アトピー卒業セラピー 治療の効果を高めるストレス解消のコツ

アトピーの悪化の原因には、ストレスが大きくかかわっています。

脱ステロイドやステロイドの治療中の不安など、ストレスを解消しながら、アトピーの治療に良い影響を与えて回復を早めませんか。

NEW !
テーマ:
● 人に迷惑をかけたくないときはアトピーが悪化しても自分に無理をさせる!?負のループから抜け出す方法

こんにちは、荒井佐知です。

人に迷惑をかけたくない気持ちが強いときは、自分を雑にあつかってしまうことがふえます。

たとえば、アトピーが悪化して仕事にも行けない状態になって、家族の世話になっている場合。

自分では働けない状態だけど、治療費は毎月どんどん出ていく。

安くはない治療費のせいで、家計に負担がかかっているのが目に見えて分かると、申し訳ない気持ちになってしまうのも無理はありません。



でね、ここで、ボロボロの体にムチ打って、家事を手伝ってみようとしたり。

週2~3日の短い時間だけ、アルバイトくらいはしたほうがいいかもと思って、バイトを探そうとしたり。



とにかく、少しでも、人に迷惑がかからないようにしようとすればするほど…。

自分がどんどん苦しくなります^^;

人に迷惑をかけたくないときはね、自分に無理をさせるのです。



・私が頑張ればいい

・私がガマンすればいい

・私だけ楽をしてはいけない

・私がもっと努力すればいい



自分に無理をさせているうちは、これらをはてしなく繰り返すだけなのですね。

しかも、自分では、同じことを何カ月も何年もずっと繰り返していると、気づかない場合が多いんです^^;



自分に無理をさせるから、いつも無理をするようなできごとがやってくる。

自分を雑にあつかうから、周りからも、そういうふうにあつかってもいいと思われる。

これがずっと続くのって、本当にキツイです。



いい加減、こんな状態から抜け出したくなりますよね><

抜け出す方法は、ちゃんとあるんですよ^^

とてもシンプルですが、これを知っていると、私がガマンすれば…、私が頑張れば…の、負のループから抜け出せます。

続きは30日の20時にこちらでお伝えしますね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● アトピーが悪化したときに早く改善できるように、一番最初にすぐにやること

こんにちは、荒井佐知です。

アトピーが悪化すれば、今までできていたことも、できなくなる可能性があります。

今まで当たり前のようにしてきたことができないのは、頭ではアトピーが悪化したからと理解できても、本当にショックです。

つい、できないことばかりに、目がいってしまうのですね^^;



でね、できないことに目がいってしまって、めちゃくちゃ凹んでいるときに

「できないことばかりに目を向けるのではなくて、できることに目を向けましょう」

なんて言われても、今できることが何か分からない状態では、またさらに凹むことになりかねません。



アトピーが悪化して、家の中を移動するのもつらいとき。

今の自分に、何ができるのか分からないとき。

そういうときにできることって、ズバリこれです^^



・「できないことはしない」と決める



できることをしましょうって言われるとね、何か行動することを指しているように思うでしょ?

でもね、何か行動をすることだけが、できることではないのです。

「できないことはしない」と決めるのだって、できることのうちに入ります^^



アトピーが悪化して、普段と同じような生活を送るのが厳しくなってきたら。

その状態で、「できないことはしない」と決めることが、私たちが一番最初にすぐにできることなのです^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● アトピーは敵ではなく体と心の不調を映し出してくれる、私たちの味方なのです。

こんにちは、荒井佐知です。

アトピーという病気は、私たちを苦しめる敵!?

今の私は、そうは思いません。



実は、私がアトピーを敵だと思わなくなったのは、1年前くらいのこと。

それまでは、何度アトピーが再発しても、何度でも治るとは思っていましたが、それとは別に、心のどこかでは、アトピーを邪魔者あつかいしていました^^;



あなたは、どうですか?

あなたにとってアトピーは、あなたを苦しめる、憎い敵でしょうか。

もし、そう思っていても、なにもおかしくはありません。

実際に、アトピーで苦しんだ経験があるんですもの。



ちょっと話は変わりますが、こんなこと、ありませんか?

