社民党の福島瑞穂党首は29日朝のTBSテレビ番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で消費者・少子化担当相を罷免されたことに関し、「個人として罷免されたのではない。重大な決意をしなければならない」と述べ、改めて連立維持は難しいとの考えを表明した。

 福島氏は、連立を解消することで夏の参院選での民主党との選挙協力に悪影響が出るとの懸念に対し「選挙がどうこうという問題ではない。(同県名護市)辺野古に基地という閣議(決定)に署名したらもう沖縄に行けない。もう外を顔を上げて歩けない。それくらいの信義の問題で言ってきたことを実行すべきだ」と強調した。

 同党の又市征治副党首も別の民放テレビ番組で「連立離脱は筋だ」と指摘。離脱の場合は、同党から政府に入る辻元清美国土交通副大臣の辞任に直結するとの見解を示した。また、又市氏は宮崎市内での講演でも福島氏の罷免にふれ、「鳩山内閣はつぶれる。一昨日から民主党の中から鳩山降ろしがとうとう始まった。今は水面下だが大きな動きになる」と述べ、参院選前の首相退陣は不可避との認識を示した。

 一方、福島氏とともにTBS番組に出演した自民党の石破茂政調会長は「辞めるべきは福島さんではない、それは首相だ。『国外、最低でも県外』と発言して衆院選で票を取った。謝ってすむ、軽々しい問題ではない。民意を甘く見るなということだ」と批判した。

 川内博史衆院国土交通委員長(民主党)も同じ番組で、政府方針に対し「賛成しない。辺野古はそもそも無理だ」と述べた。

高松港に「太平洋の白鳥」登場 船の祭典2010開幕(産経新聞)
<掘り出しニュース>潮干狩り早くもピンチ GWに市民殺到、貝は絶滅寸前(毎日新聞)
クラシックカー 全国から名車が大集合 愛知・長久手(毎日新聞)
橋下知事「都構想への支持ではない…」 微妙な軌道修正の理由(産経新聞)
トラウマ、脳に影響 性的虐待8割に解離性障害(産経新聞)
AD