財務省が8日発表した1月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す経常収支は8998億円の黒字となった。黒字幅が前年水準を上回るのは6カ月連続。前年同月はリーマン・ショックの影響により大幅な貿易赤字で、13年ぶりの赤字(1327億円)となっていた。 

【関連ニュース】
1月貿易黒字、852億円=輸入が15カ月ぶりプラス
経常黒字、2年連続縮小=所得収支不振で18.9%減-09年
米、金融規制で協調呼び掛けへ=6日にG7開幕
対中輸出、初めて対米抜く=貿易黒字2年ぶりプラス-09年貿易統計
11月の経常黒字、77%増=貿易収支の好転が寄与

普天間、絞り込みに着手=社民・国民新、8日に移設案提示(時事通信)
<掘り出しニュース>スリッパ卓球、100人がラリー(毎日新聞)
職員への給与支払い命じる=阿久根市の懲戒免職問題-鹿児島地裁(時事通信)
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
群馬・伊勢崎で民家火災、家族4人が不明(読売新聞)
AD