犯罪被害者や遺族に国が支給する犯罪被害者給付制度で、2009年度は538人に12億7700万円が給付裁定されたことが22日、警察庁のまとめでわかった。
 制度は08年7月に改正され、被害者が家計を支えるなどしていた場合の遺族給付が最大2倍に引き上げられた。しかし、09年度の遺族給付には制度改正前の被害者への裁定も含まれ、改正後の給付額とは大幅に開きが出た。
 09年度の遺族給付裁定は205件で、制度改正前の遺族への給付額が平均378.9万円(123件)だったのに対し、改正後は平均634万円(82件)。最高裁定額は1902万円だった。 

ホームセンター会社に勧告=1000万円不当減額-公取委(時事通信)
<ハウステンボス>リニューアルオープンへ 集客増目指す(毎日新聞)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
「アホんだら!」コンビニ強盗、競馬でスって自首(産経新聞)
信号無視、パト追跡後に衝突…双方の4人死傷(読売新聞)
AD