アトピー卒業セラピー 治療の効果を高めるストレス解消のコツ

アトピーの悪化の原因には、ストレスが大きくかかわっています。

脱ステロイドやステロイドの治療中の不安など、ストレスを解消しながら、アトピーの治療に良い影響を与えて回復を早めませんか。

NEW !
テーマ:
● 不整脈がおきそう!?「ちゃんとしなくちゃいけない」という思いこみが心をキューっと締め付ける^^;

こんにちは、荒井佐知です。

私が、アトピーを発症するきっかけになった、とある思いこみが、ここ最近、ふつふつと湧き上がってきていました。

それは、「ちゃんとしなくちゃいけない」という思いこみ。

これね、結構、自分で思っているよりも根深くて。

まだあったなあ…と思って、心がキューっと締め付けられました(笑)

キューっとなってしまって、このまま不整脈がおきそう。

(たまに、不整脈になるんです^^;)

じゃあ、何がどうなったら、ちゃんとできたことになるのか?

私は、何でもきちんとできたら、ちゃんとできたことになると思っていたんですね。

ブログにしても、メルマガにしても、カウンセリングにしても、きちんとできないとダメだと思っていたんですよ。

いや~、どんだけ自意識過剰なんでしょうね。

自分のことを、完璧な人にしたいと思っているのが透けて見えて、ほんと、はずかしいです(;´Д`)

私がちゃんとできるかどうかなんて、そんなこと、誰も求めていないのにね。

きちんとしている基準なんて、人によって変わるのにね。

もっと自由でいいのにね。

人間臭くていいのにね。

でね、「ちゃんとしなくちゃいけない」の思いこみに気づいたけど、だからと言って、そう思っていた自分を責めるわけでもなく。

「あ、まだそう思っていたのか」

と、心がキューっとする感じを、ただただ感じておわり^^

そして

「今できることをできる範囲で、一生懸命すればいっか~」

と、今の自分にできることをしていくだけです。


ネガティブに思える感情も、なくそうとしたり、ポジティブな感情でフタをしようとすると、よけいに苦しくなります。

「ちゃんとしなくちゃいけない」は、アトピーを発症するきっかけになった、根深い思いこみだもの。

子供のころから、何十年と持ち続けてきた思いこみです。

アトピーを発症したことで、根深くて重すぎる思いこみも、軽くはなりましたが。

たぶんこの先も、忘れたころに、「ちゃんとしなくちゃいけない」が、顔を出すこともあるかなあと(笑)

そしたらまた、心がキューっとする感じを、ただただ感じて、できることをしていくだけ。

同じことを何度もくりかえしていれば、生きてるうちに、根深い思いこみも、少しずつ小さくなっていくでしょうね^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
● アトピーが悪化した時に助けてくれるのは嬉しいけど、たいしたお返しができない時はどうすればいいの?

こんにちは、荒井佐知です。

あなたは、「返報性の法則」をご存じですか?

・誰かに何かをしてもらったら、その相手にお返しをしたくなる

というものです。

そういえば、浦島太郎に助けられたカメも、助けてくれたお礼に、浦島太郎を竜宮城へと連れていってますね。

やはり、誰でも(カメだって)、助けてくれた人には、お返しをしたくなるのでしょうね。

ところが、助けてもらったことに見合うような、スゴイお返しをしなくちゃいけないと思うと…。

人の助けを借りにくくなります^^;

私ね、手助けしてくれる人って、お返しを期待して助けてくれる人は、ほとんどいないと思うんです。

まあ、本当に、ごくたま~~~~に、恩を売るために助けてくれるような人もいますが^^;

