最近お気に入りのチャートセット

テーマ:

みなさん、こんにちは!
今日は私の最近お気に入りのトレードスタイルをご紹介します。
これがなかなか有効なので、初心者のみなさんの参考になればと思います。まずは下のイメージをクリックしてみてください。

FX南緒トレード実践塾

『メタ・トレーダー4』 『FXプライム の口座』 『FXTS(FXブロードネット) の口座』 をお持ちの方は今すぐ使えますよ。※ 各テキストはリンクになってますのでご活用下さい。

● まず、チャート見るのに『メタ・トレーダー4』は欠かせませんね。もし、まだ『チャート・トレーダー』しか使っていない方がいらっしゃいましたら、ぜひ手に入れて下さい。121証券 『メタ・トレーダー』なら日本時間表示なので尚のこと便利ですよ。

● FXプライム の口座』
経済指標発表時のビッグウェーブにとても役立ちます。画像右下の『プライス固定』というのをご覧下さい。なんと5秒間エントリーを待ってくれる機能をもっているのです!動き出す直前にボタンを押して待ち、その直後にグーンとプライスが動いても、ボタンを押した時点の価格で約定できるなんて、下手クソトレーダーの私には欠かせないメリットです。

● FXTS(FXブロードネット) の口座』はスプレッドの狭さが随一なので、開設している方も多いことでしょう。ただし、私は『FXブロードネット』 の発注システムは使いにくいと思います。パーツがバラバラ7つも並ぶので。ですが、画像のように『BOXレート表示』だけを選んで表示できる点は逆にメリットだと思います。他のシステムの邪魔をしませんので。

さて、使い方を説明しましょう。
1.まず、画面いっぱいに『メタ・トレーダー』を開きますね。その上に、『プライムFX』『FXブロードネット』 の順でそれぞれの新規注文画面を載せます。なるべく、『メタ・トレーダー』のインディケーターを確認する邪魔にならない位置に置いてくださいね。FXプライムの画面は『ティックチャート』部分しか使いませんので、私は右下端に置いています。その『ティックチャート』のすぐ横に『FXブロードネット』 『クォート表』を重ねます。これで準備は整いました。

2.『メタ・トレーダー』を詳細に確認しながらエントリーチャンスを待ちましょう。今、PCのモニター上には3つのレートが表示されていますね。それらの動きを詳細に見てみてください。
もっとも細かく変動しているのはFXプライム『ティックチャート』ですね?なぜなら、インターバンク直結のシステムなので正確に表示できるのです。
では『メタ・トレーダー』『FXブロードネット』 『クォート表』はいかがですか?おおまかには同じでも、細かい動きは省略されていますね?これが相対取引の怖い所以です。万が一、全く違う動きをしてもFX会社に過失はないということになってますから。
それでは、この3つのレートの変動を見ながら、インディケーター類がGOサインを出したらエントリーのタイミングを測りますよ。

3.当然、『メタ・トレーダー』エントリーシグナルがメインです。タイミングが来そうになったら、『クォート表』の点滅を視野に入れながら、『ティックチャート』の動きを確認しましょう。エントリー方向へトントントンと進んだらエントリーです!これで高確率で流れに上手く乗ることができます。それでも、上手く行かない場合も考慮して、くれぐれも気は抜かないようにしてくださいね。トレードは全て自己責任ですからね(o^-')b

お分かり頂けましたか?もし興味があっても、よく分からなかった方がいらっしゃいましたらご連絡して下さい。分かる範囲でお答えしますので。

※画像のクォート表のレートが狂ってますが、色の乗ってない時にキャプチャーしてしまっていたので後乗せしてあります

AD

コメント(2)