民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、党本部で緊急に記者会見し、自身の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京第五検察審査会が小沢氏について「起訴相当」を議決したことについて、「私としては意外な結果で驚いている」と語った。

 そのうえで小沢氏は「1年にわたり捜査が行われ、不正な献金はなかったと、脱税など実質的犯罪はなかったと検察の捜査として結果として証明された。それが不起訴となった。最終的には、検察当局の適正な判断がなされると信じている」と語った。

 進退については「私は検察の捜査で不起訴になっているし、何もやましいことはしていないので、与えられた職務を淡々と全力でこなしていく」と述べ、幹事長を続投する考えを示した。

【関連記事】
「検察もがんばっちゃったねえ」石川被告は電話で談笑
首相、小沢氏起訴相当に「コメントは控えなければならない」
岡田外相も「ご本人がコメントされるべきこと」 小沢氏「起訴相当」で
小沢“恫喝”に屈せず…「起訴すべき」検察審査会が議決
亀井氏「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は突き進む」 小沢氏「起訴相当」の影響否定
「裸の王様」次に座るのは…

エンジンルーム内の可燃物置き忘れで火災72件(レスポンス)
<拳銃>女性巡査長がトイレに置き忘れ3分後発見 兵庫県警(毎日新聞)
総合出版社のリストラ内幕 時々刻々「ドキュメンタリー」暴露(J-CASTニュース)
防衛省関連の独立行政法人、家賃二重払い(読売新聞)
<強盗>エステ店に2人組、経営者ら縛り財布など奪う 茨城(毎日新聞)
AD