Gリーダーのつぶやき

ポジティブアースネイチャーズスクール所属のGリーダーについてのブログです。

Gリーダーについて、研修について、活動について書き込んで行きたいと思っています!!


テーマ:
ブログの下書きがたまりまくってます⏪
書き直し何回目かわかりませんたいがです⏪
 

早速ですが、わたしはきらきらした目をした子どもが大好きです。
いや、老若男女問わず基本的にきらきらした目をした人が大好きです。

と思うのはいつもレンジャーで初めての経験をした子どもたちや
活動に向けて頑張っているリーダーがいるからです。
(本当にみんなこんなとき目輝いてるんです)

この前実習で、早くもセミの脱け殻を見つけました!
子どもに見せたけど
子どもの目はまん丸!驚きの顔!!!
3歳だとまだセミの脱け殻すら知らないようで、、、
先生見せて!先生ここにつけて!
こわい!!!⏪と言いながら嬉しそうに見てくる子

新しい発見を、したときの嬉しそうな子どもの表情は何かいつもパワーをくれます◎


きらきらした目をしている人は
何かを求め、探し続けている気がします。
何か新しいことを発見している気がします。

(と、なんかかっこつけみたいな文になった)


大人になると、目をきらきらする機会が減ってしまうというイメージがあります。⏪あくまでもイメージですが。
それはきっと現実と向き合ったり、知ってしまったりするからでしょうか。


私は運良く、大人になっても目がきらきらしている大人に出会う機会が大学生活のなかでありました◎
何より自分もそんな体験をGリーダーや様々な活動を通してしています。
本当にやっててよかったなぁって染々思います。
周りの人や環境に感謝しまくりです、ほんと(*^^*)

1年後には社会人。色んな現実や厳しさに苦労するんやろけど、社会に出ても目を輝かして働きたい!それだけは忘れないでいようと思います。

そんなあたしの野望はきらきらした目をした子どもを増やすこと(笑)
ビッシュのきっかけづくりにも繋がる話かもしれません!ビッシュのきっかけづくりに共感しまくりのたいががお送りしました!


書き直した割りには
なんだかな~な文ですが、
読んでくれたかたありがとうございました。


そういえばこの前の下見でおたまじゃくし卒業中の子見つけました◎
カエル大好きですミロが目を輝かせていたな~そいえば(o・・o)/~


 



 
AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
こんにちは。15期のビッシュです。
早いもので僕も4回生。先週、教育実習を終えました。
この時期、Gリーダーの上期生は実習ラッシュを迎えるのですが、帰ってきた姿を見ると、大きく成長した雰囲気を感じます。

長い人生の中のたった2週間や3週間で人がそんなに大きく変わるはずがないのに…と思っていましたが、実習はリーダーにとって成長の「きっかけ」だったんだなと最近気付きました。

人は日常にコツコツと成長する力を溜め込み続けて、何か非日常的な体験によって、一気に成長すると今は考えています。

そして、アースレンジャーも子どもやGリーダーにとって「きっかけ」のひとつになればいいなと思っています。

自分と向き合う中で新しい自分を見つけたり、モヤモヤしている感情に納得できるようになったり、
また、これからの生活において見方・考え方が変わり、数年後の成長の助けになったりと、「きっかけ」の形はいろいろ。



さて、来週の日曜日は、フィッシングアドベンチャー。
冒険心、我慢、試行錯誤、満足感、たった1日の間に様々な感情が体験と共に子どもの中で起こります。

どんな表情を見せてくれるのか、楽しみです。


たまには真面目な話をするビッシュでした。
AD

テーマ:
こんにちは。17期の、とがぼーです。
突然ですが、あなたは親しい人との別れが来たらどうしますか?先月、僕には予想外な出来事が起こりました。それは「大きな別れ」です。それもひとつではなく、たくさんです。
季節が春だったら「大きな別れ」がたくさんあってもおかしくないように思えますが、まさか夏に「大きな別れ」が来るとは思いませんでした。

先月のその「大きな別れ」たちの中で、今回このブログで書こうと思うのは、同期(17期)のコロッケのPENS脱退のことです。
ここで、彼のことを少しだけ紹介すると、彼は人に本当に優しくすることができ、誰とでも仲良くできる人間です。僕は彼のことを本当に尊敬していたし、彼の活力に嫉妬さえしていました。また、彼にたくさん影響を受けていました。
そんな彼が、突然やめてしまったのは本当に悲しいことです。

最近、会者定離(えしゃじょうり)という言葉を知りました。会者定離とは、この世で出会った者には、必ず別れる時がくる運命にあるという意味の仏教語のことだそうです。この世の約束であるとは言っても、いざ、自分が体験するととても切ない気持ちになります。

しかし、事前に別れることを知れたことはとても良いことであったなと思います。日々の中では、別れが日常的に見られ、あれがあの人との最後だったんだ、と後から分かることが多く、残念だからです。

