受験でお世話になった親に感謝を伝えたいと思っても、なかなか実行していない-。大学生のこんな傾向が、大手予備校の代々木ゼミナール(東京都渋谷区)の調査で分かった。

 昨年度実施した一般入試で大学に入った1年生300人に今年2月、インターネットで調査。その結果、感謝したい相手は母親がトップで66.9%、次いで高校の先生59.1%、父親45.6%、友達43.1%、予備校の講師ら22.4%など(複数回答、以下同)。

 感謝の伝え方を相手別で見ると、「直接の言葉」が高校の先生75.9%、予備校の講師73%、友達60.3%となったほか、父母や兄弟も50%を超えた。一方で、「感謝を伝えていない」も母親で40.4%、父親で39.1%と高率を占めた。

 親200人への調査でも、感謝の気持ちを子供から「伝えられなかった」が42%。半面、「受けたい感謝の伝えられ方」は「直接の言葉」が89.7%と高かった。

【関連記事】
本格的受験シーズンへ 受験生にも不況の影響
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情
『子供を勉強させる法』本が人気 じっくり観察、興味探る
【私も言いたい】外見で不合格はダメ? 「校長に処分」は賛否半ば
受験生の親必見 「塾ソムリエ」著書が大人気のワケ

領事らと接見後、取り調べへ=過去の事件も「鋭意捜査」-捕鯨船侵入事件・海保(時事通信)
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件(産経新聞)
<東京大空襲>世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
<素敵カラダプロジェクト>ヘルスケア商品で心も体も健康に レッスン始まる(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>札幌地裁が和解勧告 全国で初(毎日新聞)
AD