皆様こんにちは!

芸術村あすなろではいよいよ山形県での合宿がスタート!
日々イベントごとに、玉庭での子供たちの様子がブログでつづられています。

皆様ぜひご一緒に、子供たちの心も身体も成長していく様子を
お見守りいただければと思います!

ブログはこちらをクリック


空気が澄んでいること、緑が潤っていること、
風の音や虫の鳴き声がすること、写真から感じ取ることができます。
すべてのことを心で吸収し、それが最終日のボレロの音になり、
川崎に戻ってからもきっと心の幹として残っていくことと思います。


また、安部先生からボレロの練習の様子の動画が届きました!
ボレロのリズムを心に刻む稽古、リトミックを交えリズムを体で感じる稽古、
みんな真剣です!








AD
こんにちは!あすなろからケアプラザでのふれあいコンサートの様子が届きました!

今回のコンサートは横浜市恩田地域ケアプラザにて開催されました。

ジュニアオーケストラや少年少女合唱団の演奏、きっとケアプラザの皆様の心を打ったことと思います。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

真剣にヴァイオリンに取り組む子供たちの視線、それにまっすぐな目を会場に向けながら朗らかに歌う子供たちの姿、純粋ですね!

その純粋さ、音や声にのって、ケアプラザの皆様にまっすぐに届いたことと思います。

先生方のあたたかな笑顔もいつもながら感動します。

これからもあすなろの音楽が、気持ちが、沢山の介護施設の皆様の心を温めて広がって行きますように!

芸術村あすなろ応援隊のブログ
AD
こんばんは!!大槌町でのコンサート、皆さんにもお楽しみいただけるよう、動画をアップしました!!

マストでのコンサート その1(約30分)


その2(約30分)


その3(約15分)



つつみ保育園にて その1(約30分)


その2(約40分)
つつみ保育園での子供たちの元気な「オー!」の声、ぜひご覧下さい!


AD
皆様こんばんは!

ゴールデンウィークに岩手県大槌町、そして盛岡にてコンサートを開催した際の写真が届きました!
先日の記事に追加して公開します!

まずは4月30日、つつみ保育園での様子です。
子供たちの笑顔、あったかいですね!
子供たちの心のワクワクのマグマは津波にも消せません!

芸術村あすなろ応援隊のブログ

そしてマスト。吹き抜けを通して、先生方の奏でた音、歌声は天高く鳴り響いたことと思います。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

5月1日にはエールサポートセンターにて。フラダンスダンサーさんの笑顔、素敵ですね!
一つ一つの動き、すべてに意味のあるフラダンス。心を込めて踊っていらっしゃるのが分かります。
芸術村あすなろ応援隊のブログ

そして盛岡復興支援センターにて。華道家の菅原昌子様から安部先生へ花束贈呈の様子もあります。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

少しでも音楽で心を元気に。そんなあすなろの活動の写真から私が感じたこと。
どの写真も不思議なもので、会場にお集りいただいた盛岡や大槌の皆様からパワーを感じます。
音楽をありがとう!という気持ちと、そこから生まれるエネルギーを感じます。
盛岡や大槌の皆様の元気を分けて頂いているような気がしました。

最後に番外編。大槌の今の様子です。
中段左側、赤い灯台を備えたひょっこりひょうたん島が見えます。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

米澤正子先生のお母様の笑顔、本当に温かいですね。
そして川崎より一足遅い満開の桜。どれほど多くの人の心を癒したことでしょうか。
ほのかにピンク色で、たくさんの花で私たちを包み込んでくれる桜。
あすなろの音楽のようですね。

只今、動画の公開も準備中です!もうしばらくお待ち下さい!
またこちらのブログにてお知らせいたします。お楽しみに!
こんにちは!!

先日安部順子先生よりご連絡をいただきましたので早速掲載します!

