本格的な夏の到来を前に、京都の伝統工芸品「京うちわ」づくりが最盛期を迎えている。京都市山科区の「塩見団扇(だんせん)」では、水辺の風景や朝顔など涼しげな絵柄のうちわが作業場に並んでいる。

 色とりどりの絵が描かれたうちわ面に、竹や杉の柄を取り付ける「差し柄」構造が特徴。涼をとるだけでなく、浴衣の帯に差すなど装飾品としても親しまれている。

 梅雨を控えた今がうちわづくりのピーク。同社の秋田悦克(よしかつ)社長(48)は「天然素材で動力いらず。見た目にも楽しい京うちわは、現代にぴったりのエコアイテムです」。

【関連記事】
「ひよの山」うちわ、無料配布へ 大相撲
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も
ゆるりと広がる「和」 伝統工芸品や習い事教室人気
中元商戦、遅めの戦略 高島屋などネット予約と棲み分け
ベッキー・クルーエル、粋に浴衣でもんじゃ

真夏日 東京都心で30.9度 7月下旬並みの暑さに(毎日新聞)
老人介護施設で8千人が「虐待」の身体拘束(医療介護CBニュース)
【集う】「寺島しのぶさんの銀熊賞を祝う会」(産経新聞)
金星探査機「あかつき」を打ち上げ(産経新聞)
「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)
AD