・体の疲れが限界をこえそう、またはこえたとき

・罪悪感や不安で心がいっぱいになる、または、心がささくれてしまったとき


こういうときって、アトピーが出やすかったり、さらに激しく悪化しやすくなります。



これね、アトピーをかかえている私たちだからこそ、目に見える形で、不調が分かるのですね。

アトピーではない人には、なかなか分からないことです。

ひと言で言うなら、アトピーだからこそ、自分の幸せ度合いを、肌で感じやすいのです。

アトピーが悪化すれば、今の自分がどういう状態か分かるでしょ。



私たちは、アトピーが出やすい体質です。

そして、アトピーではない人よりも、自分の幸せを、目に見える形で感じとることができます。

アトピーは敵ではなく、私たちの体と心の不調を映し出してくれる、私たちの味方なのです。



「そんなこと言われても、味方とか思えないし…」

ええ、そうですよね。アトピーが味方だなんて思えなくてもいいんです^^



ただ、今この瞬間も、アトピー治療をおこなっているなら、どんなことをすれば体が楽になるのか?

どんな状態なら、心が満たされるのか?

じっくりと考えてみて、体も心も楽ちんになることだけを、してみてくださいね。

アトピーが治りだしたとき、それは、自分が望む未来へと、向かっているサインですよ^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ハーゲンダッツよりも~普通に~あずきバーが好き~~~~♪

こんにちは、荒井佐知です。

夏の定番、あずきバー♪





夏の間は、冷凍庫にいつも入っています。

ハーゲンダッツも、高級感があって好きなんですけどね。

あずきバーのほうが、食べていても飽きがこないんですよ。



冷たい物を食べると、内臓が冷えるでしょ。

だから、あずきバーを食べた後は白湯を飲んで、内臓が冷えすぎないようにしています。

私は胃腸が弱い系だけど、あずきバーはやめられません(´_ゝ`)



体のことを気にするくらいなら、食べなきゃいいんですけどね(笑)

まあ、でも、好きな物は食べたいし、白湯があれば大丈夫かなと。

白湯のこと、全力で信じていますから(笑)


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
● 当たり前に淡々とできることそのものが、自信なんじゃないだろうか?

こんにちは、荒井佐知です。

自信はあったほうがいいけれど、実際、自信があるときって、

「私、○○だったら自信があるわ!」

なんて、何かをするたびに、いちいち思っていないんですよね。



私は去年の9月に、ガラケーからスマホに変更したんですけどね。

スマホに変える前は、スマホがあつかえるかどうか心配だったんです。

だって、あれって、小さいパソコンみたいなものでしょ?



私ね、パソコン音痴なんですよ^^;

パソコンの基本的な操作ができるようになったのは、つい2~3年前の話。

パソコンスキルがその程度なのに、ややこしいスマホなんて無理だと思っていたんです。



去年の9月は、スマホをあつかえる自信なんて、まったくない状態。

でも今では、スマホを操作できるようになっています。

それもスマホが使えるのが当たり前のように、サクサクと操作しています。



私は、当たり前に淡々とできることそのものが、自信なんじゃないだろうか?と思うんですね。

いちいち、自信があるとかないとか考えることもなく。

ただ、淡々とこなしていることです。


誰だって、生活の中で、淡々とこなしていることがたくさんあるんですよ。



それに仕事だって、家事だって、育児だって、勉強だって、最初はできなかったことも、今ではできるのが普通になっていたりするでしょ^^

不安とか、悲しみとか、悔しさとか、恐れを感じるできごとがあっても、それが影響しないくらいできる。

自信があるっていうのは、そういう状態のことじゃないでしょうか^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● アトピーだからってつらいことから逃げるのは卑怯!?いいえ、逃げる勇気が回復を早めるのです^^

こんにちは、荒井佐知です。

「もうやめます!」

「それはやりたくない!」

そう思うことがあっても、アトピーをかかえる多くの人は、嫌だと思う場所からすぐに離れることができません。



では、すぐに離れない人が、どうやって、嫌だと思う場所から離れるのかというと…。

大げさに聞こえるかもしれませんが、アトピーがどんどん悪化して、ボロボロになって、入院する手前になれば、その場所から離れられます。

それって、アトピーをよく知らない人が見ても、休んだほうがいいと思う状態です。



つまり、誰もが心配してしまうくらいひどくなるまで耐えたときに、嫌だと思う場所から離れてもいいと、自分に許可が出せるようになるのです。

ガマン強い人ほど、そういう状態にならないと、その場から逃げることをしないのですね。



さて、あなたのアトピーが悪化したときに、もう嫌だ!やめたい!と思うことって何でしょうか?

