日本ワイン血風録!

~ときどきスペインワイン血風録~

今、世界に旋風を巻き起こしつつある日本ワイン。ひょんなことから日本ワインの魅力にはまってしまったTVディレクターが、ど素人ながらも日本ワインの魅力を伝道しようと東奔西走するしっちゃかめっちゃかな奮戦記。おつまみに、映画・アート・お芝居・音楽・グルメ・旅の話題もたっぷり盛りつけます。

はじめての方でも、どうぞご遠慮なくコメント書き込んでくださいね。とても励みになります。面倒くさい人は「ペタ」だけでも(笑)。


テーマ:

http://www.nhk.or.jp/chiba-blog/700/


こちらのブログはすっかりご無沙汰ですみませんが、あちらは絶賛連載中!

よかったらぜひご覧下さい。

AD
いいね!(17)  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよ明日放送となりました。感無量です。やるべきことは全てやりきりました。あとは皆様にみていただくだけ。ドラマに関わった全ての方々に感謝! このドラマは私にとって人生最高の宝物になりました! ぜひご覧下さい。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前に飲ませていただいたメルシャンの「きいろ香」。



日本ワイン血風録!


生みの親である富永先生のエピソードを描いた素敵な絵本がセットだそうです。絵本を読みながら味わいました。


富永先生は、その昔、森田美由紀アナと、確か「知るを楽しむ」というNHK教育の番組に出演されていて、素敵な方だなあ、いつかお会いしたいなあと思ってたらお亡くなりになってしまいました。


「アロマパレットで遊ぶ」という著書も名著です。ソービニヨンブランの香り物質を発見した素晴らしい業績でしられます。富永先生を偲びつつ。

AD
いいね!(1)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

去る3月に処女作「狩野永徳の罠」が立川文学賞大賞を受賞させていただき、先月、出版されました。ジャンルはアート・ミステリーとでもいったらよいでしょうか?



日本ワイン血風録!


あらすじはこんな感じです↓


狩野永徳の真筆が京都で発見された! 美術評論家・伊坂潤がテレビ番組で発表したニュースが波紋を巻き起こす。「松に叭叭鳥図」と名付けられたその絵は本当に永徳の真筆なのか?


美術番組プロデューサーの鎌倉と、特殊な鑑定眼の持ち主、蝶野冴子はその絵と対面し、豊臣秀吉が永徳に依頼して描かせた絵だと確信する。美術史学会の重鎮、猪熊源治帝都大学名誉教授もその鑑定に太鼓判を押すが、そこにはある罠が仕掛けられていた。


その罠に落ち、窮地に陥る伊坂。果たして、この絵を描いた真の絵師は誰なのか? 鎌倉と冴子の活躍で、絵師が絵に込めたメッセージ、そして屏風に残された謎の痕跡が四百年の時を越えて解き明かされ、絵の真贋を超えた驚愕の事実が明らかになる。



皆様、よかったらぜひご一読ください。



AMAZONで購入↓

http://www.amazon.co.jp/%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%AD%A6%E3%80%883%E3%80%89%E7%AC%AC%E4%B8%89%E5%9B%9E%E3%80%8C%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E%E3%80%8D%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86-%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A/dp/4877514996/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1375962729&sr=1-1&keywords=%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%AD%A6%E8%B3%9E

けやき出版で購入↓

http://www.keyaki-s.co.jp/tachikawabunngaku3.html


いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も発表されましたね。


欧州系白、甲州など、白ワインに関しては例年とそれほど大きな変動はないのですが、今年の台風の目は、欧州系赤です。


勝沼周辺は、伝統的に欧州系赤はそれほど強くなく(例外は丸藤のドメーヌルバイヤート、山梨ワインの七俵畑)、どちらかというと長野勢が強かったんですが、甲州を得意とする中央葡萄酒がいきなり金(しかも部門最高賞)を獲得しました。ここ数年実力をのばし去年あたりから注目されていましたが、これは勝沼にとっては久々の快挙ですね。


フジッコのノアノアも上位銀ですし、欧州系赤、長野には負けてられないぜという気概が伝わってきます。


胎内高原ワイナリーの金もダークホースでした(こちらも去年から注目を集めましたが)。市の直営なんですね。品種もツヴァイゲルトレーベ。面白い存在です。


ここに出品をされない優秀なワイナリーもたくさんあるので、一概にいえない部分も多いのですが、全体の趨勢を眺めるには非常に貴重な機会です。


皆さんもぜひご覧になってください。


http://www.pref.yamanashi.jp/jwine/

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。