彼と仲間になれたことは僕にとってとても有益でした。彼は僕が困ってるときにたくさん助けてくれたし、彼と子どもとの関わり方を見るのはとても勉強になったからです。
そんな、僕にたくさんの影響を与えたコロッケを彼がPENSに帰ってくるまでに、逆に影響を与えられる、彼に僕を「すごい」と思わせられる様な存在になりたいと考えました。

別れるというマイナスのことだけを考えるのではなく、プラスに考えてみた17期とがぼーでした。
AD

テーマ:
何だかんだ毎日楽しく生きている
16期こすもです。笑

最近、周囲でも将来のことについて
聞いたり話したりすることが多いので、
今回は私の将来について
ちょこっと書かせていただきます。

こすもの日常はというと…

家の外では、周囲の人から
頑張ってるねと言っていただけることも
多いのですが、

家の中での私はというと、
いつもだらだらと過ごし
うとうと居間で寝てしまうこともしばしば。
意味不明な独り言もぶつぶつ言う私は、
家の中でも変わり者として扱われています(笑)
そんな私は、家の人から呆れられています。

このように、
まだまだ頼りきって生活している私ですが、
来年からは社会人です。

1人で新たな場所へ飛び出そうと
しています。

とても不安ですが、それよりも
ワクワクした気持ちの方が大きいです!

新しい場での新たな出会い、
子どもたちと一緒にワクワクする体験をすること、
自分はどこまでやれるのかという
自分への挑戦など…

この近い将来の選択が、合っているのか
間違っているのかなんて
やってみないと分かりません。
人生は一度きりなので
今、自分がやってみたいことを
来年からの仕事として選択したつもりです。

しかし他にも
まだまだやってみたいことが
たくさんあります。
ちょっと大きな?将来の夢だってあります!笑

だから、毎日がむしゃらに全力で
生きていきたいです。
そして、いつかは家族にも見返してもらえるような1人前の社会人になりたいです。

いつも笑顔とワクワクする気持ちを忘れずに~☆

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
AD

テーマ:

16期、みどるです!

 

ブログに何を書こうかと迷います。

最近、将来のことについてすごく迷います。。

試験の対策講座、インターンシップのエントリーなどが始まっていて、周りの人たちも動き始めているので、焦ります。(><)

どうしよ―――!

 

よもぎが百井女子を紹介していたので、私は最近の私の兄弟の様子を書きます!笑

私は3人兄弟の1番上です!

下に高校3年生の弟と中学2年生の妹がいます!

 

弟は最近、髪の毛にワックスをつけて学校にいくようになりました。笑

毎朝鏡の前で、髪をかぴかぴ、つんつんに立たせてセットしている弟をからかうのが私の日課です。

 

妹は、今まで自転車で通学していたのに、4月の健康診断が終わってから20分歩いて学校に行くようになりました。そして、2日に1回は遅刻しているそうです。

ダイエットのためだそうですが、あくまで徒歩であり、遅れても走ることはないそうです。

不思議ちゃんです。笑

 

私自身いろいろ悩みはありますが、今の生活も長くは続かないだろうし、もちろんPENSの活動も!今のうちに満喫しておこうと思います!

 

以上みどるでした!


テーマ:

17期のよもぎです。百井の女子メンバーの紹介します。

きなこ…食べるのが大好きな女子です。ですが、最近はあまり食べすぎないようにしていて、周りから心配されています。
あられ…納豆大好き女子です。なっとうへのこだわりは並々ならぬものです。しかし、朝は食べないそうです。
ちゃこ…ちゃこの体はトマトとニンジンでできています。レンジャーの朝はいつもトマトジュースを飲んでいます。

百井女子はおもしろい人ばかりですよ。

テーマ:
こんにちは!
17期のリアンです!
Gリーダーブログ初登場ですが、よろしくお願いします!!

とがぼーに学校で会うたびにはやく書けと怒られるので仕方なく書いてみた…なんて言いません。(笑)
しかも初めてのGリーダーブログということで何を書こうか考えたのですが、みんなのように何も面白いことが浮かばず…(笑)

なので、今日は最近のモットーについて書こうと思います!

最近私は自分に正直に生きるということをモットーにして生きています。
自分に正直に生きる、というと簡単に聞こえるかもしれないんですが、実際にやってみると案外難しいんです。これが。

そもそも自分に正直に生きるって何なんでしょう。
私は自分の好きなことだけやる、やりたいことだけやる、欲望のままに生きるというようなイメージが強いです。

でもこの年になると嫌でもやらなくてはいけないことや、気が乗らなくてもやらなくてはいけないことなんてたくさんあります。

私はそんな生活に流されて自分の好きなこと、やりたいことができなくなってしまうのが嫌なので、これをモットーにすることにしました。

それからというもの、自分の好きなことを貫くということはそれなりに勇気のいるものでしたが、周りの人もわかってくれましたし、良い意味で「私らしさ」がでたように思います。

そんな感じでこれからもマイペースに私らしく生きて行こうと思います。
みなさんあたたかく見守ってください。(笑)

なんかうまくまとまらなかったですね…(笑)
本当はもっともっといろいろなこと考えてるんですけどうまく文章にできませんでした…。興味のある方はまたきいてくださーい(笑)

リアンでしたー。
タイトルに大した意味はないです…(笑)








テーマ:
大学の付属小学校で実習中の16期こまちです!