先日掲載した盛岡での写真、前列左側の方、可愛らしい笑顔が素敵ですね!
今は盛岡にお住まいの菅原昌子様です。
昌子おばさまの妹さんが米澤正子先生のお隣さんだったそうで、米澤正子先生のご実家の皆様と昌子おばさまや妹さんは、古くから心通う関係を築いていらっしゃったそうです。
芸術村あすなろ応援隊のブログ

あすなろが震災前、小学生のみんなとコンサートを開催した時にも大変にご尽力いただき、いつもあすなろを温かく迎えてくださる昌子おばさま。

いつも朗らかな笑顔で、そして可愛らしい口調で、若々しく美しく生き生きとした昌子おばさまは、草月流の華道家でもあります。

そんな昌子おばさまの執筆された記事が、12月28日の岩手日報に掲載されたとのことで、順子先生が記事のスキャンデータを送って下さいました。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

以下テキストデータです。

-----------------------------

2012年12月28日
岩手日報 ―ばん茶・せん茶― に掲載

コインの輝き (菅原昌子)

その日私は、津波で流失した土地のことで悩んでいたが、O町からの連絡があり、「2ヶ月後に答えが出るから待ってください」とのこと。O町役場に足を運ぶ必要がなくなった。

それならば、東京本部の生け花講習会に行こうと決め、現在生活している盛岡の自宅から、盛岡駅へ向かった。新幹線のはやてに乗車し、正午近くにS会館に到着。午後の講習を受けられる事になった。

家元による講義や、ステージいっぱいに生けられた花は圧巻である。講師陣による個性あふれる正月花、クリスマス花を目にして、新鮮な感動の連続だった。被災以来、久し振りに心豊かな充実した時間を過ごすことが出来た。

気が付いたら、もう帰りの時間が迫っていた。外に出て、タクシーに乗せてもらい、「東京駅まで」とお願いした。中年の運転手さんから「ここは何をするところですか」と聞かれた。

「生け花の勉強です」と答えたら「私の親と同年配にみえますが、まだ勉強ですか」と不思議そうな顔。「はい!年ですけど、何か新しいものを覚えたいと思ってー」「そして花を見ていると津波の悲しみが和らぐので」などと、震災の話をしている最中に東京駅に着いた。

1250円を支払い「ありがとうございました」と降りようとしたら、「お客さん、ちょっと」と
呼び止められた。

振り向くと運転手さんが、銀色に輝く500円硬貨を手に乗せている。「少しだけど、帰りにジュースでも飲んでください」と渡してくれた。

駅の構内を走りながら、私の目から止めどなく涙があふれてきた。タクシーの名前も、運転手さんの名前も、聞かずに急いで降りたので、悔いが残る。

いただいた500円は、もったいなくて使うことができない。財布を開けるたびに、1個の硬貨が光り輝いて、宝物となった。
(盛岡市肴町、草月流生け花教師 87歳)


-----------------------------

そしてもう一つ、大槌町の海には蓬萊島という島があります。
それはひょっこりひょうたん島のモデルになった島として有名です。

昌子おばさまの妹様へご友人の絵描きさんが色鉛筆で描かれた一枚の絵。
芸術村あすなろ応援隊のブログ

こちらの絵は、昌子おばさまの妹さんが、大好きな安部先生へ!とプレゼントしたもの。
何もかもが流されてしまった大槌町の家から、安部先生のご自宅に贈呈されていた絵。
もし安部先生にプレゼントされていなかったら、この絵も今頃、津波にのみこまれていたのです。
人と人の心のつながりが一枚の絵を救ったのですね。

この絵に描かれている灯台は津波で壊れてしまいましたが、今は新しくなっているそうです。
様々な人々の想いを重ねて照らし続けている灯台です。



こんにちは!ゴールデンウィーク明け、いかがお過ごしでしょか?
すっかり初夏の陽気となり、新緑の色もすっかり濃くなってきましたね!

芸術村あすなろでは、4月30日より米澤正子先生の故郷、岩手県大槌町にてコンサートを行いました。

東北道をひた走る車中から、順子先生のレポートが届きました。
レポーターの写真です↓↓↓

芸術村あすなろ応援隊のブログ

長い車での旅となる道のり、大瓦さんと雄先生が交代で運転されたそうです。
メンバーは8名、大槌町への想いを胸に、熱いお気持ちを持って東北へ向かわれました。

$芸術村あすなろ応援隊のブログ

初日はつつみ保育園とショッピングセンターのマストでコンサートを開催。
まずはつつみ保育園での様子です。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

芸術村あすなろ応援隊のブログ

こちらは動物園にいこう!と言うリトミックの様子です。
まー先生が「動物園へいこう!」と呼び掛けると、皆が「オーッ!」と返します!

