自民党は2日、持ち回りの選挙対策本部会議を開き、夏の参院選の比例代表候補として元衆院議員の片山さつき(50)、平田耕一(61)両氏をそれぞれ公認すると発表した。いずれも昨年の衆院選に出馬したが、落選した。同党としては、一定の個人票を期待できる候補を比例に擁立することで、党勢拡大につなげたい考え。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

自民・園田氏が離党届提出(時事通信)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
水害 荒川決壊で121万世帯停電 中央防災会議が報告書(毎日新聞)
久保が棋王初防衛、九段に昇段(産経新聞)
薬物犯罪で死刑に波紋、日弁連「厳しすぎる」(読売新聞)
AD