大分市の高崎山自然動物園で17日、今年最初のニホンザルの赤ちゃん「クロマグロ」(雌)が生まれた。スタッフは「元気に育って子供を産んでね」と目を細めている。

 第1号の赤ちゃんには、その年ゆかりの名を付ける。今年は3月のワシントン条約締約国会議で議題となったクロマグロ禁輸案否決から取った。昨年は野球のWBCにちなんだ「レンパ」。

 5子を育てた母親「ピアス」(推定16歳)から離れまいと、しがみつくクロマグロ。スタッフが紹介すると、来園客は盛んにシャッターを切り、注目度はクロマグロ並みだが、ちと呼びにくい?【佐野優】

【関連ニュース】
クロマグロ:全遺伝情報を初めて解読 日本の研究機関など
クロマグロ:保護と消費の両立課題に…禁輸否決
クロマグロ:禁輸案否決が確定へ EU修正案提出せず
クロマグロ:「資源管理に取り組む」赤松農相
クロマグロ:「よかった」禁輸否決に首相

元副署長、20日強制起訴=検察審査会の議決受け-明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
霧島山、平常レベルに=噴火の兆候なくなる-気象庁(時事通信)
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす-男子高生ら逮捕・警視庁(時事通信)
年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける-最高裁(時事通信)
東北新幹線 八戸-新青森駅間で走行試験(毎日新聞)
AD