よろこぶと読む漢字には、悦び、喜び、慶び、歓び、いくつかある。

内発的=「歓び」「慶び」「悦び」
外発的=「喜び」

感情的=「喜び」「歓び」「悦び」
理性的=「慶び」

前提無し=「悦び」
前提あり=「喜び」「歓び」「慶び」

よろこび

■喜び
最も一般的な「喜ぶ」という字の語源は、太鼓を打って、歌い踊ることで神の機嫌を良くさせることだそうだ。他者から何らかの物や行為を与えられてよろこぶという外発的な感情を表している。要するに「喜ぶ」には、何かを「頂いた」という前提が必要なのである。

■歓び
「歓」は、古代中国の鳥占いが関係しており、願いが叶った時の感情を表している。つまり「歓」を使うときは、前提として願望がまず無いとならないという事になる。「歓び」とは、願いが叶ってうれしいと言う意味なのだ。

■慶び
「慶」は、お祝いの品を持って行くときの明朗な感情を表している。古代中国では鹿の角をお祝いの品にしたらしいが、それを届けようと歩いている時の心が「慶び」なのだそうだ。つまり、この字を使うのはお祝いに限られる。

■悦び
「悦」の語源的な意味は、神がかりして恍惚とすることだそうだ。「悦に入る」という言葉があるが「悦」は心の中におけるよろこびの感情である。従って「悦び」は、何の前提も無く、自分の中から湧き上がるよろこびを表現するときに使う。子どもの時の理由なく楽しい感覚を思い出せば分かり易い。



AD

コメント(2)