ミシュランの東京三つ星

テーマ:
mi

ミシュラン東京登場も秒読みになってきました。

昨日の午後、千代田区でミシュランガイドの総責任者
ジャンリュック・ナレさんが記者会見・東京版の概要発表をしました。

なんとミシュランガイドで最高評価の「三つ星」には
東京は8店が選ばれました。

▽日本料理「かんだ」(港区)
▽フランス料理「カンテサンス」(港区)
▽日本料理「小十」(中央区)
▽フランス料理「ジョエル・ロブション」 (目黒区)
▽すし「すきや橋 次郎」(中央区)
▽すし「鮨(すし) 水谷」(中央区)
▽日本料理「濱田家」(中央区)
▽フランス料理「ロオジエ」 (中央区)

8店というのはかなり予想外の多さで
本場パリの10店には及ばないものの、日本の東京のレベルの高さを
示すことができたのではないでしょうか。

フランス料理が3店
日本料理は5店うち「すし」が2店

場所では
港区2店
目黒区1店
中央区5店
と中央区の強さが目立ち、都心に集中しています。

ミシュランガイドはアジアで初めて東京版が出ます。
アジア初ということは当然日本初。
ヨーロッパ以外でもニューヨークに続いての2番目です。
世界中で見ても日本料理店が三つ星を受けるのも初めてです。

この評価のための調査には日本人二人を含む5人が昨年5月から、
都内の飲食店1500店に繰り返し足を運び、審査に当たったということ。
東京版ではレベルの高さに敬意を表し、
星付きレストラン以外は掲載しないという異例の編集となったようです。

これでますます、レストラン周りが楽しくなりそうです。
しばらくは予約でいっぱいで入れなさそうですが・・・・

ゴールドカード羅針盤のミシュランガイド紹介ページはこちら
AD