仙谷由人国家戦略担当相は23日の閣議後の記者会見で、民主党執行部が小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長の解任を決めたことについて、「党あるいは鳩山内閣にとって悪いタイミングでこの種の出来事があった。もう少し上手な対処の方法がなかったかなと思う」と述べ、執行部の対応に苦言を呈した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

日中韓「今まで以上に良好に」=東アジア共同体の意義強調-鳩山首相(時事通信)
「橋下新党」4月中旬旗揚げ=府議会内会派は1日発足-大阪(時事通信)
乳児虐待死の父が起訴内容否認「まったくの間違い」(産経新聞)
<地震>和歌山県で震度3=午後1時20分(毎日新聞)
可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)
AD