芸術村あすなろ応援隊のブログ

みんなまー先生の一言一言に身体中で反応して、火がつき、そのつぎの皆で歌う歌は上を向いて歩こう、エネルギー爆発して身体中を揺らしながらの大合唱の写真です。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

会場には子供たちの他、たくさんのおじいちゃん、おばあちゃんもご来場いただき、一緒に知床旅情や北上夜曲を歌い、心通わせたそうです。

そして、震災前からコンサートを度々開いてきた、あすなろにとって思い出の地、「マスト」でのコンサート。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

芸術村あすなろ応援隊のブログ

芸術村あすなろ応援隊のブログ

一時は津波の被害で大変な状況となっていたマスト。

いまではすっかり綺麗に生まれ変わっていますが、震災に会われた方々のお気持ちは建物のように簡単には修復できません。

大勢の方が被害にあわれたマストで、先生方の温かい想いは、歌声や音色にのって、コンサートに足をとめられた皆様の心に届いたことと思います。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

そして翌日は、仮設住宅にお住まいの方々の施設「エールサポートセンター」にて、コンサートが開催されました。
特別ゲストのフラダンスとのコラボレーションも実現したそうです。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

芸術村あすなろ応援隊のブログ

芸術村あすなろ応援隊のブログ

一つ一つの動きに願いや想い、意味をもつフラダンス。先生方の大槌町への願いも、ダンスとともにご来場いただいた皆様へ届けられたようです。

コンサートは、第一部、歌やヴァイオリンの演奏、第二部は会場の皆様と一緒に歌う懐メロ、そして「上を向いてあるこう」や「花は咲く」を歌われたとのこと。

ほんの束の間でも、大槌町でご来場いただいた皆様の笑顔に出会うことができたコンサートになったそうです。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

震災のあと、時間が過ぎるごとに街の瓦礫は片付けられていきますが、きっと人々の想いは震災の日に留まっていらっしゃるように感じます。

想像もつかない体験、悲しみ、苦しみ、悔しさ、切なさ、色々な思いは、今も色あせることなく皆様の心に刻まれているのではないでしょうか。

芸術村あすなろの先生方の想いが、コンサートを通じて大槌町に響き渡り、束の間でも皆様の心を癒したに違いないと思います。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

最後に素敵な笑顔の写真、順子先生、米澤正子先生と、大槌町で大変な被害にあわれた正子先生のお母様、そして昌子おばさまです。

いつまでもお身体をお大事に、また岩手で笑顔で再会できますように!
いつも芸術村あすなろは大槌に想いを馳せています。

ボレロに続き、12月25日はクリスマスコンサートが開催されます。

芸術村あすなろ応援隊のブログ


場所/プラザホール by itscom(たまプラーザテラス ゲートプラザ北側2階)

時間/14:30開場 15:00開演

入場料/一般1500円 子ども(小学生)1000円 幼児800円

出演/あすなろジュニアオーケストラ/少年少女合唱団/あすなろ講師

第一部 クリスマスミュージック
「主よ、人の望みの喜びよ」「おめでとう!クリスマス」など

第二部 音楽とおはなし
ヘンゼルとグレーテル

今日も先生方はヘンゼルとグレーテルの稽古。
手作りの絵をつくり、色を塗り、それをスクリーンに映すための準備をしていました。
ドイツ語の歌詞に手書きで日本語を書き入れたオリジナルの楽譜。
とってもあすなろらしい、一生懸命心を込めて作り出す音楽劇です。

皆様、ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください!
クリスマスに心温まる音楽とおはなし、それにクリスマスの気持ちを声にのせて、会場みんなで一緒に歌を歌います。

家族と、友達と、先生と、それに音楽とすごすあすなろのクリスマスコンサートです!





こんばんは!
しばらく投稿が途絶えておりました。すみません。
でもあすなろはいつでも一生懸命を途絶えることはありません!

