婚約指輪
2009-08-25 20:49:04

鼻水が止まらない子の9つの共通点

テーマ:アレルギー性鼻炎

冬はもちろんのこと、夏でも鼻水がよくでるお子さん、


たまに見かけます。



そのような子の共通点を8つご紹介




1 口をぽかーんと開けている。


これは口呼吸の可能性大、人間の呼吸の基本は鼻呼吸です。


慢性的な鼻呼吸は、免疫力を落とします。


詳しくは、こちら




2 小麦粉製品を多く食べている。


パン、焼きそば、ラーメン


小麦粉は体を冷やす食品です。


とりすぎにご用心


小麦粉は、アレルゲンになりやすい食品の一つです。


くわしくはこちら






3食事の前や最中に冷たい物、ジュースを飲んでいる。


冷たい物は、腸の温度をさげ、体を冷やし免疫力を落とします。



くわしくはこちら




4おやつにアイスクリームや氷を食べる


ジュースと同様な理由です。


またアイスクリームには乳化剤(別名界面活性剤)、


トランス脂肪酸をふくむ植物性の油でつくった、


クリームなどを含んでいます。


安い油を原料とする食品はは、まず体に悪いものと考えてよいでしょう。



5麦茶を飲んでいる


小麦アレルギーの子供はほとんどが麦茶の原料になる大麦にも反応することが多いです。


麦はアレルゲンになりやすいばかりか、体を冷やす食品。


夏などはそれを冷やしてさらに体を冷やすのです。


体の冷えについて知らなかった私は、


以前娘に麦茶を毎日飲ませてしまっていました。


赤ちゃん用の飲み物のほとんどのメーカーが出しているから、


体にもよいだろうと勝手に思っていました。


しかし原因がわからず、鼻水が何ヶ月も続きました。


麦茶を止めたらとすぐに鼻水が出なくなり、


今ではほとんど鼻水を垂らしていることはありません。。


これからは暑さもやわらいできますので、


アレルギーのないお子さんでも、麦茶などは飲ませない方がよいでしょう。




6物を多くとっている、ある特定の野菜を食べ過ぎている


果物はアレルゲンになりやすいばかりか、


体を冷やす食べ物です。


南国のフルーツ、バナナやキウイ、パイナップルなどは生ですとかなり


体を冷やします。 果物アレルギーについてくわしくはこちら


また秋の果物、なし、かき、なども体を冷やす要素ですので、


食べ過ぎには十分ご注意ください。


トマトなども体を冷やす野菜ですし、


アレルギーの起こる原因、ヒスタミンを多くする原因です。


野菜などを食べていれば、果物で栄養をとる必要はありません。


むしろ余分な糖分をとることになりますので、


摂取量を考える方がよいです。



また果物を食べるとカリウムが多くなり過ぎ、


野菜を食べたくなくなることがありますので、


離乳食にもあまり取り入れない方が、


偏食の原因を防ぐことができます。




7砂糖を多くとっている。


砂糖は、このブログでも育児に大敵食品として紹介しています。


味覚が鈍くなる原因ですので、


偏食しやすくなりますし、砂糖も体を冷やす食品です。


くわしくはこちら



8牛乳を飲んでいる


牛乳も育児に大敵食品と紹介しています。


牛乳を飲むと、喉が渇きます。


するとまた牛乳やたくさんの水分をとり、


体を冷やす原因になります。


牛乳の害についてはこちら



9刺身や、サラダなどを多く食べている


生ものは、免疫力を落とします。


刺身など生のタンパク質は、体に異物と見なされやすい、


つまりアレルゲンになりやすいため、


離乳食にも使われていないことがわかるように、


乳幼児の腸の消化に負担になります。


またサラダも、体を冷やす野菜を多く使っていますし、


何よりも火を通していない冷たい食べ物です。





以上のような点にひとつでもあてはまらないか、


一度チェックしてみてください。



改善策は、ベルアメンバー記事ベル

PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

麦茶ってあんまり良くないのですね!
知らなかったです・・・
勉強になります(><)

2 ■おはようございます♪

ほとんど当てはまってしまいました・・・(>_<)
だからいつも鼻水・鼻づまりなんですね。
今日から母さん、食生活の改善がんばります!!

3 ■まるさんへ

コメントありがとうございます!
麦茶は麦ですから、アレルゲンになりやすいです。アレルゲンになりにくくカフェインの少ない他のお茶にしたほうが安心ですね。

4 ■ほそやともこさん

コメントありがとうございます!息子さんの鼻炎よくなるといいですね。アメンバー記事の方法ぜひ、試してみてください。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード