総務相が北朝鮮による拉致問題を重点的に扱うようNHKに要請するのは表現の自由を定めた憲法に違反するなどとして、市民18人が国を相手に事前差し止めを求めた訴訟で、大阪地裁の山田明裁判長は26日、「原告適格がない」として請求を却下した。
 原告側は「知る権利が侵害される」などと主張したが、山田裁判長は「放送法の規定に知る権利を個別的利益として保護する趣旨はない」と指摘。原告は法律上の利益を侵害されず、訴えの資格がないと判断した。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、「余命は3年」~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
郵政改革、全閣僚で議論=鳩山首相指示
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化

<キレる児童>指導法を記述 文科省解説書案(毎日新聞)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
<死体遺棄容疑>自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」(毎日新聞)
<高校無償化法>成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
全国78紙が同一広告掲載=新聞の媒体力をアピール(時事通信)
AD