『サムライスピリッツ』(SAMURAI SPIRITS、侍魂、サムスピとも略される事もある)は、1993年にSNK(現・SNKプレイモア)が制作した江戸時代の天明~寛政期(『サムライスピリッツ新章 ~剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃~』のみ文化期)を舞台とした対戦型格闘ゲーム、およびそのシリーズの総称である。素手を中心とした従来の格闘ゲームと異なり、武器(主として刀)を用いて戦う点が注目された。概要特筆すべきは「強斬り」の攻撃力の高さで通常時でも単発で3割ほどの体力を奪っていくほどである。さらにダメージを蓄積されると「怒り状態」となり攻撃力はさらに上昇する。但し一発が重過ぎるためか『ストリートファイター』シリーズのような一気に体力ゲージの半分以上を奪うような連続技はほとんど無い。よってこのゲームでは強斬りを受けずにこちらの攻撃を当てていくかという駆け引きが要求される、まさに一撃がとても重いゲーム性になっている。また、真剣勝負による「負け=死」という演出(決着後、遺体を黒子が運ぶなど)でのシビアさが緊張感を作り出している。近年は必ずしも「負け=死」ではなく、『天下一剣客伝』などは勝負後に会話のやり取りがあるなど、マイルドな表現になっていることもある。この優れたゲーム性と魅力的なキャラクター、特異な世界観が人気を呼んだ(ただ、毎作品ごとに時代設定が異なっているため、シリーズ内の歴史の見方が少々ややこしくなっている)。SNK黄金時代を築くのに一役買ったゲームともいえ、続編も数多く作られた。日本国外では『SAMURAI SHODOWN』という名前で親しまれている。1994年9月には、『サムライスピリッツ ~破天降魔の章~』というタイトルでフジテレビ系によりテレビスペシャルアニメとして放送された。その他、外伝としてナコルルを主人公として描いた『サムライスピリッツ2』のアニメ版『SAMURAI SPIRITS 2 アスラ斬魔伝』や、ナコルルがヒロインのアドベンチャーゲーム『ナコルル ~あのひとからのおくりもの~』とそれをOVA化した『ナコルル ~あのひとからのおくりもの~ 郷里之畏友編』(前後編予定であったが前編のみしか出ていない)がある。業務用作品SAMURAI SPIRITS1993年に制作された『サムライスピリッツ』シリーズの1作目。通称は『初代』など。スーパーファミコン(SF

11年かけ自転車で地球2周 植村直己冒険賞に中西さん(産経新聞)
狛江駅前排気塔に巨大絵手紙 東京(産経新聞)
ハイチの自衛隊緊急医療援助隊が13日で撤収(産経新聞)
恐喝容疑で再逮捕=女性と子供連れ回しで逮捕の男-広島県警(時事通信)
「時効廃止」案取りまとめ 法制審部会、月内にも総会で議論(産経新聞)
AD