でもね、スカスカしている分、ゆとりができて動きやすくなるし、疲れにくくなります。

アトピー治療もね、スカスカする位のゆとりを持って治療すると、なぜか周りから助けられて。

心の治癒力も体の治癒力もグンと高まって、アトピーが良くなりやすいんです。

ひとりで空回りしながら治療をしている状態から、ポーンと抜けるのですね。

それこそ、誰がアトピーを理解してくれるとか、してくれないとか関係なく、自分がどうしたいかだけに、集中できているからなんでしょうね。

ぴちぴちの小さい服を脱ぐ覚悟は、あるのかい?

スカスカでゆとりがある、大きい服を着る覚悟はあるのかい?

どっちを選んでも個人の自由ですが、どうせ選ぶなら、アトピーが良くなるほうを、選んでみてもいいと思いますよ^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!(12)  |  コメント(0)