イタリアの高級ブランド「プラダ」の日本法人「プラダジャパン」(東京都港区)の元女性部長(36)が「容姿や服装に関する上司の発言などを、本社に報告したところ不当に解雇された」として、日本法人に慰謝料と解雇無効の確認を求める訴えを東京地裁に起こしたことが分かった。女性側が16日、明らかにした。

 女性側の弁護士によると、女性は09年9月、上司から「やせろ」などと言われたことを、ミラノの本社に報告した。日本法人は翌月以降、解雇を通告したり自宅待機を命じるなどしたという。【和田武士】

【関連ニュース】
ホームオブハート:慰謝料上乗せ 原告側と和解
名誉棄損:報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁
S・セガールさん:女性からセクハラで提訴 作り話と反論
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
大阪地裁:小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(2)(産経新聞)
不正請求などで訪問介護など3事業所の指定取り消し―徳島(医療介護CBニュース)
岡部まりが「探偵ナイトスクープ」収録ドタキャン(産経新聞)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)
竹島の不法占拠問題で「交渉経緯を報告せよ」 宗男氏が異例の指示(産経新聞)
AD