ゴルフとカラダのスランプ脱出請負人
ゴルフコンディショナーの石渡俊彦です!


あなたのショートパット、最近決まっていますか?


そう言えば最近パット数が増えたなぁ〜


と感じたら、打ち方を、いやインパクトを変えてみましょう!


どういう事かというと.....


湿度に関係あり!
なのです。


冬場の乾燥したグリーンでは、ラインにのせればカップに届いてくれましたが、湿度が高くなってくると、グリーン上の芝も同様に湿度を含み、思ったほどボールが転がってくれません。


という事で、これからのショートパットでは、インパクトをしっかりヒットする必要があります。


撫でるインパクトでは芝目や傾斜の影響を受けやすい。


テークバックをコンパクトにして、
「ポン!」とヒットしてあげます。


そうそう、グリップもちょっとしっかり握りましょう。


最近どうも....
と思うあなた、明日のラウンドで試してはいかがですか?


石渡俊彦YouTubechannel


ゴルフスタジオf
AD
ゴルフとカラダのスランプ脱出請負人
ゴルフコンディショナーの石渡俊彦です!


あなたは「インパクトゾーン」を意識して打っていますか?


もし、あなたがインパクトの瞬間に、力みがちであればその方がいいでしょう。


しかし、どうもインパクトが流れている、もしくは薄い当たりが多いと感じたら、
それはインパクトの「点」を意識すべきです!


では、インパクトが流れるとはどんな状況か?と言えば


インパクト前にカラダや顔が上を向きはじめています。


ですから、そんな時はパンチショットの練習が必要です。


パンチショットは意識も力も、下へ下へと動くものでなければ、しっかりヒットすることは不可能です。


グリップを短く持ち、スタンスをやや狭めて、ハーフトップからしっかり打ち込む!


この練習でインパクトがしっかりしてきたら、通常のスイングに戻すことを試してみましょう。


インパクトがしっかりするだけで、アイアンの距離が変わります。


ドライバーの飛距離のわりに、アイアンが飛ばないなぁ〜
と思うのであればチャレンジしてみましょう!


石渡俊彦YouTubechannel


ゴルフスタジオf
AD
ゴルフとカラダのスランプ脱出請負人
ゴルフコンディショナーの石渡俊彦です!


あなたのテークバックはゆっくり派?
それともサッとあげる派?


日本には「テークバックはゆっくりあげる」がいいとされる傾向があるようです。


果たしてそれは正しいのか?


今まで、延べ8万人近いゴルファーを見てきましたが、リズムは人それぞれ固有のテンポがあります。


もちろん「ゆっくり」した方がいい人もいますが、必要以上のゆっくりは「力み」を
生みやすくなります。


そこで、自分に合うリズムの探し方ですが、手頃なのは「連続素振り」です。


無理なく10回ほど、同じスピードで振れるリズム。


これこそが、あなたに合ったリズムです!


そのリズムで連続打ちをすると、何が起こるか?


スイングの殆どの癖は修正されます。


なぜかと言うと、余計な動きをする「間」が無いからです。


今までの改善例を挙げると
・オーバースイング
・テークバックの変な癖
・ダウンスイングでの突っ込む癖
などなど他にもあります。


シンプルだけど効果の大きい「連続素振り」あなたも是非試してはいかがですか?


石渡俊彦YouTubechannel


ゴルフスタジオf

AD
ゴルフとカラダのスランプ脱出請負人
ゴルフコンディショナーの石渡俊彦です!


あなたはゴルフの夢を見たことありますか?


コンペの前に、不安で寝付けなくて、布団から起きて素振りをしたことありますか?


私の周りにいるハンディキャップ5以下の方達は、必ずある時期に「ゴルフバカ」になってやり抜いたそうです!


もちろん仕事もしながら。


クラチャンになりたくて、店を開ける前に、自転車で往復10キロのロードを欠かさずやった人。


出世よりゴルフを選び、毎日練習場で球を打ち続けてクラチャンになった人。


毎朝5時に起きて1時間のウォーキングを日課にしてクラチャンになった人。


何事も想いの深さによって行動が変わり、見える景色や世界も変わるんですね。


勘違いしないでくださいね。
皆がクラチャンを目指せ!
と言っているわけではないですから。


ただ、「上手くなりたいなぁ〜」ではなく、「上手くなりたい!」と思っているのであれば、自分に何かを課すべきだと思います。


「痩せたらいいなぁ〜」と言って、ポテチを食べてたら.....


と、一緒ですよ。


石渡俊彦YouTubechannel


ゴルフスタジオf
ゴルフとカラダのスランプ脱出請負人
ゴルフコンディショナーの石渡俊彦です!

ゴルファーなら知っておきたい!
スタート前の簡単ゴルフストレッチを
紹介します。


プレー中にすると持続効果がありますよ。


石渡俊彦YouTubechannel
「ゴルフストレッチ」をご覧ください。