【第55回】公演を終えて

テーマ:

おはようございます!

劇団東俳関西支社事務局です。

 

合同公演「希望のカノン」が、11/5・6の2日間で終了致しました。
ご来場頂いた皆様、並びにご協力頂いた皆様、
誠に有難うございました!!

最終回となりますこちらのブログ、
橋本幸代役を演じました2名より、ご挨拶させて頂きます。
 

 

 

おはようございます、今回橋本幸代を務めさせていただきました牧野未空です!
たくさんの御来場、ありがとうございました!!少しでもなにか伝わりましたでしょうか。
見に来てくれた友達、家族、そして全くの初対面の方からも、『感動した』『泣かされた』『素晴らしかった』と、色々なお言葉を頂きました。この二ヶ月の努力が無駄じゃなかったと感じて、とても嬉しかったです。
祖母の兄弟の方から、『自分のことを思い出した。ありがとう。』と言われた時は、ああ、ちゃんと橋本幸代として皆と舞台の上で生きれたんだなと思いました。

まだまだだ、と言われたらその通りですが、今の私の精一杯は出し切りました!でも、本当に私はまだまだです。それでも、スタッフとして支えてくださった皆様、沢山の尊敬する方々と今回の舞台を作り上げられたこと、切磋琢磨して高め合った逆班の方々、見に来てくださったお客様、敬っても敬いきれない桝井先生、全てに感謝の気持ちでいっぱいです。自分って幸せ者だなあって思います。

劇中で泣いて、終演後のお話で泣いて、帰り際も泣いて、帰った後も、次の日の朝も泣いてしまったのにまだ泣けてくるから人間の体ってすごい。でももう泣いちゃダメですね!折角、《希望のカノン》が教えてくれた強さがあるのに、泣いたらさつきに怒られます(´・∀・`)

長くなってしまいましたが、伝えたいことは感謝の気持ち(´ω`*)!
ありがとうございました!!!

 

たとえこれから20年会えなくても、ずっと、魂のカルテット。

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

皆様おはようございます!!!

さつき役の田中早紀ちゃんと私、

後ろに、ちょぴっと高木先生役の下村広子さん笑

二人ともすっぴんにマスクに帽子に三つ編み笑

道中周りの視線が痛かったです笑

 

またまた登場〜っっ(*゚▽゚)ノ

B班橋本幸代役 藤原菜乃香です。

合同公演 希望のカノン に見に来てくださった方

そうでない方もありがとうございました!!

無事、2公演終えることができ、ホッとしています。

 

この2ヶ月、演技だけでなく、

毎日筋トレ、体感トレーニングをしたり、

セリフで「この美しい脚のどこが馬脚よ!」

って言うのがあったんですけど、

自分でゆうだけあるので、綺麗な脚を作るよう努力したりと、

心も体も成長できたかなと思います。

 

役者を目指して約2年、少しでも変われていたら幸いです!!

まだまだ全力投球で行こうと思いますので、

これからもよろしくお願いします( ˊᵕˋ )♡

 

最後になりましたが、

この希望のカノンに関わってくれた出演者、スタッフの皆さん、

応援してくださった皆様に、感謝します。

ありがとうございました!!!

またどこかでお会いしましょ〜(*´▽`*)

 

 

劇団東俳関西支社の次回の公演は、2017年3月を予定しております。

詳細は劇団東俳公式ホームページにてお知らせ致します。

またのご来場、心よりお待ちしております。

 

AD