しかし、ほとんどの人は、自分が助けたことと、同じくらいのお返しをしてほしいとは、思っていません。

助けてくれた相手に、助けてもらったことに見合うような、スゴイお返しをしなくちゃいけないと思うよりもね。

「助けてくれたおかげでゆっくりできて、体調が回復しました」とか。

「助けてくれたおかげで、ここまで、できるようになりました」とか。

・あのとき、●●さんに助けてもらったから、良い結果を手にすることができました

という報告が、助けてくれた相手にとって、何よりもうれしいお返しになるのだと思います^^


ということで、あなたを助けてくれる人が出てきたら、何も気にせずに、助けを借りましょ。

あ、それと、忘れちゃいけないことがひとつ。

私たちにはね、相手の好意を断る自由があります。

困っているときに助けてくれる人が出てきても、自分の気持ちと合わないことだってあるもの。

そのときは、相手に、丁寧にお断りすればいいですね^^

人に助けてもらったお礼は、結果で返す。

または、自分が無理をしない範囲で、できることで返す。


助けてくれた相手に、助けてもらったことに見合うようなスゴイお返しは、考えなくてもいいのです^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)
● 「これ、なんとなく合わない気がする…」治療中に出た違和感は決断するサイン

こんにちは、荒井佐知です。

自分のやりたいこととズレているとき。

どうしてか分からないけど、感覚的にしっくりこないとき。

それは、違和感となってあらわれます。

たとえば、食事や、生活習慣の見直しなど、治療のサポートとして、日々おこなうことにも力を入れますよね。

最初はこれでいいと思っていたけど、続けていくうちに違和感が出てきたら。

その違和感を放置して、見ないふりをしてやりすすめても、うまくいきません^^;

私の場合は、治療中の食事に、違和感を覚えることがありました。

アトピー治療をしていた当時、

「アトピーを治すには、添加物が入ったものよりも、無添加のものが良い」

そう思って、だんだん、無添加にこだわるようになっていったのです。

ところが、口にするすべての物を無添加の食品にするのは、無理があるのですね^^;

日ごろから気をつけていても、多少の添加物は、口の中に入ります。

無添加にこだわり、添加物にピリピリするようになってからは、毎日イライラしていました。

ただえさえ、アトピーが悪化しまくって気持ちが凹んでいるのに…。

そこに、食事のことでイライラをつのらせる。

精神的に、かなりしんどかったです^^;

治療のためとはいえ、やっていても苦しくなっていくばかり。

実際、自分が無理をしているのも、違和感が出ているのも、ひしひしと感じていました。

違和感が出ていたのにもかかわらず、しばらく違和感を無視して、無添加にこだわり続けたある日。

さすがに疲れきってしまって、

「あーーー!イライラする!もう何も気にせずに、ご飯を食べたい!!」

と思い、なんでもかんでも無添加にこだわるのをやめたのです。

ただ、気軽に続けられるものだけはやろうと思って、オメガ3の油だけは、摂りつづけました。

私たちが、言葉にできない違和感や、しっくりこない感じは、けっして無視できない心のサイン。

心が違和感をキャッチして、

「やりたくない、これじゃない、合わない」

とサインを出しているんですね。

治療のサポートとして、日々おこなっていることに違和感が出たら、

・無理なくできる方法はないか、見直してみる
・見直しはせずに、スッパリとやめる


これも、アトピー治療をしていくときには、必要な決断です。

心がキャッチした違和感や微妙なズレがなくなるだけでも、よけいなストレスが減って、治療に悪影響をあたえることはなくなるのですから^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)
● アトピーでボロボロになっているときも、生きているだけで自然と誰かの役に立つってこういうことです。

こんにちは、荒井佐知です。

たとえば、アトピーがつらくて会社を休んだ後、遅れている仕事を職場の人が手伝ってくれた。

アトピーで思うように動けなくて、家族が家事を手伝ってくれた。

「ありがとう」と口では言うものの、心の中では周りの人に助けてもらうたびに、自分が役立たずなように思えてくるなら。

あなた自身が、普段から、人の助けを借りる人に、ダメ出ししていないでしょうか?

