強風などで先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の大イチョウの根があった部分から、新芽が出ていることが1日までに、確認された。芽は1センチ以下の長さだが、無数に芽吹いているという。同八幡宮が数日前から確認し、1日発表した。同八幡宮は「大切に育てていきたい」としている。
 鶴岡八幡宮は先月、大イチョウの根元部分を石段脇に植え直し、同月18日には、根があった部分の再生も含め祈願祭を実施。境内に設置された記帳所では同月17日以降、約2万5000人が回復を願い記帳した。植え直した根元部分からは芽は出ていないという。 

【関連ニュース】
大イチョウの再生祈願=1000人集まり神事
大イチョウ、植え直し成功=再生へ向け一歩
大イチョウの「回復不可能」=鶴岡八幡宮、資料保存も
鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる=「実朝暗殺の舞台」、樹齢1000年

日本の医療制度を守るために(医療介護CBニュース)
パンダの良浜、おめでた?ベビー今夏誕生に期待(読売新聞)
<火災>駅新設現場の壁焼き1人けが 東京・羽田(毎日新聞)
警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
法科大学院24校「不適合」、教育内容に問題あり(読売新聞)
AD