一昨日のオープンのユーロ円相場は114.866円で、ややショート優勢の相場となりました。
日足のローソクチャートから考えると、はっきりとした下落傾向が長く続いてから、先の陰線を陽線が覆う陽線つつみ足で、過去1時間の中に酒田五法の三山のひげがあります。
再び終値が陽転したことで抵抗線を割り込むかどうか注目されます。
ひきつづき、短期移動平均線を抵抗線に天井圏で移動していますが、新値足がゴールデンクロスしたことで、中期BOX相場の下値が視野に入ってきます。
先週の経験から判断すると、売買するべきかどうか考えてしまいます。
ボリンジャーバンドは2σ圏辺りで移動して、長期移動平均線がレジスタンスラインとして働いたので、短期的に底堅い状況を確認できました。
こういうチャートは勢いで売買をしてみようと。
強引にナンピンを意識して、損害になるようなポジションにはならないように注意したいと思います。

AD

昨夜の取引のオープンはユーロが一時114.564円まで下落し、若干売り時だったのではないかと思いました。
30分足のローソクチャートでは、緩やかな上げ気味が長く続いてから、前の終値近辺まで下落した出会い線で、過去3時間の中に酒田五法で言うところの三法のようなひげが見えます。
下値は一目均衡表の薄いクモや長期移動平均が天井として動きました。
再び新値足がゴールデンクロスしたことでレジスタンスを維持するか注目されます。
SMAから考慮してみると明らかな上昇トレンド状態です。
長期移動平均線より10日平均線が下部で推移しており、どちらの平均線ともにはっきりとした下降傾向です。
昨日までの経緯から思うと、とりあえず強気でエントリーをしていこうと思いました。
ストキャスティクスから考えると、50%より下の価格帯で%KがSDを上回るところで、陰転がもうすぐきそうです。
とりあえず強気でエントリーをしていこうと思いました。
この先以降の為替チャートの値動きは注目です。

AD

前回の取引のエントリーは米ドル円が一時82.845円まで上昇し、少し売り優勢の展開となりました。
ローソク足が陰転したことでサポートを越えるか注意しています。
上限は一目均衡表の転換線や50日移動平均がサポートとして移動しています。
移動平均線では明らかな下げ状態にあります。
10日移動平均線が30日平均より下部で維持していて、10日移動平均線は下降トレンドで、30日平均は緩やかな上昇トレンドです。
昨日までの成績から判断すると、あれこれ考えず取引をしてみようと。
ストキャスティクスでは、売られ過ぎ圏は推移し、天井を試す機会が予測できるでしょう。
あれこれ考えず取引をしてみようと。
今後以降の為替レートの推移は用心が必要です。

AD