スイレンのいけ

テーマ:

平水域で行う実習や指導演習の際に利用している「黒潮プール」には、隣接している池があります。

 

そこは、ちょっとしたビオトープで、きっと沢山の珪藻が観察できるのだろうと思われるほど、栄養が豊かな水質です。

 

 

睡蓮が咲き乱れ、それ以外にも、いろいろな動植物が生息をし、この画像の中にもイトトンボが3匹見られます。

 

いつかは、カエルと一緒に撮影したいと思っていますが、なかなか適いません。

 

 

水音に目を向けると、大きなオタマジャクシが睡蓮の葉の上に乗っていました。

 

池の中を覗き込むと、沢山のオタマジャクシが泳いでいました。

これが全部カエルになったら、さぞかし喧しい池になるのだろうなぁと思いました。

AD

食欲の初夏!

テーマ:

 

オオモンハタがホタテウミヘビの幼魚を捕食していました。

 

つきたての一升餅を飲み込む伝統芸のように(笑)途中まで

は、ングウグ飲み込んでいきましたが、一旦はリリースして

しまいました。

 

しかし、また瞬時に捉えて、半分くらいまで収まったところ

で観察は、止めて他に移行しました。

 

胃の中に丸めた状態にして収めているようですが、上手く

丸まらないと、いつまでも口から尾が出たままになっている

事があります。

 

自分の体長よりも大きな対象を飲み込むわけですから、この

円形収納ができないと無理なんですよねぇ。

AD

果敢に

テーマ:

昨日は、今シーズン初のウエットで潜ってきました。

今ごろぉ?って思うかも知れませんが、底はまだ16

度しかないんですよ。

それでも上は17.8度と快適な水温になって来ました。

 

 

そして、衣替えだけでなく、ワイドでも攻めてきました。

 

今さらですが、スミゾメウミウシが大産卵でした。

 

それだけ、水温が低いってことですよね。

 

 

そして、浅瀬でもワイドでカマキリの撮影!

18mm側ですが、中央に認識できるくらい成長した

カマちゃんが居ます。

 

 

カマキリを捜していたら、シモフリシマハゼやベニツケ

ギンポ(ダイナンギンポだったらゴメンなさい)の少し

成長した個体も見れました。

 

スミツキは相変わらずですが、イッテンが3個体になって

いて、あそこにいるもう1個体の大きなやつは、スミツキ

っぽくないですか。

と思ったら、4個体の内、2個体はスミツキでした。

 

また確認してみます。

AD

週2で漕いでます

テーマ:

ここ3週は、週2回は授業でSUPに乗ってます。

 

あ、遊んでいるわけではありませんよ(笑)

 

ダイビングの前にもSUPでWORK OUTしているので、

かなり大胸筋と上腕筋が良い感じになってきました。

 

あまりやり過ぎると、フリーダイビングに影響が出る

ので、ここからはあまり負荷をかけないように維持の

方向に切り替えます。

 

 

うっすら富士山が見えました。

もぉ居ないだろぉ

テーマ:

エキジット間際の膝下水深の探索は、そろそろ終わりかなぁ

と思いながらも後ろ髪をひかれ捜してみました。

 

 

居た!

 

 

まだ移動していない個体が居るんだぁと感心していたら...

案外沢山残っていました。

すでに4cmはあり、十分遡上サイズです。

 

数年前も、5月中旬になっているのにウロウロしている個体が

いて「海封型」カマキリの誕生か!?(笑)なぁ〜んて思った

ことがありましたが、この大潮でも河口に向けて移動しないって...。

 

大丈夫か?きみたち。アユはバンバン上っているよ。

 

ホヤの繁殖

テーマ:

 

真崎で観察されるホヤの仲間です。

 

通称コーラスボヤ。

 

合唱しているように見えるので、そのように呼ばれており

ます。

 

以前も、お話ししましたが、最近は画像の現像時に27inch

の画面一杯に展開してチェックするので、こんなものが写って

いたという気付きがあります。

 

今回も、その写っていたという結果論からです。

 

 

拡大・トリミングして見ると卵のようなものが写っていました。

 

ホヤの繁殖に関して、あまり詳しくないので、産卵によるものと

増殖によるものの2パターンがあるのではないか、と言う程度で

ほぼ分かりません。

 

この大潮で放出が終わっていなければ、是非!見てみたいです。

あいかわらず

テーマ:

水温は、15〜16度台をいったり、きたり。

 

5月も中旬だと言うのに、いまだに衣替えしていないなんて、

近年稀に見る状況です。

 

なので、いまだにこんなネタ(苦笑)

 

 

割りと見栄えの良いサギフエ(詐欺増えと変換されてわらい!)

がいました。

 

奥の個体が首折れ鯖みたくなっています。

 

 

捕食して、吸い込んだ毎水を排出しているようですね。

 

それが、たまたま写ったようです。

今日は、久しぶりに朝っぷしてきました。

あなたもスタンプをGETしよう

なんか、スタンプが押してあったので、そのまま
使います。

まずは、沖堤一周!

途中でコーヒーブレイク。



富士山も見てていて、ご満悦(笑)

そのまま、内海から造船場へ方面に行ったら...。



奇麗な虹の航跡が...。



かなり広範囲に....。

ワザとじゃないのは分かるけど、ちゃんと後処理しておかないとねぇ。

さて、これからダイビングです。

明日の夕方、フライトがあるので、早めに上がります。

そろそろ そじょ〜!

テーマ:

 

水深30cmの世界では、カマキリが着実に成長しております。

この個体は既に4cmほどになり、いつでも移動できる状態に

なっています。

 

 

食べ物の影響なのか、こんな茶色っぽい個体も見かけます。

ちょろちょろと動くので、撮るのが大変です(苦笑)

 

いきなり、ぱっ!と居なくなるので、この大潮と次の大潮は

注意が必要です。

 

アユもカマキリも大潮を一つのタイミングとして遡上している

ようです。アユは、この大潮で上っているみたいですよ。