6月8日から2週間実習があるため、
私の実家である滋賀を離れて、
祖母の家がある京都に住んでいます。

慣れない環境のもとで生活すると、
すぐに体調を崩してしまうのですが、
実習1日目にしてさっそく風邪をひいてしまいました…(笑)

でも、いざ小学校で子どもたちと関わってみると、自分が風邪であったことを忘れてしまうくらいみるみるうちに元気になりました!子どもたちのパワーってすごいですね☆(笑)

さて、今日はそんな実習での話を、少しだけお話ししたいと思います。

私は5年生のクラスに配属されました。
そのクラスの担任の先生は教師歴が長く、教養も深く、子どもたちはもちろん、教育実習生の私たちにも日々いろんなことを教えてくださいます。

私の配属されたクラスの中でも、人間関係の良い悪いがあるようで、それを担任の先生は「ハリネズミ」の理論で人間関係を例えていました。

ハリネズミは、頭と背に針状の毛があり、危険に遭えば体を丸め身を守る。
近づきすぎると針がお互いを刺してしまって痛い。
しかし、離れすぎると今度は寒いため、お互いにほど良い距離を保って共存している。
つまり近づきすぎないよう、離れすぎないよう、お互いのバランスを保ちながら心地よい距離でいるのがいいという理論です。

特に子どもは上手くいっているうちは楽しいけど、些細なことで人間関係のバランスを崩して、ケンカになってしまいます。

「そのバランスを取りもつのが担任の先生の役目である」ということをおっしゃっていました。

深いい話ですが、子どもたちの関係を考えて、誘導していくのはまだまだ勉強が足りないと痛感しました…。

人間関係は大人でも上手く付き合っていくのは難しいのに、いろんな考え方や世界を知らない子どもにとっては、なおさら難しいものですよね…。

他にもたくさんの深いい話を教えていただいたのですが、長くなりそうなのでここら辺で終わりにしておきます(笑)!

実習は残り5日間ですが、たくさんの学びを吸収しながら、子どもたちといっぱい関わっていきたいと思います!

16期こまち




テーマ:
17期のさのすけです。さのすけですが、女の子です。

ブログに何について書こうかなって考えていました。
最近、色んな事があって1個がなかなか決めることができなく、少し困っていました。
ちょっと見方を変えると色んな事のある毎日が幸せだなとも感じたりしてました。
ふと、小学5年の時に『今日もふつうの1日で何も書くことがありません』なんて日記に書いて先生を呆れさせた事を思い出しました。
今の私を8年前の私が見たらなんて思うかな?

考えていることを言葉にするのは難しいので、他の方法で私の近状報告を


今日の夜に見つけました。




蛍の季節になりました。
お家の近くにいます。

テーマ:
今週末のアースレンジャーのマスターいるか日程がとっても楽しみな17期のトガぼーです。さぬきのチーフ代行頑張ります!

僕はこのブログを書くにあたって日頃から何を書こうかなと話題を探しています。これを書きたい!ってことはたくさんあるのですが、気持ちを言葉に変換する作業が苦手なため、中々上手くいきません。実はこの文章ももう何回書き直してるかわかりません。言葉は難しいです。

さて、最近僕には難しいなと思うことがあります。
それは人の気持ちについて考えることです。なかでも一番難しいのは「共感」です。

今年は昨年よりさらにたくさんの大人、子どもと関わる機会が増えました。
アースレンジャーや百井キッズの活動中での子どもやリーダー、日常で関わる人々との関わり合いの中で、その難しさが分かりました。
「あの時、なぜあんな言葉をかけてしまったのだろうか」とか「なぜあんな行動をしてしまったのだろうか」と日々後悔しています。

「共感」は非常に数が少ないと思います。人の言っていることを理解することや、自分の言っていることが人に理解されないことは非常に悲しいことです。また理解されても人の価値観は一定ではないので、やはり難しいなと思います。

しかし、その少ない「共感」の中で偶然にも共感できたとしたら、それ以上嬉しいことはないというくらい幸せな気持ちになります。僕は共感することで相手のことをもっと知りたいと思ったり、共感して話している中で自然と笑顔になれるのです。

「共感」を多くしていくにはどうしたらいいのだろうかと日々考えています。
積極的に行動するのも1つの手であると思いますが、なかなかうまくいきません。
また人の気持ちを考えることが嫌になって人と話したくなくなることもしばしばありますが、それでも話したいと思える人もいたりして分からなくなります。

これから先の人生で、人の気持ちについて考えていけたらいいなと思うトガぼーでした。
今回は特に何を伝えたかったのか曖昧になってしまい、拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