ボレロの最終練習が宮前平駅ちかくの小学校で開催されました。
澄んだ冷たい空気がキーンとほっぺを刺す、でもお日様はポカポカとした陽気の冬らしい日曜日。
お父さんお母さんと手をつないで、子供たちは元気に練習に参加します!

芸術村あすなろ応援隊のブログ


芸術村あすなろ応援隊のブログ


芸術村あすなろ応援隊のブログ


芸術村あすなろ応援隊のブログ


芸術村あすなろ応援隊のブログ


わたしにとって、ボレロは一年の締めくくりとして、欠かせない存在になりました。
いろんなことがあった一年。
背筋をピンとのばして身体から精一杯の声をだして、一年で一番心が熱い瞬間を迎えます。
そう、オーレ!オーレ!と声を重ねる度に、どんどん魂がジーンとしてきて、この一年を元気に過ごせたこと、来年もまた頑張ろうという決心をします。
精一杯を声にする。それが私のボレロです。

みなさんにとっては、ボレロはどんな存在なのでしょうか??
同じリズムが繰り返され、どんどん大きな渦になり、大星雲のように果てしない渦になり、最後には爆発して新しい宇宙が生まれる。
そんなあすなろのボレロが大好きです。

本番は次の土曜日!是非ご来場ください!一生懸命、精一杯の音を体感してください!

と き : 2012年12月15日(土)  
     3:30pm開場 4:00pm開演
入場料 : 無料
ところ : 川崎市教育文化会館
地図はこちらをクリック
こんばんは!明日、いよいよ虹のコンサートです!

みなさま、お誘い合わせの上、会場に足をお運びください!

今日の夜、事務所ではリハーサルが行われていました。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

芸術村あすなろ応援隊のブログ

先生方の手作りのコンサート。音も歌もスライドも大道具もみんな。

忙しい毎日の合間に稽古を重ね、先生達、いつも大奮闘です。

椅子や道具を一つ一つ車に積むのだって、結構大変です。

のんびりお茶をのむ時間もないくらい、先生方、いつも走りまわっているのです。

芸術村あすなろ応援隊のブログ

今日、雄先生がスライドをいろいろ加工して、工夫していました。

お風呂に入った後なのに、マー先生も駆けつけました。

順子先生、差し入れのプリンを持って来て下さいました。

まるで大きな家族のようです。

リハーサルや稽古をしている先生方をみていると、本当にあすなろって大きな樹木に集う家族のような感じがします。

明日の本番、がんばってください!!!!!!!!





こんにちは!
虹のコンサートのお知らせです!

7月1日日曜日、開場13:30 開演14:00
中野島駅から徒歩2分、中野島会館にて。

入場料前売り
大人1500円 子ども1000円 親子券2300円
当日
大人1800円 子ども1200円 ※当日は親子券はなし

子ども•親子券は2歳以上、小学生以下です。


今年は第1部に、子供のための音楽ものがたり、
「スイミー」
を上演します!

レオ•レオニ作、日本では谷川 俊太郎が訳をしている有名な絵本、スイミー。
あすなろの先生方によって、新しい息吹とワクワクが吹き込まれた上演となります!
絵はあすなろ美術教室の米澤修先生によるもの。
スイミーや仲間のお魚たち、海の生き物などの生き生きとした絵もお楽しみください!

第2部にはディズニーの歌や弦楽アンサンブルのハンガリー舞曲、少年少女合唱団の動揺メドレー、ジュニアオーケストラのアマリリス、そしてコーラスアンサンブルの演奏です。

第3部には会場の皆様と歌を歌います。そのひとつが「あなたはどこに」。
震災後にTwitterでつぶやかれた言葉を歌詞に、音楽をつけた歌です。
生きるということーーーへの想いを歌に込めて、会場が一つになって歌えたら素敵ですね。

歌詞を紹介します。

あなたはどこにいますか
あなたの心は 風に吹かれていますか
あなたの心は こわれていませんか
あなたの心は 行き場を失っていませんか
いのちをかけるということ
私たちの故郷(こきょう)に
いのちをかけるということ
あなたの命も、私の命も、
決して奪われるために
あるのではないという事

会場で皆様とお会いするのを楽しみにしています!
お誘い合わせの上、ぜひ心がたくさん動く一日をお過ごしください。