家事と育児?

仕事?

友だち付き合い?

気がすすまないけど、よけいな波風を立てないために行くママ友とのランチ?

顔を見れば、ちゃんとしなさいだの、かゆくてもかくなだの、遠回しに神経を逆なでして責めてくる親?

大きなことから小さなことまで、そのときに嫌だと思うことってあると思います。



でね、嫌だと思うことがあれば、逃げてください^^

具体的には、今できることをだけをして、できないことはしない選択をしてみてくださいね。



「逃げるってなんだか…コソコソしてイメージ悪い><」

ええ、たしかに、どちらかといえば、逃げるのは、一般的にあまり良いイメージはありません^^;



あなたが、できないことをできないと言ったり。

かゆいときには、皮膚がたくさん落ちるまで体をかいたり。

なかなか規則正しい生活がおくれなくて、夜中に起きていたり。

昼間に何もしないで体を休めているあなたを見て、甘えていると言う人もいるでしょう。

アトピーだからって、逃げてばかりで楽をしていると思う人も、出てくるかもしれません。



もし、人に甘えていると言われるのが嫌なら、無理をして頑張ればいいですよね。

体はますますつらくなるけど、人から文句を言われなくてもすむもの。



でもね、何か言われるかもしれない覚悟を持って、できないことはできないと言い、安心安全な場所へと逃げる。

あなたが苦しいときに、避難できる場所や逃げ道があると、心はホッとしやすくなります。

と同時に、針のむしろのような居心地の悪いところから、抜けだせるのです。



アトピー治療は、周りの人から雑なあつかいや、心ない言葉に耐えながらおこなう治療ではありません。

周りの厳しい目や、心ない言葉から自分の体と心をを守ることも、アトピー治療には欠かせないのです。

体と心の限界がくる前に逃げる勇気が、アトピーの回復を早めますからね^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 悪化してきたアトピーに負担がかかりにくい仕事のやり方

こんにちは、荒井佐知です。

あなたが努力する人で、何でもひとりでしようと頑張る人ならば、その頑張りが、あなたの首をしめる可能性があります。

頑張るとか努力とかが、悪いことではないんです。

ただね、いつも頑張って努力して、ある程度ひとりで何でもできるようになってしまうと、周りの人は何もしなくなるのですね^^;



たとえば、あなたが会社で、事務の仕事をテキパキこなしていたとして。

どんなに忙しくても、周りの人にほとんど仕事をふらず、

「手があいたら手伝ってほしい」

とお願いすることもなく。

仕事のスキルを、ひとりでどんどん上げていけばいくほど。

周りの人は、あなたに頼りっぱなしになるのですね。



ええ、人から頼られるくらい仕事ができるって、すばらしいんです^^

しかし、あなたのアトピーがひどくなってきたときに、アトピーが出ていないときと同じ感じで仕事ができるかというと…。

めちゃくちゃ頑張って無理をすれば、できないこともないかもしれません。

ですが、無理ができたとしても、それを長く続けるのは厳しいですよね^^;



それに、アトピーが出てきて、体も心もだんだんしんどくなってきたときに、周りの人が手伝ってくれないとどんな気持ちになりますか?

「こんなにつらいのに、誰も私のことを助けてくれない…」

と、イライラした気持ちと、悲しい気持ちで、心の中がいっぱいになってしまわないでしょうか?



何でもひとりでできるのも、努力できるのも、頑張れるのも、すばらしい能力です。

でもね、人に手伝ってほしいときにお願いできるのもまた、能力のうち。

そしてそれが、まわりまわって、自分の身を助けます。




ほら、たまに、なんでか知らないけど、周りの人から助けてもらえる人っているでしょ?

