藤川いちるの缶詰

小説書いてます。よかったらみていってくださいね(´・ω・`)

http://ameblo.jp/fuzikawaitiru/entry-11590442504.html
第一話から次へと出てるところをクリックすると先に勧めます。

見難くすみません。


テーマ:

――目黒奈津美自宅にて








偶然、少年課にて、事件を起こしてしまった子の、昔の写真を見ていた時だった。

彼を見つけたのは・・

さまざまに映る写真・・・、私には特殊な能力のようなものがあり、頭の上に死に近い人にだけあらわれるアスタリスク状

のキラキラのものが見えていた。キラキラ光ってきれいなどと言える代物ではない。

その物体が大きくなるにつれてだんだん死に向かっているのだ。そして眠るようにしんでしまう。大概が死因が心筋梗塞。でもわたしにはわかる。



アスタリスクがはじけた時が

その人の最後なのだと。




童顔でしかもかわいい物がすきであるがため、小学生にも見える。髪はロングでお姫様カットがはいっている。パジャマはうさぎのピンクを羽織っている。目黒奈津美は写真を見ながらこうつぶやいた。

「はやく合わなくちゃ・・この男の子」

写真の中に映る彼の頭にはアスタリスク上のものではなく天使の輪っかのようなものが輝いていた。

 






次へ




小説ランキング に一票お願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

藤川いちるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。