もし、普段から、人の助けを借りる人にダメ出ししているなら…。

自分が人の助けを借りる立場になったとき、いたたまれなくなるのも自然なこと。

・役に立たない人はダメな人

そう思っているときは、自分が周りの人に助けてもらえばもらうほど、いたたまれない気持ちになりやすいのです。

だって、人の助けを借りる人は、役に立てていない人だもの。

そして、今、人の助けを借りている自分が、役に立てていないように感じるんだもの。

自分が役に立てていないように感じている人ほど、「これ」をするのは、抵抗があるかも^^;

でも、「これ」が、アトピーでボロボロになっているときも、生きているだけで、自然と誰かの役に立つってことなのです^^

続きは24日の20時にこちらでお伝えしますね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
● アトピー卒業レッスン!アトピーを改善できる10のレシピ

こんにちは、荒井佐知です。

アトピー治療は、体の治療に心のケアをプラスすれば、治療の効果も高まり、改善していきます。

体の治療と心のケアのバランスがいいと、グン!と改善へと向かうのです。

このメルマガでは、アトピーの治療中に不安に思うことを、どのようにして乗り越えていけばいいのか?

また、治療の効果を高めて、改善へと向かうには、どうすればいいのか?を、生活の中で実践できるように、お伝えしています。

アトピーの治療中、多くの人が経験する、いつまでたってもアトピーが良くならない…という壁。

病院や代替医療で、サポートを受けながらしっかりと治療をしているのに、思ったように、アトピーが改善しない。

できる限りの規則正しい生活と、食事や掃除、着る物や日用品も、誰よりも気をつけているのに、アトピーが良くなる気配が感じられない…など。

心の中に、大きなストレスをため込んだままでは、体の治療を一生懸命しても、効果が出にくいのです。

アトピー治療の基本となる、体の治療をしっかりと続けているなら、後は心のケアをプラスするだけで、改善へと向かいます^^

メルマガ読者さまからいただいたご感想を、ご紹介しますね。

メール講座ありがとうございました。

荒井様のメール講座は、アトピー患者にやさしいもので、「無理はしなくてもよい」というメッセージが込められた大変ありがたい講座でした。

私はまだ独身なので、周りの人といえば、母だけなのですが、アトピーに関してはやはり私の方が知識があります。

一般の職には就くのが難しいこと、なまけているんじゃないか?と疑われていること、アトピーで悲しい体験も数知れません。

当事者ではないと、やはりわからないものなのですね。

私の場合、悪化する要因は、引越しや、環境を変えること、暑さなど、外部からのストレスです。

最近では、引越した先でダニに噛まれ、それがまた悪化の原因になって、人生で初の困難というぐらいの苦痛を味わいました。

幸せを求めて環境を変えたはずなのに…

なんで、私だけ…とも思いました。

漢方薬やステロイド軟膏、飲み薬、色々試しましたが、私の場合、やはり働いて身体を動かすことが回復の早道のようです。

この悔しさをバネとして夢への加速度を増していきます。

引越し先の家具から、内装、物件も母任せでした^^;