あれはね、普段から、自分ひとりでできないことは、人にお願いしているから。

普段から仕事を周りにふっていると、体調が悪くなったときも、周りの人が助けてくれるんですよ。



前にテレビで観たんですけどね。

出産が近づいてきた奥さんが、絶対安静で動けない状態になってしまって、夫にしてほしいことをお願いしていたんです。

家事や掃除や洗濯、その他いろんなことを夫にまかせていたらね。

何もできなかった夫が、家事も掃除も洗濯もできるようになっていました。



自分ひとりでできないことを人にまかせるって、周りの人を成長させるし、気楽にお願いできる関係を作るのです。

あなたのアトピーに、負担がかからないようにコントロールするのも。

周りの人に助けてもらいやすい関係を作るのも。

あなた次第ということですね^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● アトピーが何度も良くなる人が信じていること、なかなか良くならない人が信じていること

こんにちは、荒井佐知です。

アトピーが良くならないという人は、どうして良くならないのか?

ヒントは、あることを信じているからです。

それは、「アトピーは良くならない」と信じているから、良くならないのですね。



反対に、アトピーが再発しても、何度も良くなる人は「アトピーは良くなる」のだと信じています。

アトピーが良くなるのは当たり前になっていて、良くなっていくような行動を、自然としているのですね。



なかなかアトピーが良くならない人も、アトピーを治したい気持ちはあるでしょう。

しかし、どんなに治療をしていても、生活に気をつけていても、良くならないと信じている限り、良くならないようなことを無意識にしているのです。



じゃあ、どうすれば、アトピーは良くなるのかというとね。

アトピーが良くなる体験をすれば、アトピーって治るんだ!ということを、信じられるんですね^^



「ん?アトピーが良くならないという人が、アトピーが良くなる体験をする??」

ええ、そうです。

アトピーが良くならないという思いを壊してくつがえすには、良くなっていく体験をすればいいのです。

体験すれば、今まで信じていたことが、いともカンタンにひっくり返ります^^



でね、アトピーが良くならないと思っている人も、実は、アトピーが良くなる体験をもうすでにしているんです。

まあ、いきなりそんなことを言われても、信じられないですよね^^;

しかしこれを知れば、信じていることが変わり、自然と、アトピーが良くなるほうへと向かい始めます。

続きは22日の20時に、こちらでお伝えしますね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● アトピー治療のために始めことをやめてしまったら、アトピーが再発しそうで怖くてやめられない

こんにちは、荒井佐知です。

アトピーが良くなるようにと始めたことが、義務になってしまったり、苦痛を感じるようになったなら。

いったん、そこから離れましょ。



たとえば、食事療法をしていたとして。

最初は、体が良くなっていくのがうれしくて続けていてもね。

いつのまにか、

「これをしなきゃ、またアトピーが再発するかも」とか。

「この先もずっと続けなきゃ、アトピーは良くならないかも」とか。




不安や恐怖とつながってしまうなら、それはもはや、あなたにとっては、アトピーを良くする方法ではなくなっています。

アトピーが良くなるための方法ってね、本来なら、義務や苦痛を感じながらおこなうものではないのです。



アトピーがだんだん良くなってきたなら。

アトピーのためにおこなっていた方法をしない日があっても、自分の体は大丈夫なんだということを、知っていたほうがいいんですね。

どの方法も、アトピーが良くなるためにあるんですもの^^

心と体に負担がかからないように、調整しながらおこなっていきましょうね。


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 保冷剤があったから、アトピーのかゆみもなんとか乗り越えられました^^

こんにちは、荒井佐知です。

冷凍庫にたくさんストックされている保冷剤。

アトピー治療をしているときも、いったん改善して、ふたたび再発したときも。

保冷剤にはずいぶん助けてもらいました^^





顔と手がめちゃくちゃかゆいときは、手ぬぐいに保冷剤を包んで、一日中かゆいところに当てていました。

季節は関係なく、かゆみが強い患部をずっと冷やしていましたね~。

なつかしい^^



今は掃除をするときに、保冷剤を使っています。

手ぬぐいに包んだ保冷剤を首にまいて、掃除をしているんですけどね。

あるとないとじゃ、全然暑さが違うんですよ!

保冷剤は私の必需品です^^


脱ステロイド・ステロイド治療中の不安、アトピーの偏見、職場の人間関係のストレスなど、ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)