あと104日

テーマ:
昨日やったこと
旧司民法過去問答案構成3問
新司法試験平成20年民訴再現答案・出題の趣旨読み
憲法の急所第7問 起案・検討
新司法試験平成23年公法系択一40問解く
旧司法試験刑法過去問答案構成3問
合計 12時間くらいか。

最近ブログ更新が滞っているのは、朝晩の答案構成ゼミを始めたので更新する暇がないからです。
朝のゼミは7時半から、夜のゼミは12時に終わります。

あまり復習ができていませんが、旧司法試験の問題は難しいし、新司法試験とかぶっているテーマも多いので、最近とても充実しています。
復習はまとめて土曜日にやる感じかなー。

睡眠時間が減っていますが、昼寝などして、体調管理もしっかりやりたいです。
AD

あと111日

テーマ:
昨日やったこと
・新司法試験平成20年民法起案 2.0
・憲法の急所第6問 5.0
・民法過去問答案構成ゼミ 2.0
合計 9時間

○メモ
・民法94条2項類推のときは本人の外観作出の帰責性を慎重に検討する。

・平成18年第1問では問題を読み違えて、取消前と取消後を逆に書いてしまった!問題文は慎重によくよむ。

・平成3年第1問は難しい問題が盛り込まれまくりの深い問題。貞友民法をまた読もう。利得の押し付けは出るかも。

・急所第6問ももう一度しっかり読んだ方がいい。経済的自由権の書き方・アイディアをまとめておくべきかも。
とりあえず、適当にメモ。
・生計維持
・分業社会における個性の発揮の機会確保
・社会的相互関連性
・段階理論(本人の努力でみたしうる条件が主観的条件、本人の努力ではいかんともしがたい距離規制などが客観的条件。)
・実は営業の自由の規制を撤廃させる方向に現実の政治過程を動かすのは困難であり、民主政の過程で回復困難
・積極目的を明示していない立法は、適切な調査や議論によるものではないため、積極目的と認定して緩やかな基準を用いるということができない

新司民法では、無駄な前提論述をしてしまった。たまにやるから、端的に問いにだけ答えればよいことを強く意識しないと。
AD

あと112日

テーマ:
昨日やったこと
・新司法試験平成18年刑法復習 1.5
・新司法試験平成18年刑法起案 2.5
・民法過去問答案構成3問 2.0
・民法論証作成ゼミ 2.0
・民法過去問の復習 1.0
合計9時間

○メモ

・親権者の利益相反から権限濫用の流れをしっかり書けるようにしたい。
<論証>
93条ただし書類推。ただし、親権者の代理行為は、利益相反行為にあたらない限り広範な裁量が認められるから、子の利益を無視して自己又は第三者の利益を図ることのみを目的としてなされるなど、親権者に子を代理する権限を付与した法の趣旨に著しく反する都認められる特段の事情がない限り、代理権の濫用にはあたらない。

・問題の読み間違いをしない。建物だけかと思ったら敷地も本件不動産として対象となっていた。

・対抗関係(177条)は「第三者」に該当するかという書き方に統一する。

・刑法では、共謀共同正犯はしっかり論じて認定する。

・承継的共犯おとした。

・書く量のバランス・メリハリを答案構成段階で考える。

・三段論法をくずさず、淡々と書く。
AD

あと113日

テーマ:
昨日やったこと
・民法定義カード作成 6時間
・倒産法演習ノート第10問起案・検討・復習 4時間15分
・民法過去問答案構成2問 1時間半
合計 11時間15分

民法の旧司の答案構成ゼミを始めました。平日毎朝7時半から9時半までです。やっぱり人との約束がないと、粉雪舞うこの季節、朝起きられません。

権利能力なき社団の物権的請求の可否を論じる前提として、総有を落としてしまいました。気をつけなければ。

倒産法は、ゴルフクラブの判例の考慮要素をごっそり落としました。
<論証>
53条1項が破産管財人に解除権を認めている趣旨は、当事者双方の公平を図りつつ、破産手続の迅速な終結を図る点にある。
かかる趣旨から、契約を解除することによって、相手方に著しく不公平な状況が生じる場合には、破産管財人が解除権を行使することは権利の濫用(民法1条3項)として許されないと考える。
相手方に著しく不公平な状況が生じるかどうかは、
①解除によって契約当事者双方が原状回復としてすべきことになる給付内容が均衡しているか
②54条等により相手方の不利益がどの程度回復されるか
③破産者側の未履行債務が双務契約において本質的・中核的なものかそれとも付随的なものにすぎないか
等の事情を総合考慮すべきである。

