みなさま今日のポチッとに是非ご協力
お願い致します(人´∀`).☆.。.:*・゚
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ



動意付くのは引け間際のインデックスイベントぐらいか

25日の225先物は前日比20円安の16520円。動意薄の地合いが続き、225先物は16500円
レベルでのもみ合いとなった。一方、米国株式相場は下落。ダウ平均は33.07ドル安
の18448.41、ナスダックは5.49ポイント安の5212.20で取引を終了した。カンザスシ
ティやダラス連銀総裁が利上げに前向きな発言を行い、利上げ観測の拡大から寄り付
きは小幅下落となった。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、7月耐
久財受注が堅調となったことが好感される一方で、26日のイエレン議長の講演を前に
手控える向きも多く、終日前日終値を挟んで小動きとなった。

円建てCME先物は前日の225先物比15円安の16505円。為替市場では、ドル・円が100円
50銭台、ユーロ・円が113円40銭台(8時00分時点)。東京時間26日23時に予定されて
いるイエレン議長による講演を前に動意薄の展開が続きそうだ。本日が8月の権利付
き最終売買日ということから、関連銘柄には商いが入りそうだが、優待目的の投資資
金はある程度値動きが限られよう。引けではファミリーマート<8028>に225採用に絡
んだ買い需要が発生する。足元の上昇を見る限り買いインパクトは既に織り込まれて
いる可能性はあるが、引け間際の動きには要注意。一方、ファミマに買いが入る分、
他の日経平均採用銘柄には売り需要が発生するので、引け前後の指数の値動きは見て
おきたいところ。本日の上値メドは16600円、下値メドは16450円とする。

市場では、イエレン議長の講演がタカ派寄りの内容になると想定している一部の投資
家はドル売りを手控えているもようだ。25日のNY外為市場では、経済指標の改善や米
長期金利の上昇を意識してドルは底堅い動きを見せていた。イエレンFRB議長の講演
がハト派寄りの内容だった場合、ドル売りが強まるとの見方が多いが、年内利上げの
可能性が消滅するような見解が表明されなければ、金利先高観は後退せず、ドルは強
い動きを見せるものとみられる。原油や米国株の反応は無視できないが、小幅安にと
どまった場合、ドル買いが最後まで優勢となる相場展開もあり得る。

ボリバン-1σ、基準線接近では押し目拾いを意識

25日のNY市場は下落。カンザスシティやダラス連銀総裁が利上げに前向きな発言を
行い、利上げ観測の拡大から小幅に下落してはじまった。その後、週間新規失業保険
申請件数が予想より減少したほか、7月耐久財受注が堅調となったことが好感される
局面もみられた。しかし、明日のイエレン議長の講演を前に手控える向きも多く、前
日終値を挟んで小動きとなった。ダウ平均は33.07ドル安の18448.41、ナスダックは
5.49ポイント安の5212.20。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円安の16505円。

シカゴ先物にさや寄せする格好から売りが先行しよう。5日、25日線を挟んでのこ
う着が続いているが、同線からやや下振れをみせてくる可能性が高そうだ。とはい
え、ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と-1σとのレンジ内程度であり、もち合
いレンジの範囲ないであろう。一目均衡表では基準線、転換線とのレンジでの推移が
継続。ボリバン-1σ、基準線接近では押し目拾いを意識。16400-16600円のレンジを
想定。

[予想レンジ]

上限 16600円-下限 16400円

<国内>
08:30 消費者物価コア指数(7月) -0.4% -0.4%
14:00 基調的なインフレ率を捕捉するための指標(日本銀行)

<海外>
17:00 欧・ユーロ圏マネーサプライ(7月) 5.0% 5.0%
17:30 英・GDP改定値(4-6月) 2.2% 2.2%
21:30 米・GDP改定値(4-6月) 1.1% 1.2%




引用元:【New】8月26日の相場見通し
AD