31日午前7時25分ごろ、兵庫県姫路市のJR山陽線英賀保-姫路間で、走行中の上郡発野洲行き新快速電車(12両編成)の運転士が、速度計の故障に気づいた。電車は姫路駅で運転を取りやめ、乗客約1200人が後続の電車に乗り換えた。

JR西日本によると、速度計の針が加速しても80キロで引っかかり、動かなかったという。

この故障で、上り6本が最大13分遅れ、通勤・通学客ら約8700人に影響した。

【関連記事】
JR防護無線を“ワープ”させた「スポラディックE層」って何?
電離層?列車無線10キロ先で誤受信、JR1万人影響
JR四国社長に泉氏 6月就任、松田社長は会長
新会長はJR九州の石原氏 九州観光推進機構
等身大ガンダム ただいま“建造”中 JR東静岡駅前
iPadが上陸

【こども】「手足口病」 近年で最多ペース(産経新聞)
<毎日・DAS学生デザイン賞>表彰式行われる(毎日新聞)
<普天間問題>「ジュゴン絶滅する」…自然保護団体が反対(毎日新聞)
映画「死者の書」 奈良・當麻寺 “執心”抱えつつ二上山へ(産経新聞)
HS財団、バンク事業を基盤研に一括移管へ―省内事業仕分け(医療介護CBニュース)
AD