これからは自分の納得いくダニが居ない、綺麗な家に住み自分の好きな土地に引っ越すため頑張ります。

私自身も、「アトピーはただの皮膚病」と思っていただけに、こんなに重病で、生きづらささえも与えられ、行動さえも制限されるとは思ってもみませんでした。

でも、これをきっかけに少し自分の身体のことがわかった気がしています。

人と違っていても、焦らず治りを早くすることだけに専念し、なんとか乗り切ります。

マイペースで頑張ります^ ^


ありがとうございました(^-^)/

はじめまして○○と申します。

私は1年ちょっと前に成人アトピーが全身に広がってしまいました。

今は実績のある漢方薬局と出会い、治療を続けて1年が経ちます。

先生を信じて治療や生活習慣の改善に力を入れても、中々自分の思うように行かずに毎日辛い日を過ごしていました。

ある時、私に必要なのはメンタル面の改善だと思い、メルマガに登録をさせて頂きました。

不思議なもので、昔は前向きな言葉を見ても心に入って来なかったのが、今はすーっと入って来ました。

メルマガの内容も温かくて『私は無理をする必要はないんだな』と気付かせてくれました。


少しずつですが心の持ち方が変わって来ていると感じています。

これからもブログを読ませて頂くつもりです。

本当に素敵な御言葉をありがとうございました。

実は1ヶ月ほど前から医者に頼らずひとりで脱ステ中です。

酷くなってからは毎日痒い、掻けば痛い、痛いのに痒いし汁が出る、翌日はかさぶたで身体が動かしにくい、動かすと皮膚がひっぱられて痛い、、など散々でした。

毎日辛いし、ふっと気を許すと、もともと根元に持ってた自分の闇に引きずりこまれそうになるときがあって、ネットに脱ステの方がうつ病になったりすると書かれているのが分かるなぁっ、、て思いました。

そんなときに出会った佐知さんのメルマガですが、

アトピーは心身的な問題が大きい、無理にがんばろうとせず、自分なりに少しずつやっていけばいい、、

という風な内容に、日々励まされました。

他のひとが、アトピーは~を食べるといい、また、~するのがいい(もちろん、こういった情報もありがたいです!笑)、、などの記述が多いなか、佐知さんのメルマガでは気持ち的な部分をフォローしていただきました。

本当に辛かったですが、佐知さんのメルマガを読むと、

「大丈夫大丈夫、身体が良くなっていったら徐々に掃除もやって行くから、今はしょうがない、ゆっくりやっていこう」

、、と思えるようになったんです。

まだ痒くて毎日一喜一憂してますが、自分なりにコツを掴んできて、今日の症状としては大きなかさぶたが取れてきたので、これはもしかしたら大きく改善している?治るのももうすぐ?と変化に嬉しくなっております。笑

アトピーは繰り返すんだろうなぁ、、とは思ってますが、インターネットの色んな記事と佐知さんのメルマガを読むうちに、わたしにとってアトピーは、薬に頼らず食事や生活でコントロールしていく、っていうのが目標となりました。

私は本人ではなく、親の立場での感想です。

私にはたまたまアトピーはありませんが、心理的には通ずる所があると思いました。

私は不安が強すぎるのですね、それが子供に受け継がれ、子供はアトピーという形で現れたのだと思います。

強くのんびり生きることができる様に過ごして行きたいと思います。

とはいえ、なかなか性格を変えることは難しいのですが…

でもやっぱり、同じ経験をして克服された方の言葉が一番確かだし、励みにもなります。

これからも荒井さんのメッセージを楽しみにしていますね、有難うございました。

10のレシピありがとうございます。

20年近くアトピー日曜日悩まされ、アトピーに振り回されてた日々確かに考え方一つで気持ちも変わると改めてわかりました。

正直長年つちかってきた考え方はなかなか変わらないとは思いますが、少しづつ変えていけたら、アトピーが悪ではなくなるのかな……と思いました。

ありがとうございました。

ありがとうございます。お役に立てたこと、本当にうれしく思っております。

それでは、どのような内容が届くのか、ご紹介しますね。

1日目 職場のお悩みを解消しただけでアトピーが急に改善したわけ

2日目 アトピー治療を受けて改善した人が、あきらめずにしたこととは?

3日目 これでアトピーを治す!と信じられる治療法こそ、アトピーが治る治療なのです。

4日目 アトピーは子供に100%遺伝するわけではありません

5日目 たったひと言カンタンにできる、アトピーが早く良くなるヒミツの言葉

6日目 どうすればアトピーのつらさを家族に理解してもらえますか?

7日目 アトピーが理由で仕事を休んだり辞めるのは、非常識でしょうか?