ここはまだ出題されていないから、あてはめも含めてしっかりマスターしたいです。

あと114日

テーマ:
昨日やったこと

新司法試験平成22年行政法ゼミ 2.5時間
行政法答案作成&検討 3.5時間
民訴条文素読ゼミ 2時間
合計 8時間

行政法の答練が全然できませんでした。問題ない訴訟要件はあっさり論じて、裁量の逸脱濫用による違法は類型的な規範、基準をベースに具体的に事案を評価しないと。公法系は特に迷って書けなくて時間切れというパターンが多いです。
急所と事例研究やらないと。


何だかんだですぐブログを更新し損ねるのは、毎日が安定していない証拠ですね。コツコツ頑張ります。

あと118日

テーマ:
昨日やったこと
新司法試験平成22年行政法起案 2時間
憲法ゼミの答案添削 2時間
行政法定義カード 3時間
倒産法演習ノート第9問復習 30分
合計 7時間半

朝寝坊がとまりません。
夜早く寝るために今朝は徒歩で勉強場所に向かいました。毎日歩くようにします。

行政法の覚えることって意外に少ないみたいです。隙間時間に繰り返しつぶやいて覚えようと思います。

あと119日

テーマ:

昨日やったこと

新司平成23年行政法起案&採点実感読み 3時間半

憲法ゼミの答案添削 4時間

合計 7時間半


今週に入ってから朝のゼミをなくしたら、午前中は布団からでられず、一切勉強ができなくなっています。

事実上過去問書いただけで1日が終わるのはやばすぎる。


今日も午前中を棒に振っているので、午後は頑張ります!

あと120日

テーマ:

1か月半もブログをさぼってしまいました。


あけましておめでとうございます、なんて言うのもはばかられるくらい1月ももう折り返しです。


一応勉強は継続していましたし、tweetstudyでもちょくちょく記録していましたが、どうもエンジン全開になりきれず、中途半端な感じでした。


あと残りわずか4か月間を頑張りきれるかどうかで、自分の人生が決まることを肝に銘じて、全力前進しなければ!


必ずやらないとやばいこと


①論証

②百選

③過去問(論文、択一)


これらだけは3月末までには必ず終わらせます!


ゼミをうまく整理して、この3つを最優先にやらないと。



なお、勉強記録は、記憶の定着もかねて、前日にやったことを記録しようと思います。



昨日やったこと

・倒産法演習ノート第9問ゼミ 3時間半

・憲法ゼミの答案添削 5時間半

合計 9時間


倒産法の問題が全然解けません。毎回難しいです。

賃貸借の賃貸人破産については、過去問でも出たけど、賃料債権の譲渡と破産なんて考えたこともなく、難しかった。すでにあまり覚えていない…。

キーワードは、

賃貸物件の放棄の可否、法人の自由財産、破産管財人の二面性、相殺の破産と民再のちがい、賃料債務は条件付債務、敷金返還請求権の性質

あたりか。


憲法ゼミの答案の添削担当がまわってきており、たくさん採点しています。憲法は、採点が難しい。

長期に渡ってブログをサボってしまいました。

その間、答案を書いたりはしていたのですが、tweetstudyでもわかるとおり、勉強時間が少なく、論証作成、百選、択一を全然回せてません。やばすぎです。今年中にやれるだけやってみます。

今日は
事例で考える会社法第21回起案 1.5
民訴答練ゼミ 3.5
民法判例百選読み(非典型担保)1.5
合計6.5時間
でした。

明日は
条文読み 1.0
平成21年新司法試験商法起案 2.0
同出題の趣旨等まとめ、再現答案集読み 2.0
商法択一 1.0
合計6.0
の予定です。
11月18日(金)
倒産法演習ノート第3問解説読み 1.0
倒産法演習ノート第3問起案 3.0
事例から考える会社法第18回ゼミ 2.0
倒産法概説と条文ちょい読み 0.25
事例から考える会社法第18回添削 1.25
条文読み 1.5
合計9時間

いよいよ本番まで半年を切りました。
半年というと一見長いような気もしますが、今年の司法試験からすでに半年経っていることを考えると、あっという間ですね。

なんだかんだで一番やらないといけない民法が条文を読むだけで終わっているのでなんとかしないと…。
でも今日は刑法と行政法をやる予定です。来週は民法weekにします。

11月19日(土)の予定
刑法事例演習教材31起案&復習 2.5
行政法百選処分性・原告適格書き込み 1.0
行政法全体的に復習・サクハシ読み できるだけ