愛知県豊橋市は6日、職員を対象に電動アシスト自転車の貸し出しを始めた。これまでは車を使っていた片道5~10キロ程度の公務出張に利用してもらい、二酸化炭素(CO2)の排出削減につなげる試みだ。

 軽の公用車1台の更新を取りやめ、予算80万円で10台購入した。イベントや各種会合出席などの利用を想定し、年間で「軽自動車1台分」(市財産管理課)にあたる928キロのCO2を削減できるとはじく。

 3時間の充電で最長30キロ走行できる。貸し出しは公務限定だが、初めて乗った職員は、空を眺めながら「ペダルが軽くて楽々。これなら遠くまで行けそう……」。【沢田均】

【関連ニュース】
雑記帳:周遊自転車で消費拡大 北海道・千歳
台湾:電動バイク、4年で16万台普及計画
働くナビ:政府も後押しする「エコ通勤」とは。
エコナビ2009:リチウム電池の開発競争激化 高性能、小型化へ(3/3ページ)
松江チャリンコ城下町めぐり:ツアーモニターを募集 /島根

<堺男児虐待死>逮捕の元内縁の夫 腹部を狙った暴行(毎日新聞)
「酸っぱい」カツ重…売れ残りトンカツ肉転用(読売新聞)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
死体遺棄容疑で元夫を逮捕 静岡・御殿場(産経新聞)
洋ラン 北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)
AD