8日目 アトピーをジロジロ見る人の視線をスルーするコツ

9日目 一生アトピーが出ない体を目指すよりも大切なこと

10日目 誰でもカンタンにできる!アトピーがどんどん良くなる人がしていること

治療中に不安に感じることも、どのようにすればいいのかが分かれば、手を打てますよね。

ひとつひとつはカンタンで、体の治療と一緒にコツコツと続けていくと、アトピーが改善できる日も近づきますよ^^

いつまでたってもアトピーが良くならない…という壁を乗り越えて、アトピーを改善していきましょうね。

メールは無料です。

メールが届くメールアドレスだけ、ご用意ください。

ヤフーメールやGメール、ホットメールなどは、迷惑メールフォルダにメールが入りやすいので、おすすめできません。

フリーメールを使う場合は、迷惑メールにならないように、ご自身で設定してくださいね^^

登録のお名前は、必ず本名でお願いします。

アトピー卒業レッスン!アトピーを改善できる10のレシピのご登録は、こちらです。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。

いいね!した人  |  コメント(0)
● NOは断りたいと思った瞬間に早めに言う!嫌なことを嫌だと相手に伝えやすくなるコツ

こんにちは、荒井佐知です。

嫌なことを嫌と言うのって、いざやってみようとすると、ハードルが高いですよね^^;

たとえば、友だちに遊びにさそわれたり。

みんなで一緒に○○をしよう♪なんて言われたときは、場の雰囲気をこわしたくなくて、なかなかNOとは言いにくいと思います。

断ったら、友だちも気を悪くするかもしれないですよね。

嫌われるきっかけになるかもしれないと思ったら、ますます断りにくいことに^^;


でもね、アトピーが目立つときは、誰かと遊びに行く気分じゃないときもあるし。

そもそも、友だちにすら会いたくないときもあります。

じゃあ、ガマンして、友だちのさそいに乗ればいいのかというと、そうではありません。



私ね、基本的には、友だちであっても、気がのならいことは断ってもいいと思っています。

だって、アトピーが悪化しているのに、何でもかんでも受け入れていたら、つらいでしょ?

とはいえ、嫌なことを嫌と言い慣れていないうちは、友だちのさそいを断るのは、とっても勇気がいること。

誰でも言い慣れるまでは、数をこなすしかありません。

今はまだ、嫌なことを嫌と言い慣れていないうちは、これを意識してやってみるといいですよ^^



・NOは、断りたいと思った気持ちが出た瞬間に、早めに言う!

嫌だと言いやすいタイミングを逃さずに言うと、嫌なことを嫌だと伝えやすくなります。



時間がたてばたつほど、友だちのさそいは断りにくくなりませんか?

友だちのさそいも、早い段階で断っていたら、それですむ話なんです。

それを、時間を置いて引っ張ってしまうと、友だちの好意を裏切るようで、断りにくいですよね^^;

で、どんどん時間がすぎると、さらに言いだしにくくなって、結果ガマンしてさそいにのることに。

もうね、鉄は熱いうちに打てじゃないけど、NOは、断りたいと思った気持ちが出た瞬間に早めに言う!くらいでちょうどいいんです。



「そんなこと言われても、やっぱり嫌とは言いだしにくいし、友だちとの仲がギクシャクするのも嫌だし…」

ええ、そう思う気持ちも分かります。

ただね、ガマンとか、楽しくないと思っている気持ちって、言葉にしなくても相手に伝わります。

それが伝わってしまったとき、友だちから、だんだん遊びに誘われなくなるんですね。

友だちに嫌われるようなことをしていないのに、少しずつ、友だちとの距離があく感じです。

つまり、必ずしも、「友だちのさそいを断る=友だちに嫌われる」ではないのです。



ちなみに、私は、

・飲みに誘われたのを断った

・嫌いな食べ物は、食べられませんと言って断った

・好きなお菓子をすすめられても、今は食べないと言って断った

・行きつけのヘアサロンで、ヘアワックスを使って髪をセットされるのを断った

くらいのささいなことから、NOを言うようにしていきました。

今でも相手にNOを言うときはドキドキしますが、最初に比べたら、わりと言い慣れてきたように思います。

断りたいと思った気持ちが出た瞬間に、早めに相手にNOを伝えて、あなたの心がホッとする時間をつくってみてくださいね^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
● 「アトピーを治すためには○○をしたほうがいいですか?」の答えはこれをすれば分かります。

こんにちは、荒井佐知です。

「アトピーを治すためには○○をしたほうがいいですか?」

という質問。

たとえば、アトピーが目立つときは、半そでやスカートを着ないほうがいいですか?

