大分市の高崎山自然動物園で、C群(696頭)のボスザル「ゾロ」(28歳)の在任期間が先月、11年4カ月を超え、これまで最長だったB群「ゴルゴ」(32歳)の11年3カ月を抜いて歴代1位となった。人間なら90歳ほどの高齢だが、温厚で仲間を思う気持ちは人一倍だ。

 サルの世界は群れの中での年功序列。ゾロは、群れ間の移動は当たり前の雄ザルには珍しく、C群を出たことがない。昨年11月にB群で序列2位に降格したゴルゴの記録を先月25日に抜いた。

 普段は毛づくろいなどをしてのんびり過ごしているが、いざという時は体を張って仲間を守る。約5年前、サルの天敵である犬が寄せ場にやってきた時は、皆が一斉に逃げ出す中、一匹で立ち向かって退散させた。

 ただ、恋愛には奥手で、6年間も“彼女”がいない。ゾロは、お気に入りの雌をじーっと見つめるだけで、今シーズンも恋の成就は“不発”に終わった。

 同園職員の江川順子さん(34)は「昔に比べ肉も落ちたが、一日も長く元気に過ごしてもらいたい」と話している。【高芝菜穂子】

【関連ニュース】
別大マラソン:キプコリルが優勝 井川4位 三津谷9位
話題:ボスザル「ゾロ」が、最長在任記録を更新/「人格者」でも、恋愛は奥手/大分

北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)
相次ぐ赤ちゃん事故 「カンガルーケア」実施に慎重さ求める動き(産経新聞)
<相模原市>全国19番目の政令市に 神奈川県で三つ目(毎日新聞)
<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
<短歌>寺山修司賞など決まる(毎日新聞)
AD