鉄道など交通機関での忘れ物を集めた恒例の「全国お忘れ物リサイクル品大処分市」が24日、大阪市北区の阪神百貨店で始まった。30日まで。

 傘約5万5千本など計約15万5千点を販売。中には115万円の鼈甲(べっこう)製の眼鏡や完成したジグソーパズル、弓道の弓などの珍しい忘れ物もあった。

 傘を10本購入した兵庫県伊丹市の自営業、弓谷稔さん(56)は「飲んだらよく忘れるので、多めに買いました」と満足そうに話していた。

【関連記事】
都心OLを取り込め…銀座三越が今秋にも大リニューアル
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト
お値段10万5千円!40年もの球磨焼酎が限定発売
大丸“ライバル”とタッグ 生中継テレビ通販開始
阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う

外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ-厚労省(時事通信)
【新・関西笑談】「経済」を語ろう。(2)俳優 國村隼さん(産経新聞)
線路にアンテナ投げ込まれる…山手線事故(読売新聞)
<みんなの党>「参院選出馬20人以上に」渡辺代表(毎日新聞)
阪神百貨店で「全国お忘れ物リサイクル品大処分市」(産経新聞)
AD