体を冷やさないように、冷たい物は控えたほうがいいですか?

早食いですが、食事はよく噛んだほうがいいですか?

油はオメガ3のものに変えたほうがいいですか?

便秘にならないようにしたほうがいいですか?

掃除は毎日、絶対にしたほうがいいですか?

タバコはやめたほうがいいですか?

下着は綿でなければダメですか?

などなど。


こういう感じの質問をするときはね。

自分の中では、○○をしたほうが良いと思っているけど、誰かに「したほうが良いよ」と背中を押してほしいときか。

○○がアトピーに絶対に効果があると確信してから、○○をしようと思っているときか。


どちらにせよ、気になるから、質問するのでしょう。


でね、

「アトピーを治すためには○○をしたほうがいいですか?」

と聞きたくなったら、これをしてみるといいですよ。

・気になったことは、一度やってみる


アトピーに良いと言われている物や、やめたほうがいいことって、本当にたくさんあるでしょ?

とくに、アトピーに良いと言われている物はたくさんあるけれど、自分の体に合わないこともあります。

ただね、自分の体に合わないのは、一度やってみたから分かること。

頭の中だけで考えているだけでは、どうなるか分からないのです。


それに、自分のアトピーを治すためにしようとしていることを、ひとつひとつ、誰かの許可を得ないとできないものなのでしょうか?

そんなことないですよね^^

自分の体ですもの。

一度やってみて、じっくりと体を観察してみてください。

自分の体に、とことん興味を持ってみてくださいませ^^

あ、ちなみに、治療そのものに関することは、自分では判断しかねることなので、かかりつけの病院で聞いて確認してくださいね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
● 【実験成功】下着よりも格下の位置にあるパジャマにお金をかけてみたら、こうなった

こんにちは、荒井佐知です。

少し前に、こんな実験をしてみました。

【実験】下着よりも格下の位置にあるパジャマにお金をかけてみた

実験の結果はというと…成功です♪

実際に着てみた感想は、着心地が良くて、ゆったりしていて、汗をかいても不快感なくすごせます^^




いつもよりも、少し値段が高い買い物をしましたが、おかげで、夜は快適にすごしています。

こうやって書くとね、たかがパジャマで、大げさに言っているように見えるかもしれません。

でも、私は、自分にお金をかけて、快適な時間を手に入れたのです。

しかも、夏の間じゅう、ずっとですよ。




ささいなことから、自分を大切にあつかうようにすると、何が嫌で何が好きなのか、自分のことが、少しずつ分かるようになってきます。

自分のことって、意外と、自分では分からないものですからね。

自分の身の周りは、好きなものが多いほうがいいい。

快適にすごす時間も、多いほうがいい。


私はそう思います。

あなたは、どう思いますか^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
● やりたいことを見つけるための、やりたいこと探しの旅は、はてしなく続く旅

こんにちは、荒井佐知です。

私がアトピー治療に必死だったころは、毎日、今できることしかしていませんでした。

しばらく治療を続けていて、山場をこえ、だんだんアトピーが良くなってきたころ。

ふと、思ったのです。

「このまま治ったら、私この先、何をすればいい?」

当時は、アトピー治療に集中するために、仕事をやめていました。

だから、アトピーが治った後のことを考えると、何をすればいいのか分からなくて、不安になったのです。



最初は、アトピーが治ったら、仕事を探そうと思っていました。

でも、その前に、やりたいことをしてから、仕事を探してもいいかなと考えたのですね。

私は、やりたいこと探しの旅に出てしまいました(笑)

