菅伸子夫人(64)がテレビで、前ファーストレディーの鳩山幸夫人(66)のようにはできないと話したことが話題だ。手をつなぐなどして夫婦仲を演出し、セレブのように名士と交流するのが似合わないというのだ。

  「普通の生活をしたいんですけど」

 菅伸子夫人は、ファーストレディーになることが決まった2010年6月4日、マスコミの取材にこう心境を漏らした。

■ファーストレディーの呼び名も拒む?

 さらに、呼び名さえ拒むような発言までした。

  「ファーストレディーとは大統領夫人のことで、違和感を覚えます。首相夫人でいいです」

 伸子夫人は、いとこの菅直人新首相(63)と一緒に市民運動をしながら、絆を深めた。草の根の活動を大切にしてきた、いわば庶民派だ。それだけに、セレブ層を連想させるような呼び名に抵抗があるらしい。

 対照的なのが、鳩山由紀夫前首相の幸夫人だ。着飾った服で前首相と手をつないで歩き、韓流スターを官邸に招くなどセレブ臭が目立った。これに対し、伸子夫人は、TBSのインタビューで、幸夫人が引き合いに出されると、目をむいてこう言い切った。

  「とってもじゃないのと思ったの。できないですよ、私。あの人は向いていましたよ、ああいうのね」

 伸子夫人は、ペアで動くのは外国のことであって、日本では、外は夫の菅首相がやり、自分は家を守るものだと主張した。インタビュー中の服も、飾り気のない縦縞のシャツと黒のジャケットだった。

 マスコミの取材でも、夫婦仲をアピールすることはなく、むしろ夫を突き放すような発言が目立った。首相になるのは重いことだとして、「逆に、ご愁傷様かもしれませんよ」と他人事のように話した。

■菅首相と「言ってみれば同志」

 とはいえ、菅伸子夫人は、夫に負けないぐらい政治には関心があるらしい。

 菅直人首相が男を上げた薬害エイズ問題では、ブレーンとして伸子夫人の力添えが大きかったとされる。被害者だった川田龍平参院議員の母で元衆院議員の悦子さんの講演を聞き、「こんな問題を放っておいていいの!」と家庭内でけしかけたのがきっかけになったというのだ。

 それも、草の根の活動を積極的にやっていたからこその成果のようだ。菅首相夫婦がよく訪れる東京・武蔵野市内の喫茶店「上床」経営者の上床敬子さん(71)は、こう言う。

  「直人さんが全国を飛び回っているとき、伸子さんは地元の人たちと密に交流しています。政治的な人脈や財産がない中で、伸子さんの支えがあってここまで来られたわけです。伸子さんは、前掛け、エプロン姿で接客する商店や町工場のおかみさんみたいなものです。共通の趣味が政治で、家庭内の会話もほとんどがそうらしいですよ」

 伸子夫人の飲み友だちという地元の男性は、その家庭内での役割についてこう明かす。

  「内助の功のように、3歩下がって夫を立てる日本的な妻とは違います。友だち夫婦であり、言ってみれば同志ですよ。ただ、お酒を飲んでいて、面白いことを言うのは伸子さんの方ですね。時代の空気を読むのが鋭いですからね。姉御肌で、地元のおばちゃんたちにも人気があります」

 週刊朝日のインタビューによると、伸子夫人は、首相の夫に期待することとして、「公務員制度の改革などの内政」を挙げていた。菅新首相は、どうするのだろうか。


■関連記事
「夫より政治家」といわれる菅夫人・伸子さん「夫婦の名語録」 : 2010/06/07
首相になると菅直人ふたたび「イラ菅」に戻るかも : 2010/06/04
「極限まで進めた脱小沢人事」菅直人は本気でやり合う気だ : 2010/06/07
カブトムシ?クワガタ? 昆虫のようなロボット玩具 : 2010/06/04
職場の話題をケータイで 「J-CASTプレミアム」オープン! : 2010/06/08

敏いとう、菅内閣頼りない(スポーツ報知)
[パラリンピック]住職の井上「もう一度滑れた」骨折克服し
<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)
自見氏が郵政改革・金融相に内定(産経新聞)
準天頂衛星 1号機 8月2日に種子島から打ち上げへ(毎日新聞)
AD