でもね、やりたいことって言われても、ピンとこないのです。

なぜなら、イメージでは、

「これが、私の生きる使命だーーーーー!!」

みたいな感じが、やりたいこととの出会いだと思っていたからです。

でもね、使命って、何が使命なのか分からないわけで。

やりたいことと言われても、寝るのも忘れるくらいのことなんて、ないわけで。

やりたいこと探しの旅に出たのはいいけれど、ソッコーで道に迷い、同じ場所を何度もグルグルすることに^^;

2年半くらいは、同じ場所をグルグルしていました(笑)

長いですよねえ。ほんと。

過去をふりかえってみると、同じところをグルグルしていて、よく飽きなかったなあと思います。



2年半くらいして、同じ場所をグルグルしているだけじゃないか?と、なんとなく気づきはじめたころ。

「やりたいことって、自然としているもんだよ~」

みたいな記事を、誰かのブログで読んだのです。

良いこと書いてあったのに、誰かは覚えていないんですよね(笑)

でね、そう言われれば、好きなことって、力が抜けた感じで、延々としているんですよ。

好きな食べ物だって、集中してずっと食べている時期があって。

しばらくして飽きて、また集中してずっと食べだす。

基本は好きだから、少しくらい間があいても、延々と好きな物を食べているんですね。



やりたいことも同じでね。

力が抜けた感じで、延々としていることが、やりたいことなんですよね。

「使命だー!これが私の使命なのだー!」

なんて、もう力みまくっていて、延々と続けられる気がしない(笑)

やりたいことをする(しよう)って言葉は、フワっとしていて、どこか希望を持ってしまうけど。

やりたいことのほとんどは、もうしている可能性が高いのです。

今、好きでやってること。

少しくらい間があいても、再びやってしまうこと。


やりたいことって、そんな感じで、特別なことじゃないのです。

これが腑に落ちたとき、私のやりたいこと探しの旅は終わりました。

長い旅でしたが、今、思えば、同じ場所をグルグルしていたかったのでしょうね。

時間はいっぱい使ったけど、良い経験になりました(笑)


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)
● 人前で元気なように見せかけて平気なフリをするほどアトピーは悪化して、雑なあつかいを受けるわけ

こんにちは、荒井佐知です。

友だちが心配そうな顔をしながら、アトピーを見ていた。

だからとっさに、

「あ、これね、見た目はアレだけど、ほんと大丈夫だから^^」

と言ったけど…本当はそんなことないのにね。

人前だと、つい、元気なように見せかけて平気なフリをしてしまう…。

かゆいし、痛いし、平気じゃないし、心配そうな目で見られたくないだけのにね。



これ、よくあることじゃないかなあと思います。

最初は、

・周りの人にかわいそうとか思われたくない

・何度も「大丈夫?」と聞かれたくない

いろんな気持ちがあって、平気なフリをしたのでしょう。

でね、平気なフリをしているときは、周りの人も、大丈夫なんだと思ってしまうのですね。

だって、本人が平気だって言っているんですもの。

その言葉を信じるのです。

ところが、平気なフリは、後になって、じわじわと自分の首をしめます^^;



ほら、少し前に、平気なフリして大丈夫だって言ったでしょ?

ふたたびアトピーがひどい状態になっても、周りから、大丈夫だと思われてしまうのです。

そう思われると、アトピーが悪化してしんどいとか、調子が悪いとか、言いにくくなるんですね。

アトピーが悪化してしんどいとか、調子が悪いとか、勇気を出して言ったとしても、場合によっては甘えているととられかねません。

平気じゃないのに平気なフリが、周りの人から軽いあつかいを受ける、きっかけになってしまいます。

では、アトピーが悪化してしんどいときや、調子が悪いときにはどうすればいいのか?

続きは20日の20時にこちらでお伝えしますね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)